宮田バスターズ(株)の作品情報・感想・評価

宮田バスターズ(株)2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:19分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「宮田バスターズ(株)」に投稿された感想・評価

作ってる人たちの愛がすごい。
宗教違うから仲良くなりたくはない。
第11回下北沢映画祭にて。

なんの情報も入れていなかったけど、何となくゴキブリかネズミの駆除会社なのかと思ったら全然違っていてまさかの宇宙生物だった笑

バスターズ(株)の皆さんとはカナザワ映画祭でお会いした。(そのとき映画は観れなかったのだが)東京から金沢へ皆さんで来られていることに驚いた。今日も皆さんお揃いで登壇されていて、熱量のあるチームって素敵だなぁと思った。

脚本はよくない。


けど楽しく映画を作っている雰囲気が伝わる。


羨ましい。


次作楽しみにしてます。
【地球に飛来する宇宙生物を駆除する会社"宮田バスターズ(株)"の活躍を描いた短編映画】

冒頭、宇宙生物から光線が出た時にビックリしました(^^)

1つ1つのシーンが終盤に繋がるのが気持ちいい!!
こだわって創っているのだなと感じました!!
車で突っ込んで2回目の「普通の鍵にしましょう」がお気に入り(^^)

今作以上に、1シーンにこだわりを込めた長編化に期待したいです!!!
凄く期待していた作品なのだが
正直、前作の『fightingcameraman』ほどの衝撃は無かった
すみません少し厳しめの感想になります

もし評判や長編化の企画を知らずに観ていたら
多少違う感想だったかもしれないし
自分の中でもハードルを上げないように注意してたが
”学生映画”の枠の中を超えられてないと思う

月イチ映画祭で『春』や『マカリス』を差し置いてまで
グランプリを取った、勢いは何だったのか
僕は、この回の月イチを欠席したので会場の空気を知りませんが
・・・まぁでも熱量はあるんだと思います
何か今までに無い何かを見せてくれるような期待感は残りました

クラウドファンディングページを観ると
監督さんも、この作品の弱点を解ってるようだし
長編版が続編でなく”やり直し”なのにも納得出来ました
クラウド資金は全部造形に使うという事ですが
もし大幅に達成したら・・いや多分大幅に達成すると思いますが
勝手な事を言って申し訳ないですが
熟練の撮影監督を雇っていただきたいと思います
本当に勝手な事を言って申し訳ないです

造形に関してはやはりすごいです
電柱や車を”造ろう”なんて発想は普通は無いですよ
この方向性は変えてほしくないし応援していきます

クラウド、今金欠で、まだ参加出来てませんが
来月になったら是非参加させていただきます

色々書いてしまいましたが
ジャンルとしては大好物な作品なので
長編版、本当に楽しみにしています
宇宙生物を駆除するのだが、科学的進化と時流により、駆除することが大変でなくなることで、顧客との駆除に対するニュアンスやニーズの差が、様々な不満や欠乏を生み、駆除する側の悲哀を描く設定に感心する。マーベルのヒーローと真逆的な情念の葛藤が面白い。根底にB級テイストを漂い続ける狙いが良く、一種の日本らしさをコミカルに随所に描くことで、ニヤニヤが止まらない。

狭いシチュエーションで情念が渦巻き、低予算ながら吟味に構成されたアクションで、バトルと情念を組み合わせたことに感心する。武器の伏線も上手く、背負った旧式武器のタンクから液体が漏れることを防ぐ、ステッカーのアイテムも効果的に。

作品全体が狭くなり過ぎない、外→内→外のシチュエーション構成も良く、熱量高いアクションから情念が解放された、何気ない幕引きも好感。
KENTA

KENTAの感想・評価

4.8
宇宙人のリアルさがとにかく凄くて、尻尾のプルプル感に寒気を覚えました😂

やっと見れて、とても嬉しくて、一つ一つにかける細かいディディールがたまんなくて、思いっきりぶち壊して、爽快でスリリングで最高でした😁

長編版も楽しみです😙
フィルマのお友達、スプリングスさんが俳優・制作・美術応援に関わった短編映画。

彼から聞こえてきていた近況報告。

映画制作に関わる事になって。
役をもらえる事になって。
映画祭に出品される事になって。
東京月イチ映画祭ではグランプリを受賞して。

!?

今度は長編化を目指してクラウドファンディングを始めたとの事。

!!!!

1人の夢が、膨らんで。
それが誰かの夢にもなって、更に膨らんで。
もっと多くの皆んなの夢にもなって、どんどん膨らんでいく。

その夢にほんのちょこっと乗っからせてもらって、本編を鑑賞。

宇宙生物が飛来する様になった近未来。
安心・安全・スピード駆除をモットーとする宮田バスターズ株式会社社員一同の活躍を描く。

面白い!!
短い中にも、キャラは立っているし、なんならもっと深掘りして見せて欲しいという魅力がある。

宮田バスターズ(株)のオフィスも車も(!?)手作りだって。

凄いなぁ。

「皆んなで力を合わせて作りました、そしてそれはめっちゃ楽しい!」という映画制作の原点を見た。

これは、尺を伸ばして、キャラを深掘りして、宇宙生物の造形にも磨きがかかって、もっと進化した「宮田バスターズ(株)」に期待が高まる!!

*長編化に向けたクラウドファンディングにご興味のある方は、スプリングスさんのレビューをご参照下さい。
観ました〜〜!!!

