無限の住人の作品情報・感想・評価

無限の住人2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:141分

3.2

あらすじ

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を…

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

「無限の住人」に投稿された感想・評価

VS

VSの感想・評価

1.0
キムタク演技☆1
福士蒼汰演技☆0、5
よくわかんない新人女優演技☆0、1
GINGER

GINGERの感想・評価

3.3
【原作おもしろかったなーと思い出した映画】

大コケだとか言われていたけど
そこまで言うほどじゃなかった。
むしろ、面白かったかな。

木村拓哉の木村拓哉感が今回のキャラにはあってて、あぁ、木村拓哉か...という映画にのめり込めないモヤモヤもなかったし。

全体的に、どのキャストも「ハマっているんじゃないか?」と感じた映画でした。

よくあれだけ切ったよね!と思う。
okke

okkeの感想・評価

-
2017年7月 目黒シネマにて 併映『十三人の刺客』
本当にすみません
好きではなかった...
まめら

まめらの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

 最強の剣豪万次の亡き妹に似ていてでよかったね! って感じだった。福士蒼汰演じる天津影久の、強さを得るために剣術ではなく飛び道具の腕を磨いた凜ちゃんに対する「強くなるために手段を選ばないおまえは俺と同じ」的な発言がその通りすぎておもしろかった。あとラストバトルになっても結局役に立たないっていう。
 今だったらこういうヒロイン人気出なそう……とか思ったけど、掲載誌の問題かもしれない。
かなり酷評が多いみたいですが私的に好きです。

無限の世界をさまよう人。
なるほどすぎる。
やられた、めちゃくちゃかっこいい。

離脱もありとか、いろいろ考えていささか殺めすぎ人死にすぎなのではとか、安仁屋の叫びとか、戸田恵梨香がかっこよすぎて 悪党なのに一瞬共に戦うとか、ひっくるめて、終わり方とかしびれるしぞくぞくした。あの目のキムタク 木村拓哉。
かっこいい福士蒼汰。

エンドロール、監督の名前が止まるタイプで◎
カメラを縦で同時にまわす見せ方◎

グロいどころではないし何度も観たいとか思える映画じゃないけど観てよかった。

辛い思い出も覚えてればそれが力になるんだ。

そもそも監督は何度も観てほしいを狙ってるんじゃなくて、とにかく観てほしいの思いで撮っててもいいんだとか、映画のあり方はそれでいいんだとも思えた。
よかった、朝から 血飛沫、死人、虫、転がる手首や足を見てしまったけど 終わり方で吹き飛んだ。面白いなぁ。
戸田恵梨香髪きって出てきて守る

いやはや、面白い。
2017.04.29.

三池崇史はもう映画撮らなくていい

木村拓哉は、キムタク以上でも以下でもない

アクションはただ人が多いだけ
dreamtime

dreamtimeの感想・評価

2.9

こういう映画でいつも思うのだけれど、
空から弓が降ってきたりしたら
流れ矢に当たったりはしないのかな、と。

運悪いと、上からの攻撃とかで…

いや、愚問でした!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
長いしだるいんだけど、この人はむっちゃ映画が好きなんだな…としみじみ思ったよ。良いショットいっぱいあった
MEMO : Only until an opening (title) is good. But... I don't feel respect for original comic.
>|