無限の住人の作品情報・感想・評価

無限の住人2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:141分

3.1

あらすじ

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を…

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

「無限の住人」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

2.9
2017.12.13 DVDで鑑賞。
現在イギリスでも限定ですが公開中です。

キムタクの映画を初めて見ました。「ハウルの動く城」は見てますがあれはアニメなので別として。ちなみに彼のTVドラマさえほとんど見たことがありません。

なので演技するキムタクを初めて見たわけですが噂に聞いていた以上にキムタクがキムタクのままでした。「ちょー待ってよ」には笑いました。江戸時代だろうが⁈

それ以外はまあまあ面白かったけどあまりにもたくさんのキャラクターが出て来ては死ぬので中心になる人物以外の人物像がよく分かりませんでした。それがどうしてもドラマとして薄っぺらい印象になってしまったと思います。
その反面、シーンによってはダラダラと長かったりして何なんでしょう?原作マンガがそんな感じなんですかね?

万次が言うほど強く無く、必ず負傷してるし、彼の強みは不死身ってことだけなのか?
福士蒼汰や戸田恵梨香の悪役の方がクールでカッコいいのはどういう訳なのか?三池監督の嫌がらせ?

杉咲花はCMの印象が強いですがなかなか良かった。映画の方が可愛く見える。
mint

mintの感想・評価

2.0
終始おもしろくない。百琳だけ良かった。あと、卍さんのイントネーションを「サンマさん」じゃなくて「バンビさん」の方にしてほしい
相澤亙

相澤亙の感想・評価

4.3
最高でしたね。

原作に負けない迫力の殺陣。

人数の力じゃないけど
すごかったな。。

武器もしっかり再現できてたし!
観て損はなかった!!
邦画はあまり見ない主義ですが
キムタクが主演なので
気になって鑑賞。

グダグタ長いしストーリーが
微妙でしたねm(__)m

ただキムタクは、
やはり演技が上手い✨
キムタコゾンビのチャンバラギャグ。
主人公なのに思ったより弱いのね。

しかし長いなあ、これ。
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

3.0
ひょんなことから不死身の体を手に入れてしまった一人の侍が両親を殺された少女と出会い、用心棒として共に仇討ちをするという話。剣劇アクションエンターテイメント。
原作は知らない。全編に渡ってのキムタク無双と、これでもかってほどのぶった斬りアクションを楽しむに限る作品。細かい謎、説明されない部分、その後どーなったの、とか、粗とは言わないけど隙間は満載。もっともっとシンプルなもんかと思いきや、意外と人物の思惑が絡んできてストーリーは少し右往左往。ちょっと長く感じるタイム感は味と取るかどー取るか、というところ。個人的にはもっと直球でもよかったのに、と思うけどそれだと「十三人の刺客」とまんま一緒だ、とも思ったり。漫画原作だからなんだろうけど、衣装のなんとも言えない着せられてる感は好みがわかれそう。ボス的な福士蒼汰、終始弱そうに見えるのは俺だけなのか。斬撃と血しぶきと断末魔とそういったもので、ある種スカッとできる人にお薦めしたい、そんな作品。
個人的には大勢いる中で斬られていく人たちの形相や死に様にも注目してほしい。キムタク無双も嫌いではない。でも主要キャストの宙を舞ったり、いきなりの高いジャンプ、あーゆーのちょっとなぁって感じ。全体的にちょい中途半端。
KaZuKi

KaZuKiの感想・評価

4.0
THE時代劇という感じもあり俳優さんたちの熱演は迫力があり、素晴らしかった。ただ原作漫画ファンということもあり、戦闘シーンの不死身と分かっていても感じる緊張感、疾走感は到底及ばなかった。個々のバックボーンもあまり描かれていなかったのは残念。
さすがの三池監督 時代劇は得意みたい
白黒から始まる展開には最高に燃えた

殺陣も古い時代劇のようにバイオレンスも多く迫力が凄い 近年ではあまりない希有な存在だと思う
全体的ににもずっと切りに切りまくって
映像としてはめっちゃ楽しめた

でもそれにくわえてマイナスな面もあってミスキャスト(演技力?)が何人かあって残念
さらには脚本が悪く感じた
それでも見応えあり

三池監督にはジョジョでなく こっちに時間と複数に分けて映画化してほしかった
pero

peroの感想・評価

2.9
原作読んでないのでわからないですが不死身だから結構簡単にすぐ斬られるのかな?
と思ってみてました。
最後の斬り合いのシーンは迫力があったと思います。
ろっく

ろっくの感想・評価

3.5
【短文メモ(感想)】
ほんとキャッチコピーにもある「”ぶった斬り”エンタテイメント」そのまんまの映画でした!
キムタクは相変わらずキムタクでした!
無限の住人になってしまうって、ほんと考えれば考えるほど怖いことだと思う、、、

【評価基準】
5:マイベスト、号泣、鳥肌
4:おもしろい、泣ける、感動する
3:ふつう
2:イマイチ、微妙
1:つまらない、途中で断念
>|