MIRRORLIAR FILMS plusの作品情報・感想・評価

『MIRRORLIAR FILMS plus』に投稿された感想・評価

Sekimi

Sekimiの感想・評価

3.0
「灯火」のみ鑑賞。
三島市で撮ったということで、何となくあそこかなーと思いながら観ました。
eriiko

eriikoの感想・評価

-
ナイトジョガーズまぁまぁ面白かった。

AREAも鑑賞。

ハレの夜、ダメっしょ。
はす

はすの感想・評価

-
AREA。

フレームと音にセンスを感じる。まあもう一声。とりあえず河合優実はとてもいい。
オムニバス形式のこの作品。スコア反映を防ぐためにこの書き方をしています。

『AREA』★1.5
ブリリアショートショートシアターが限定公開した3本のうちの1つ。主演に河合優実、衣装に見上愛が名を連ねたってことで鑑賞。

たぶん、東日本大震災から10年ってことと自殺願望のある若者を描きたかったのだろうが、言葉足らずで安直だったかな。割とシンプルに転じていて、捻りもなく落ちていく感じ。抽象的なイメージを抽象的なまま作品に投影しているので、フックにかからず仕舞いだった。

割と卒業制作にしては画質も高く、ここに名を連ねるくらいだから凄いことではある。だが、ちょっと難があるかな。河合優実は相変わらず声も良くて、序盤は好きだった。
Yuna

Yunaの感想・評価

3.5
ハレの夜、びっくりするぐらい直也が最悪だった 化石かと思った
10短編のうち、3短編鑑賞。
オンライン無料視聴サイトのブリリア・ショートショートシアターにて。

伊藤祐輝監督「ハレの夜」1.6点
マンション契約の際に、元カノから電話がくる話。

関翼監督「AREA」1.1点
インターネットで知り合った少年少女が心中を図る話。

田村悠監督「ナイトジョガーズ」1.4点
男がジョギング中に聞いていたラジオで、ラブレターを渡そうと思っている人がジョギングをする男性だと紹介される話。

平均1.36点


これがプロジェクトに選ばれた作品?ってくらい、オリジナリティがない。
そもそも映画を作ろうと、真剣に考えていたことはそれくらいしかなかったのか?
コロナ渦において、何の疑問も湧かないのか?
世の中が目まぐるしく変動しているのに、社会に背を向けている。
時事を取り上げるか、否かということではなく、作り手の思慮の浅さが、作品から透けて見えるのが残念でならない。
どれも自己承認欲求の塊のような内容。
インスタじゃあるまいし…。
画質やカメラワークよりも脚本の質の問題。
こだわり部分を間違えている。
これじゃ、ミニシアターは救われない。
ミニシアターが、学生の発表会を甘んじて受け入れる場にされたら、潰れてしまう。
seckey

seckeyの感想・評価

-
「ナイトジョガーズ」
ずっと素敵な東京が流れている。余白のあるカメラワークがおしゃれ。登場人物たちの感情も表現されているようで音楽によく合う。
.
そうだよね、やっぱり東京ってすごく素敵な街だよね。



「AREA」
河合優実ちゃん可愛い。



「ハレの夜」
あやうく地球上の全男を嫌いになるところだった。
カーズ

カーズの感想・評価

3.8
10月27日(水)鑑賞

十本の短編が集まった作品。

自分は、4と6 ハレの夜 灯火がすきだったかなぁ。

最後の光は考えさせられてしまいました。
あき

あきの感想・評価

3.5
なぜ昴はアイスを残したのか、私なりに色々と考察していましたが…ただ食が進まない様子を撮りたかったんですね、素晴らしいです。

直也はダサすぎて気持ち良い。笑
peamomo

peamomoの感想・評価

-
短編でいろんな世界を観れるのが楽しかった。

同じ「変化」というテーマで全く違う作品がうまれることが面白くて、それぞれの作品の色や空気や匂いなどがあって惹き込まれた。

笑いのリズム、感動した。
>|

あなたにおすすめの記事