忍者武芸帖 百地三太夫の作品情報・感想・評価・動画配信

「忍者武芸帖 百地三太夫」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

若き日のヒロユキサナーダをディグりましょうのコーナー🧡

そんなわけで、この作品をチョイス☝🏼


おっと💦いきなりの千葉ちゃんスタート‼️
うん。安心安定の暑苦しさだね(≧∇≦)
顔が濃ゆい、声が渋い、セリフまわしがくどい💦千葉ちゃん、グッジョブ👍✨
つかみはオッケー👌✨



世はまさに戦国時代。天下統一を目論む秀吉は、百地一族が持つ隠し金山の地図を秘めた短刀を手中に収めるべく、自身の懐刀である不知火将監に伊賀討伐を命じる。

将監の手により百地三太夫の一族は滅ぼされるが、三太夫の息子・鷹丸はかろうじて難を逃れ…わけあって明に渡る。
10年後、鷹丸は帰国。百地の残党と再会、力を合わせて将監への復讐を果たすため奔走する…。


ま、そんなお話です(°▽°)


千葉ちゃん演じる不知火将監は、百地三太夫及び伊賀の女、子供…容赦なく皆殺しを命じるとんだクソヤローです💦
あのバターを塗りたくったような憎々しい表情で悪事を働くのですから(≧∇≦)


そんな凄惨な場面から一転✨


可愛らしい小舟に乗ったヒロユキサナーダ演じる鷹丸登場‼️
10年ぶりに明から日本へ…という場面。

可愛らしい小舟…小舟?

いや、それ…フーシャ村を出航したときのルフィが乗ってたサイズの小舟ですやん(≧∇≦)💦

ようそんなんで明から帰ってこれたな💦
さすが✨ヒロユキサナーダ💕


でね、ここで主題歌♬
ヒロユキサナーダが歌う「風の伝説」
うん。まあまあいい曲なんだよ。なんだかさわやかな曲調だし、サナーダ歌上手いし。

ただね…時代劇にはクソほど合わねーーーーーー🤣💦(笑)


日本に着くなりヒロユキサナーダ大暴れ‼️
もうアクションがキレッキレのキレッキレのキレッキレなのさ(๑˃̵ᴗ˂̵)✨
そして惚れ惚れするほどの肉体美❤️
下手したらジャッキーにも引けを取らないくらいの立ち振る舞い✨✨
ジャパンアクションクラブ恐るべし💦


あ!そういえば…殺された百地三太夫の妻の役で野際陽子さん出てます。
この頃は千葉ちゃんの奥さまでしたね。
この映画では、幼い鷹丸を残して自害する悲しい役どころ。序盤で死んじゃいます💦
「激突!殺人拳」では実の弟である千葉治郎さん、マンションから転落死💦
「キル・ビル」では野際陽子さんとの間にできた娘さん、クレイジー88のメンバーとしてユマ・サーマンに斬られてDead💀

あれれ?千葉ちゃんの身内は千葉ちゃんと一緒に映画に出たら、早い段階で殺されちゃう決まりでもあったのかい🤣??

千葉ちゃんのしわざ??

知らんけど🤣


お約束の志穂美の悦ちゃん、明で鷹丸に中国武術を教えた師匠の娘・愛蓮役で出演。
ぎこちない中国語頑張ってまーーす😅
いや、もうアクションはキレッキレのキレッキレのキ……💦
真っ赤なヌンチャクをぶん回して、すごく素敵でした❤️


でもね、復讐に至るまでがなかなか思うようにはいかず…仲間を次々に失い…💦


そんなこんなで悲しみが溢れ過ぎちゃったヒロユキサナーダによる謎の鎮魂ファイヤーダンス🔥

最初はカンフーの型みたいに見えてたけど、間違いなくダンスでした(°▽°)


このシーン…いらねーーーーー🤣💦
笑かしにきとるんか!!


丹波哲郎さんも戸沢白雲斎とかいう胡散臭い大師匠みたいな役で出てる。
ヒロユキサナーダと生き残った数名のナカーマに修行をおこなうのです。

あ!今作のヒロインはおつう役の蜷川有紀さん。鷹丸の幼なじみなんだけど、いまでは服部半蔵の妹として生きており…半蔵に百地秘伝の短刀を盗み出すように命じられていて、半蔵と鷹丸の間で揺れ動くあるあるヒロインです💕


白雲斎の厳しい修行のあと、ついに不知火将監への復讐の舞台が整います。


鍛えに鍛えた身体から繰り出す必殺技✨
名づけて….「人間扇風機」
木からぶら下がるロープを握り、己の身体をブンブン回す🌀🌀

いつもより余計に回ってまーーーす(°▽°)

え?人間?扇風機??

