無限の住人の作品情報・感想・評価

無限の住人2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:141分

3.1

あらすじ

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を…

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

「無限の住人」に投稿された感想・評価

死なない男のチャンバラがこんなにつまらぬ物とは思わなかった。うちのテレビのせいかもしれないけど木村拓哉もごもご何言ってるかわからないし。杉咲花はキャンキャン言うし。三池作品にしてはキテレツ感が足りない感じでした。オープニングはかっこよかったです。
尸良のチンピラ感とEDに入るイントロは良かった。とりあえず二時間にまとめただけの映画。
いかにもなワイヤーアクションと、長いわりには中身に変わり映えの無い殺陣の二つを辞めれば邦画のアクションは一皮向ける気がする。
敵も味方も含めて魅力的な人が一人もいない。最初から最後まで喜怒哀楽の感情が湧き上がることなく見終わり、「ふーん」とつぶやいた。
Lapin

Lapinの感想・評価

3.5
木村拓哉は木村拓哉って言われますが、それが良さ。出演者も豪華でした。
memento

mementoの感想・評価

3.2
不条理に殺された両親の仇を討ちたい少女と無限の命をもった男がタッグを組んで、真っ黒焦げの串焼きを食べたり剣術の稽古をしたりの共同生活を行い、珍しい形のアイテム色々と、不死身の肉体と、相手方まで聞き入ってしまう魅惑のビッグボイスを駆使して、逸刀流イケメンボスを倒すお話。

原作アニメまったく知らずストーリーも知らずにみたら、面白かったし、万次の殺陣は迫力あった。木村拓哉、すごいな。
福士蒼汰は、も少しガンバレ。

世捨て人のように生きる万次だが、背中に「万」の字のナニヤラお洒落な着物を着てた。
「万てゆう字のーこっち側は白地に紺で、こっち側はー紺地に白抜きにして、すぐに俺ってわかるしゅっとした粋な感じに仕上げてね!」なーんて注文したのか?

ラストの杉崎花ちゃん演じる凜の「ちょっと待ったぁー!」からのお説教を突撃体制とったままの300人が最後までおとなしく聞いてる図は、コントとしかw
そして凜のヘアアクセのプラプラ揺れる白い輪っかが気になって気になって。つり革にしか見えない。

このレビューはネタバレを含みます

三池崇史・無限斬りのキムタク


原作沙村広明。
製作ジェミリートーマス。
三池崇史監督。



今や1年に1本のペースで撮っているお気に入り監督、三池崇史。

今村昌平の助監督、スタッフ時代、
Vシネマを通り、
今や漫画原作映画化の職人のような感じあり。

おさらい、



本宮ひろし原作、高橋克典主演「サラリーマン金太郎」(原作1999年)

テレビドラマから
原作田島昭宇、大塚英志「多重人格探偵サイコ」
原作こしばてつや、「天然少女萬」「~横浜編」(全て未見。今やレアアイテム1999、2000年作品。)

今や海外DVD発売にまで至る三池ハードホラーラインの金字塔「殺し屋1」

大ヒット作品になり続編製作された若手不良喧嘩物、高橋ヒロシ原作「クローズZERO」未見。

原作貴家悠、ゴキブリたちの異形なる戦い「テラフォーマーズ」。すんません殆ど見たの忘れてる。

漫画原作映画化のもはやトップランナーの三池崇史監督。

今度は何かと世間をおさがわせして個別的離縁した木村拓哉主演、「無限の住人」予告見ると杉咲花の可愛さが飛び抜ける。周りのボス連中の出過ぎな悪役ども。

マイビデオ屋のビデオ屋大賞上位の本作。
2週間レンタルしました。



あれ!なかなか面白かったぞお!そして前作のごった煮潜入捜査「土竜の歌潜入捜査官REIJI」二部作より、本作の続編の方が見たいゾオ!!

そしてキムタクこと木村拓哉様殺陣お疲れさまでした。本当に何人殺すんキルキルキル、いやあねキムタクの殺陣しまくって見てる我々が訳わからなくなるくらいの殺陣百連発実践、必見。若干キムタクの「おい!ちょっとまてぇよおっ(台詞にない)」の口調なノリがあります。

曰く因縁たる無限の傷侍にキムタクがなります。
そこには涙可愛い杉咲花のちょこりんとした無限侍妹のような存在必見。

敵役の福士蒼汰のあまりにも透明な悪役が、とっても良かった。キムタクのべらんめいのミスター不良キャラに対立する清楚な立ち位置で極めて良かった。

特に私が気に入ったキャラクターが、前作「極道大戦争」で三池崇史のドラキュラ洗礼を受けカンフーの血が入った市原隼人。とにかく外道ゲスを貫いていて思わず大爆笑しました。市原隼人の汚いだけで魅力的でしょ。どっから見ても良い
人のキャラクターの真逆だから見たいんだよなあ。


そして
訳のわからぬサンセツコン女に戸田恵梨香。

他満島慎之介、
キムタクに対したキッズリターン改悪金子賢、とっても良かった。ほかほかかなりのごった煮ぐつぐつしている感じだ。

度々三池監督作品に出る格闘家黒石高大。台詞ないですが、目力半端ない。


ラストは、さながら人斬り百連発キムタク斬りで人間百枚おろしだ。

これ続編難しそうだなあ。だけど見たいなあ。

あとこれ「IZO」の芸能人配置漫画リメイクのようにも見えたなあ。
まああと時代劇の「丹下左膳」とか「雄呂血」の殺陣100%魅せまくりますリメイクだよなあ。


三池監督もジョジョやったり、感動もんやったり、振り幅が出てくるも、私は「オーディション」のホラーテイストや「ビジターQ」のような無茶苦茶な新作を期待してます。



さて
三池崇史が魅せる
キムタクの無限斬り

ぜひ!

追伸
ちょいと久々レビューですが、またポチポチあげてきます。ひとつ猛中お見舞い申しあげます。

本日執筆
虎氏

虎氏の感想・評価

3.4
キムタクの無双映画。
倒しても倒しても短い会話劇を挟んで新たな敵が現れる流れで、全編のほとんどが戦いのシーンである。出てくる武人の扱う武器はさまざまであるが、とにかく刺して切りまくる。下手なホラーより血が飛び散り、切断しまくりかもしれない。
原作を知らないのでどの程度が映像化されたのかは判らないが、続編を作れるような終わり方ではあった。
最初の方よかったんやけどなぁ。
三池監督はやっぱ中盤から息切れするな(笑)
キムタクや福士蒼汰はかっこよかったけど、それを補って余りある杉咲花のうざさ。あのうざさは異常。ギャーギャー叫びすぎ。
たたた

たたたの感想・評価

3.8
思ってたより、素直に楽しめました。
大量の殺陣は見応えあったし、死と生の間で揺れる主人公の心情も、敵キャラの背景も見えて面白かったです。語りシーンはもうちょっと省いて欲しかったけど…

ただ、三池作品好きとキムタク好きの需要は一致しないでしょうね😅

あと、おはぎと🐴の💩は間違えちゃダメ。
鴉

鴉の感想・評価

3.0
俺は面白かった。
キムタクは良く叩かれるけど、やっぱりカッコいいし、作品も面白いと思うんだけどな店
>|