無限の住人の作品情報・感想・評価

「無限の住人」に投稿された感想・評価

三太郎

三太郎の感想・評価

3.4
原作未読だからあんまり分からないけどアクションは良かった

三池監督らしさを感じたしキムタクはキムタクでかっこよかった
とし

としの感想・評価

4.5
例によって原作は知らないが、タイトル通りの凄まじいぶった斬り映画だった。登場人物が多いわりにその背景描写不足だから感情移入しにくいといういうのはわかる気がするが、久しぶりに血みどろアクション時代劇が観れて大満足。 個人的には万次の行動原理、凛の行動原理、天津影久の行動原理はきちんと描かれていたのでそれでいいのではないかと思う。次々と現れる一刀流の刺客たちは説明不足ではあるが闘いを通じてきちんと生き様が現れてる。特に閑馬永空なんかは。 一年生の息子と観たわけだが、思ってた以上に血しぶきが多くR15+じゃなくていいのかと心配になるぐらい。尸良が滝から落ちるときとの血飛沫は美しくさえあった。 万次の手が切り落とされて再生するところとかPG12のレベルじゃないと思ったが、万次が不死だということを伝えるには欠かせない描写だろうから映倫も目をつぶったんだろうな。 あの激闘の中、平然とおにぎりを食っていた田中泯の狂いっぷりが際立っていた。あいつの最期がああいう形で天津影久に斬られてどこかスッキリした。 死闘を通じて生と死の意味が深く問われる映画だった。 凛が投げたナイフが万次の背中に刺さるという三池崇史らしいブラックユーモアもあり、やはり三池崇史とアクション時代劇は相性が良い。 木村拓哉が『座頭市』の勝新太郎や『椿三十郎』の三船敏郎などと重なる。まさしくスターにしか出来ない佇まいで、それを真正面から娯楽映画に仕上げた三池崇史との化学反応が素晴らしい。 死なないとわかっているのにハラハラする立ち回りは本当に素晴らしい。木村拓哉という看板が真ん中にいたからこそ周りの演者も刺激されてこうなったんじゃないだろうか。 三池崇史×木村拓哉でまたこういう多勢に無勢な時代劇が観てみたい。 設定こそ漫画ならではのファンタジーで言葉も時代劇のそれとは異なり現代風だが、正真正銘の娯楽時代劇だ。
momo

momoの感想・評価

2.5
血みどろ合戦過ぎて飽きた。グロいのは苦手。「神様の言うとおり」よりはいいけど。眉目秀麗福士蒼汰くんを観たいだけの私にはしんどかった。でも蒼汰くん美しかったので許す。木村拓哉さんやはり華がある。キャストが豪華だったので観て損した感はない。
MOND

MONDの感想・評価

3.2
原作が好きで大した期待なしに見たが思ったほど悪くなかった。

戦闘、格闘シーンはむしろ剣心より現実的に描き、意外と驚いた。
もちろん数十人を殺しても服に一滴の血も出なかったり
服の中からあらゆる武器が飛び出すのはドラえもんのようだったが...

映画全般、色感が明るいせいでアクションシーンが相対的に軽く感じられたのは短所。
個人的には、序盤の白黒場面がずっと雰囲気があって良かったのに、もっと暗くグロデスクに演出していたらという残念な気持ちはある。

ところで杉崎花、高畑充希この二人の顔を区分するのがとても大変だ。

数日前に鎌倉の話を見た後だからか、この映画を見ている間にも主演俳優が高畑充希だと思った。率直に誰が誰なのかまだよく分からない。
珍しいキムタクの時代劇。回りを豪華俳優人達が囲んでますが普通ですね~。原作を見ていないので解りませんが微妙。ただ好きな俳優が出てたので◯
hosh

hoshの感想・評価

3.9
キムタクの存在感のデカさに惚れた。
序盤から終始斬り合いの活劇に徹していて
アドレナリン全開で見れた。
ラスト、一言からのEDの切れ味最高。
ヒロキ

ヒロキの感想・評価

4.0
この映画見てて、思ったのは福士蒼汰がイケメンだけじゃなくて、とにかく美しすぎると思ってずっーと魅入ってしまってた!

そして、木村拓哉がこのキャラに凄いピッタリで😄

木村拓哉はこういう系の役はものすごく合うんだろうなと思ったから、もっとやって欲しい☺️
な…長い割に内容が薄いような…。そして、重ね重ね弱くて笑ってしまった。まぁでも、刺されなきゃ不死身ということを強調できないですしね。豪華キャストの見ごたえはありました。市原隼人の怖さがトラウマに。
竹

竹の感想・評価

3.6
木村拓哉がかっこいい。とにかくカッコいい。二次元にいても違和感のない人だなぁと改めて思った。見た目的なものもあるが殺陣がいい。剣道やってたからなのか、美しかった。
話は長い漫画をぎゅっと押し込んだ感じで描写が少なかったりよく分からないまま話が進むこともあったが、キャスト陣の説得力であまり違和感なくみれた。
実写化映画の中でかなりの成功作だと思う。
菜の花

菜の花の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の白黒シーン良かったです。
あとは…強そうな敵が出てきては退場し、主人公も刺されては傷が塞がりの繰り返し。
ストーリーとしては登場人物多すぎて感情移入できず。
他の人のコメントで、戦って戦いまくるアクション映画として見ると面白いって書いてあって、ナルホド。と思いました(笑)
MIYAVIの曲がめちゃくちゃ良かった。
>|