それが必殺技なの?

「うん。あのね、今年の夏はかなりの猛暑だったでしょ?コロナ渦でマスクもしなくちゃだし、熱中症で倒れる人が後を絶たない。"これはいかん!"そう思った僕はこの鍛え上げたボディを使って、自分が扇風機になることでみなさんに涼を届けたかったんだよ。」


へぇ〜、なるほどね。
鷹丸ちゃんは優しいんだね。


…て、やかましわ‼️


そんなんで、涼しくなるかーー😫💦

しかも、回ってるのは人形やないか!!



ハイ。ラストは不知火将監と鷹丸の一騎打ち。
要するに、千葉ちゃんとヒロユキサナーダのガチンコ師弟対決‼️

千葉ちゃんは2人の手下を自分の肩に乗せ、意味のわからんトーテムポール攻撃💦とても有効的とは思えん🤣

千葉ちゃんもサナーダもキレッキレのアクション合戦✨


果たして、勝者は…??


あえて書かなくても、わかるに決まってんじゃん…の巻。ニンニン♬


正直言うとね、まあまあ面白かった😊✨
地面スレスレくらいにハードルを下げて観たからかなーーー(≧∇≦)(笑)


そして、エンディング。
波打ち際、馬に乗って颯爽と駆け抜けていくイチャコラした鷹丸とおつう♡

そこで…また主題歌♬


いや、だから…いらねーー(≧∇≦)💦
逆に盛り下がりますからーーー🤣



…余談ですが、服部半蔵役で夏八木勲さんが出てたんですよ。
たまたまそのシーンを見たうちの奥さまが「あ!明日やろうはバカヤローが出とる」と言いました。

みなさん、覚えてますか?
山Pと長澤まさみの月9ドラマ「プロポーズ大作戦」を…。
そのドラマで長澤まさみ演じる礼のおじいちゃん役で夏八木勲さんは出演してました。
そのおじいちゃんが礼を訪ねて上京する回で、なかなか礼に対して想いを告げられない山P演じるケンゾーにおじいちゃんが言い放つ台詞。
「後悔するなよ。いつも明日が来ると思ったら痛い目に遭うぞ。明日やろうはバカヤローだ。」
当時、このシーンを見たうちの奥さまは「明日やろうはバカヤロー」というキラーフレーズに深く感銘を受けたわけですよ!

それ以来、事あるごとにその言葉をよく口にします。
夏八木勲さんを見るとその言葉を口にします。いや、そこは名前で呼んであげて💦


な・の・に…奥さま。

「ダイエットしようかな〜」
「え?いつから…?」
「う〜ん、明日から!」 …うん😅

仕事の書類を持ち帰りテーブルの上にドサッ。
「これ今日中にやらなくちゃ!」と言いつつ、いつのまにかうたた寝。
「書類の整理しないの?」
「う〜ん、明日する!」 …う、うん😅



あなたが一番、絵に描いたような「明日やろうはバカヤロー」ですやーーーーーん(≧∇≦)💦




こんなこと書いてるのがバレたら、ヤバイ💦
越後屋

越後屋の感想・評価

3.0
初スクリ~ン!
弛い画と濃ぃ画の融合したこの時期東映往年エンタメ時代劇!
冒頭、いきなり『殺人拳』と同じ濃ぃ並びに「続き?」とw
"本格的"…では無いJAC主催の"広之アイドル青春"作品。真田はん、若いだけあり師匠千葉ちゃんより足上がってる!
真田はん、歌は唄うは魚生で丸かじりだわ決死のダイヴだわ、挙げ句ダンス(?)まで披露するわで!w志穂美の悦っちゃんも麗し、足上がる!
千葉ちゃんや夏八木(クレジットは夏木)はんや丹波のおっさんの燻し銀とは対照的な爽やか青春活劇(?)!
真田広之初主演 JAC版忍者ムービー🎥
この頃JACでめっちゃ鍛えてたんですね
凄い筋肉!

お城から飛び降りたり、(そういえば当時話題になってスポーツ紙に載ってたのうっすら記憶にある)宙吊りになったり宙返りしたりとアクション満載!

しかし、鎮魂の舞は今見るとちょと面白い笑
蜘蛛軍団も弱すぎ笑 BGMショボすぎ笑

空回りしているところもありますが、でも新しいアクション映画を作るぞ!
という意気込みと気合いは十分伝わってきます!

千葉さんは敵役、志保美さん、野際さん、今は無き丹波さんも出演で豪華
ブルース・リー×戦国忍者アクション×真田広之の裸!!!!!!
さなださんのフンドシ

今作をもって、ひとまず真田さん祭り、おしまい。
アマプラで観た作品24本+すでに観た作品10本の計34作品。
完全制覇まで、あと38本。
これだけ観たのにまだ半分もいってないという。

あとは、レンタルでぼちぼち観ていこう。
レンタルにある真田さん出演作20本。
あれっ?完全制覇無理じゃね?

