ザ・ビーストの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ビースト」に投稿された感想・評価

X

Xの感想・評価

3.0
ヒューマニズム(人間愛)は主に人間以外の生き物に向けられる。多くの人間にとって、人間が殺されるよりオウムが殺されるほうがより衝撃的なのだ。
setsudosha

setsudoshaの感想・評価

3.1
ニコラス・ケイジ・ロシアンルーレット、今回は個人的にハズレでした。
ニコケイ演じる凄腕猛獣ハンター、逃げ場のない船内、ホワイトジャガーと暗殺者が同じ船に乗船…と、お膳立てはできているのに残念。
あんまり主人公のキャラが立っていなかったからだろうか…ヒロインはニコケイと同じ1964年生まれのファムケ・ヤンセン。
4343

4343の感想・評価

2.5
ニコラス・ケイジの作品だから借りたけど、、配給がアルバトロスの時点でヤバいオーラを感じてしまった。。。

わりと楽しめそうな感じではあったが、なんか色々足りないし、基本船の中なので暗くて描写がわかりにくい。

ニコラス・ケイジはもと冬木。殺人鬼はなんか嫌味な笑顔がコロチキナダルに見えてきた。

見れない訳ではないが面白くは無かった。まぁ、ニコラス・ケイジの凋落を感じたなぁ。そんな感じの映画でしたー!
kanekone

kanekoneの感想・評価

2.7
面白そうな設定ながら全く盛り上がらず。猛獣の出番が思ったより少ないのが残念。主人公フランクのキャラもなんか中途半端で魅力なし。
ゴッチ

ゴッチの感想・評価

2.6
パッケージ詐欺やん。ゴリラ出てこんし!
ハンターの人の薬強いし、特殊部隊雑魚やし。思ってた通りのb級映画。若干期待してた分評価低め
風来坊

風来坊の感想・評価

3.5
ニック・パウエル監督とは「ザ・レジェンド」以来のタッグのニコラス・ケイジさん。とは言ってもニック・パウエル監督自体が映画を撮ってなくて、本作でまだ2作目みたいです。
前回も一緒に仕事をしているからか、監督はニコラスさんの扱い方を分かっている感じがします。

主人公が金で動物を売り飛ばすクズなハンターでどうも好きになれませんが、こういう自分勝手な役はニコラス・ケイジさんには合う。
一応は、フォローもありますけど。

ファムケ・ヤンセンさんは他の方のレビューでもあるように顔のオバサン化が激しい。それでも体型は相変わらずスレンダーですね。
そういえば似たようなシチュエーションの「ザ・グリード」にも出てましたね。

ケヴィン・デュランドさんが強烈な個性を放つ凶悪犯を演じていて物語を盛り上げていました。
まあホワイトジャガーだけでは尺が持たない為の、追加の盛り上げ役ではあるのですが存在感が抜群でしたね。

狭い船の中で、ホワイトジャガーと凶悪犯が相手という設定は面白い。
ただもうちょっと猛獣達を出して収拾が付かない感じが欲しかったかなと思います。もう一歩、惜しい映画です。この辺は予算が足りなかったかな。

救命艇を巡るサバイバル感も悪くなかったですし、最近のニコラス・ケイジさん主演作ではまともな方。
まあ精鋭部隊がショボいところだったり、ツッコミどころは多いし粗も目立つのですがなかなか楽しめた作品でした。

まとめの一言
「善人ではないがハントは得意」
アニマルハンターのニコケイが船で珍獣と大活躍!!
要するにイッテQとキャプテンフィリップスとコンエアーを足した作品(通じろ)
勿論B級で緩めで面白かったです!
ニコケイファンなら観なきゃ!
じえり

じえりの感想・評価

2.5
ヤバすぎるB級
なんだこれ?

ホワイトジャガー存在するの?するなら見てみたい
highbury

highburyの感想・評価

2.7
【B級街道を爆走するニコラス・ケイジ】

船上を舞台にホワイトジャガーと特殊部隊あがりの暗殺者という2匹の『ビースト』とニコラス・ケイジが死闘を繰り広げるB級アクション。
ついでにファムケ・ヤンセンまで出演してるもんだから超B級といっても過言ではありません。

三つ巴の戦いが繰り広げられるかと思いきや、ホワイトジャガーの出番はごく僅か。おそらくはCGの予算があまりなかったものと思われます。
またジャケットに描かれているゴリラやクマ、オオカミは一切出てきません・・・。

と言うことで、ごくごく普通のアクション映画でした。


『B級サバイバルアクション』と言い切っちゃうWOWOWもどうかしてる。
番組表にB級映画って書かれていて、ニコラスケイジ主演のB旧映画ってどんな感じ?と思いながら見ましたが、おもったよりちゃんとつくられた映画でした。

コンエアとちょっと違う、ニコラスケイジが訪れた国から帰国する際に乗った船に警察が護送する凶悪な殺人犯と同乗することになり、その殺人犯に船を乗っ取られ、取り返すまでの話。

コンエアと比べるとたしかにB級なのかもですが、特別無理矢理感も雑な感じもなくコンエアほどではないですが楽しめました。
>|