無限の住人(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:141分
    監督
    三池崇史
    脚本
    大石哲也
    原作
    沙村広明
    キャスト
    木村拓哉
    杉咲花
    福士蒼汰
    市原隼人
    戸田恵梨香
    北村一輝
    栗山千明
    満島真之介
    金子賢
    山本陽子
    市川海老蔵
    田中泯
    山崎努
    あらすじ
    何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

    「無限の住人」に投稿された感想・評価

    ぐろかったけど面白い。キャストが熱い
    仇討ちの是非とか、正義とか何も深く考えずに。
    「俺は誰を切りゃあいい?」に対するリンちゃんの答え。
    このお互いの一言ずつですべてが包まれた。
    ちょっと詰め込みすぎな感じがあったなー
    つまらなすぎてすごい
    いい役者たくさん出てるはずなのに演出がすべってる
    はぁ
    キムタクがすごいです。本当にアイドルですか?って感じで…人斬りでした。
    ストーリーは、斬る→胸きゅんシーン→斬る→斬る→胸きゅん→斬る…みたいな感じで、とにかく斬ります。人がバッサバッサ斬られて死にまくるので、観ていてだんだん疲れてきます。
    人斬りと化したキムタクに胸きゅんしたい方は是非。
    原作未読なので、ストーリーやらキャラ設定やらツッコミどころ満載でした
    あと時代設定も
    たぶん上映中、心の中で100回以上ツッコんでた笑

    るろ剣と比べてしまうと…うん。
    三池監督やなぁって感じ

    とりあえず美脚の戸田恵梨香見れたので満足です
    予告編が衝撃的だっただけに期待が高まったが賛否両論の評価ぎみでした。
    個人的には好きな映画でしたが
    もう少し言えば編集できるとこが目立ちすぎて、飽きてしまう部分がありすぎました。ただ出演者の演技力に引き込まれて
    あの出演者でなかったらあり得なかった感じで良かったです。
    後、ミヤビの曲をエンディングロールではなく
    最後の大勢での戦いで流して欲しかったです。
    不死身の身体をもつ男が、少女を守る用心棒になり、彼女の復讐に手を貸す
    ってもう設定から大好物ですからワクワクで見にいきました。

    三池監督なので、血ドバドバを覚悟してたのですが
    つらぬく瞬間や切り落ちる瞬間などはカットされていたので意外と平気だった。
    注目の殺陣シーンは、原作のようなかっこよくキメる、のではなく、生き死にのやりとりが失われたヤケクソのような、それでも少女を死なすわけにはいかない、泥臭いものだった。
    まるで綺麗ではなくもったいなさを感じたけれど、咆哮する万次の姿を見るに、かっこよさなどではないな、と腑に落ちるものもあった。

    ただ、敵キャラ多すぎ、ネタ拾いすぎで、テンポがいまひとつだったかな。
    もっと残酷にシビれる方向にいききってほしかった気がする。
    原作のちょっとポップなとこをいれたかったのかしら。

    ともあれ、木村拓哉はかっこいいです。ええもう。
    台詞に関しては脚本の問題なのでおかせてください。
    動く木村拓哉、かっこよすぎます。

    花ちゃんも泣かせたくなる愛らしさがたまらなかった。
    敵キャラ陣もとてもよかった。栗山千明の無駄遣い感…

    もう一度、何にも考えずに見たい映画です。
    >|