凄い。素直にそう思いました。
フィルマに載ってる映画に知り合いが出てる!(鼻血モノ)
自主制作と思えない自然なカメラワーク、ため息。
車のヘッドライトに照らされるステッカーのあの感じ、好き。
ピリッと効いたセリフ、良い。
詳しく語らないのに、このショートさでそれぞれの思いが伝わる展開も上手い。
定番の車突っ込み、いいですよね。ロストボーイ思い出しちゃった。
小道具にも手を抜いてません。
でもって宇宙生命体のなんとも言えない感じがかわいいです。

長編。楽しみにしておりますね(^ ^)





★以下、見る前のレビュー(変な日本語)


見ていないのでスコアは期待値で^ ^

クラウドファウンディング、ポチッとさせてもらいました。

映画を観ていると(特に映画を作るシーンのある作品を観ていると)、製作に憧れます。
でも、憧れで終わるのが大半だと思う。

夢に向かって一本踏み出し、それを助走に走り出す様子を脳裏に浮かべながら、いつか短編、長編合わせて鑑賞できる日を楽しみに待っています♬
『宮田バスターズ(株)』

【Introduction_1 〜共闘〜 】
命を懸けて挑んだ結果
なにかを失うくらいなら───
最初から命なんて
投げ出す必要ない
男はひとり熟考した
安全に越したことはない
安心に越したことはない
「心に余裕を」と
それを第一に考えてきた
しかし余裕は
心に同時に隙を生む
油断しきった『安心・安全』は
いとも容易く足をすくわれる
そんな時に出来ることは...
《命を、懸けること》
失うのが怖いなら
失ってしまわないように挑み続けるしかない
───今度は背中を預けて

【Introduction_2 〜新旧〜 】
《新しいものvs古いもの》
の構図はよく見るが
結局は心構え次第なのだと
この物語は教えてくれる
『新』だろうが
『旧』だろうが
扱うのは人なのだ
《慢心より決死》
死に物狂いで戦えば
どんなガラクタだって武器になれる

【Cast and Crew】
[監督・撮影・脚本・照明・編集・特殊造形]
坂田敦哉
[美術・セット設計・デザイン画]
畑村龍哉
[美術・企画・VFX・号令!]
島原大知
[録音・音楽・VFX・モニターデザイン]
藤田雅奈
[車輌・照明・助監督]
奥井琢登
[制作・照明]
小澤将衡
[制作・録音]
吉原七海
[メイク・スチール]
タカデアズサ
[制作・美術応援]
栗原駿

[出演]
渡部直也
大須みづほ
栗原駿
佐田淳
ユミコテラダンス
職業怪人カメレオール
水野祐樹
島原大知
小澤将衡

【Plot Summary】
地球に頻繁に飛来する宇宙生物。
それらを駆除する仕事を請け負う会社『宮田バスターズ(株)』の面々は、しかしその仕事のやり甲斐の無さ・単純さに辟易としていた。
飛来当初のヒーロー的活動に憧れた主人公は、今現在の作業化された仕事との差に落胆し、仕事を続けるべきか苦悩する。
そんな中、会社を脅かす大事件が発生して───。

【Review】
どうも、スプリングス(栗原駿)です。
自分の関わっている作品がFilmarksに載るというのはひとつの憧れでしたが、いや、実際載ってみると想像以上に嬉しいっすね。
『宮田バスターズ(株)』(...元々の脚本だと『株式会社ミヤテック』だった)は僕の高校の頃の友達らがメインスタッフとして撮影したSF短編映画です。最初は僕もスタッフとしてのみの参戦を予定してたのですが、色々あって重要な役割のキャラクターを演じることに。(プロの演者さん方に囲まれて肝が冷える思いでした、笑)

撮影期間中はずっと楽しかったです!
今までに無いくらいしんどかったけど、それを超えるくらい楽しかったです。
演じる以外の時間は、自分の出来る事なら何でもしました。美術の手伝いやったりスモーク撒いたりして、色々と新しい経験が出来てほんま良かったです。

今作はキャスト陣がアクションで体を張っている場面が多数あるのですが、なかでも主演の大須さんがすごい。宇宙生物に飛ばされて机を壊しながら倒れるというシーンを本人が演じています。助演の佐田さんも体張りまくりでした。壁は突き破るしあの車にも乗るしで、本当にすごい。てか、全員すごい。あの寒い時期に控え室以外暖房の無い倉庫で何日も撮影に協力してくださったのだから。渡部さんに至ってはそこにプラス 雨に降られての撮影もあるからね。氷点下でようやったわほんま。有り難い限りです。

今後、映画祭で観る機会があれば是非ぜひ観て欲しいです!
上映スケジュールの詳細は公式ツイッターにて随時お知らせしますので要チェック!!!!
https://twitter.com/MIYATA5050

宮田バスターズを、どうか宜しくお願い致します!!!!!!





【Digression】
次の撮影がすぐに始まる。
僕たちは次の映画を作るだろう。
その映画はどんなものなのか。
今の僕にはまだわからない。
でも、一つだけわかる。

その映画はきっと、とても面白いのだ。

(※小説『2』より引用)



ということで『宮田バスターズ(株)』が長編化に向けてスタートしています!!
短編版での反省を活かし、一から再構築します!!!
(続編やリメイク...というよりはリブート版という認識)

長編版を創るにあたって、現在クラウドファンディング中です!(※11月5日迄)
集まった費用は、主に劇中で使用される造形物の製作費用として大切に使わせていただきます。
短編版『宮田バスターズ(株)』では、大道具や小道具、オフィスセット全体を一から自分たちで製作しております。(車ですら手作り)
長編版『宮田バスターズ(株)』をより良い作品にする為にも、皆様のご協力が必要です。
どうか、よろしくお願いします!!
https://camp-fire.jp/projects/view/183324
>|