さて、そんな最後に選んだ本作。
なにやら、さなださんのフンドシが拝見できるんだとか?
そんなお宝映像が観れる映画が、この世にあるのかと歓喜し早速画像検索をしたところ見事なフンドシ姿を発見。
こっ、これは観るっきゃない!と借りたのはいいけど、何故か本作にそのシーンが登場しない。

何故だっ!何故なんだっ!この映画じゃなかったのかっ?
もしかしてカットされた?あるいは、パンフレットや宣伝のみの写真だったとか?

おっ、俺は真田さんのフンドシが観たいんじゃっ!


今作、真田さんの初主演映画みたい。
お祭りの最後としては、なかなか良いチョイスだったんじゃないかと自分で自分を褒めている。

アクションてんこ盛り。
一人の肩に人が乗り、更にその人の肩に人が乗る3段組体操。
何故か、みんなバク転したがり。
意味のないシーンで無駄な宙返りと次から次へとアクションが繰り広げられる本作。

もちろん、真田さんも負けてはいない。
バク転、前転、カンフー、お城のてっぺんから池に飛び込み、謎のダンス、フンドシちらちら。

真田さんのパーフェクトボディ。
その完璧な肉体美に惚れ惚れしちゃう。よっぽど鍛えた肉体を見せたいのか知らないけど映画の7割ぐらい真田さん上半身裸。

そして一番の見どころが、真田さんVS千葉さん。
この二人は、他の作品でも共演を何回かしてるんだけどたいてい仲間のパターンが多い。だけど、今作は敵対しているため真田さんと千葉さんの戦いを観ることが出来る。

なかでも、千葉さんによる真田さんへの金玉つぶしに悲鳴をあげた。
いくら全身ムキムキの真田さんでも、あそこはムキムキではないはずだっ!

そして、クライマックスの一気うち。
とんでもない戦いが観れるのでは?とワクワクしてたけど結構アッサリ終わる。泣


以下、いつものランキング。

第1回 真田さん出演映画ランキング

10. リング
9. 柳生一族の陰謀
8. 病院へ行こう
7. 里見八犬伝
6. 怪盗ルビィ
5. 必殺4 
4. 蒲田行進曲(真田さんは、数秒しか出てないけど)
3. 僕らはみんな生きている
2. 麻雀放浪記
1. たそがれ清兵衛

好きな真田さんトップ5

5.謎の男(リング)
4.手のひらを太陽に(僕らはみんな生きている)
3.なよなよ広之(怪盗ルビィ)
2.お奉行さん(必殺4)
1.がんす(たそがれ清兵衛)

明日から、しばらく真田ロス。

真田さんシリーズ第1部 完
ねび

ねびの感想・評価

5.0
始まり12分後くらいから、いきなり出てくる真田広之の肉体美に驚いて一気に映画に引き込まれた。真田の華麗なアクション、三条河原では危険な集団爆発の撮影。伏見城からのダイビング、当時JACの高さ記録だった90mの崖っぷちからのダイビングなど、見せ場が満載の映画。国際スター真田広之初主演の渾身作品です。
英語吹き替え版「Shogun Ninja」
冒頭でバーンとドラマチックに
Starring: Henry Sanada

忘れてたヘンリー忘れてたよ
有名な忍者のうちの1人百地三太夫

冒頭でお亡くなりに…その後息子が中国に渡り
青年となってから帰国して敵討ちを…とまぁ

忍者映画かと思いきや
カンフー映画…!!

と思ったらやっぱり忍者??
いやチャイナ??

時代劇かと思いきや大陸勢の衣装はさほど時代考証気にしてない感じだし
序盤からして固い気持ちを持たずして観れる内容だった

クライマックスの戦闘シーンはアクションがさまざまな形で殺陣になっていて見応えある内容
naokit

naokitの感想・評価

2.9
なんか凄いです、色々凄いです。

戦闘シーンになると流れる謎のフュージョン系の楽曲。
やたらとポップな効果音。
サーカス団員も真っ青なロープを使ったクルクル・アクション。
もっともスゴイのが、焚き火を前にキレッキレに踊る真田広之のエキセントリック・謎・ダンス!
数えだしたらキリが無いのです。

しかし、当時の真田広之の鍛え上げられたボディと千葉真一の殺陣のカッコ良さは目を見張るものがありますなぁ。
前半1時間はべらぼうに面白い
後半は語り口に切れ味が無くなる
>|