ローグの作品情報・感想・評価・動画配信

「ローグ」に投稿された感想・評価

派手な銃撃戦とライオンのパニックムービーと面白くはあったのですが、登場人物に面白みが無く終始イライラして見てしまいした。

いっそ助けられる女子学生がライオンに襲われた方がスッキリした感じもあったんですけどね。

もう少し絶望感がある様な方がハラハラ・ドキドキと楽しめたんでしょうけど、本当にイライラしましたわ。

2022年8月30日 259作目
WOWOWシネマ 字幕 録画
ミーガン・フォックスは本当に美しくて格好いいな。多分、演技力はないからかくもクールなイメージでまとめているのだろうが……。話は破綻気味だが、オチは良かったし、イドリス・エルバのライオンものの予習にぴったり。もうこれで充分な気もするが……。
ぽち

ぽちの感想・評価

2.1
あと1ミリずれていれば完全なB級作品になっていただろう。
主演がミーガンなのでどうにか踏みとどまったという作品。

テーマがぼやけてブレまくっている脚本が悲惨で、父娘(む?ここはトランスの監督を立てて母娘と書くべき?)で書いたようだが、2人そろってあまり脚本家には向いていないのだろう。
女の友情的な演出も、出てくるキャラの魅力の無さもすべてにおいて稚拙で薄っぺらい脚本だ。

主役キャラのサムがあまりに無能でイライラする。
最初の救出作戦から破綻しているし、最悪なのが逃げ込んだ廃屋でなんで盛大に照明を点けるかな?「ここに隠れてますよ~!!」って宣伝してるようなものだろ。

味方に連絡が取れたら真っ暗にして見つかりにくい所に6時間息をひそめて隠れるべきだ。ライオンが徘徊してるとわかっているならなおさら。

だいたい悪役、なんでライオンを撃たない。正面から歩いてくるライオンに対してAK持ってるなら頭狙って撃てば絶対倒せるだろ。

小屋に連れ込む作戦も支離滅裂。その直前に羽交い絞めにされた人質の後ろの兵士を一瞬で撃ち殺してたろ。ナイフ持って脅してる2m先の敵の頭なんて楽勝で撃てる。

ライオンCGが浮いてるのも笑える。おまけで助けてもらった女子高生がうざい。意見の言える立場じゃないだろ。
って言うか、おまけ女子高生の演技が本当に高校生レベルのオーバーアクトでB級感を増していたのだが、あとで調べたら、この娘が監督の娘で共同脚本のイザベル・バセットだった。

等々、ストレスのたまるストーリーだ。構図的には野生動物保護がテーマで、それをエンタメにするために人質救出を持ってきたのだろうが、両方とも未消化で共倒れ。
ラストにテロップでライオン保護的なものが監督の名で出るが、映画の内容を見ると白々しくて寒い。

高尚なテーマをエンタメで見せようとして大失敗と言う作品。

唯一スッキリした見所は、生意気女子高生がワニにパックンとされるところだろう。



余談。
ライオンを飼育して、毛皮や骨を売りハンティングの獲物としている。

ふ~ん。
で、豚や牛はいいの?
ウサギは?猿は?鶏は?

もう「ライオン」に拘っているだけで、視野の狭さを感じるし、「ライオンを殺すこと=悪」と無条件で思い込んでいる所にも思慮の無さを感じる。

「必要悪」と言っているのではなく、もう一歩踏み込めない人の書いた脚本は悲惨だという話。
mom

momの感想・評価

3.0
序盤に出てくる、太っちょの黒人さんの頭の形が気になって夜も8時間しか眠れない。
傭兵部隊アクション+猛獣サバイバル。
ツッコミどころは多いけど、死んでいった仲間に免じて許してあげよう。
スコア 2.8 だけど 何回か眠っちゃって・・
3日かかっちゃったけど
愛が溢れ おおらかな気持ちになれば
面白いです♥️
☆STAR BS10
🌐
東京12チャンネルのテレビ観てるよーな
やっすい package だけど
古さの中に新しさを感じる☘️
🌐
物語♪
金持ちに雇われた傭兵が プランと訓練を経て、知事の娘を救出する
じゃない(笑) いきなり現場
【 怪しげな飼育場 】
「 角は分類してテーブルへ 血は拭け
税関で犬にバレる 綺麗にしろ 」

R O G U E

🔴
檻の中の女性 人身売買
救出ボス「 あんた名前は?」
アシリア「 アシリア・ウィルソン 」
ボス「 この子よ 」
─────☆─────
ボス「予定より2人増えた
あと3分で脱出地点よ」
ヘリ RPG で墜落 ドカーン 💥
・・
──いつの間にか──
「 明日に向かって撃て 」のような 崖っぷち
兵士「 弾倉は最後だ どうする?」
────────ボス 考える────────

ボス「防弾プレートと荷物を捨てて
飛び降りる」
ボス曰く
「 ここまで 生き延びてきた ただ高いだけ
川だって ただの水よ 」
ワニに食われながら たどり着いた
ところは ↓
🌐 opening の密猟者の拠点
────ライオンで全滅─────
1☆ 燃料を見つけ
2☆ 発電機に入れて
3☆ クランクで 時計回り まわす
バイオハザード☘️
暗視スコープ 電池🔋交換
電池落として 拾いに ハシゴ下りる
→ はい こいつ 終わった(笑)
仲間のバラサ バラされる
🔴
いかにもな
CG ライオン登場 🦁
ここで 急に優しい気持ちに・・・☕
そうだ
CGの動きに合わせて 首も一緒に
ゆらして
楽しめばいいんだ♥️

人質の仲間 金にならない方は
" たかみな " に似てないけど 似ている(笑)
知事の娘と打ち解ける
たかみな「 最高の人質仲間ね 」
アリシア 初めて笑う♥️

🌐意外なラスト
知事は象牙の取引をしていた
メス ライオンには目的があった🦁
【 ここで問題 】

4人が生存します 誰でしょう ?

私は2名しか 当たらなかった
でも
納得いく 人選や(笑)
koma2chan

koma2chanの感想・評価

2.8
人身売買の人質奪還作戦失敗からの野生動物遭遇で板挟み状態で絶体絶命みたいな流れです。
何か最後だけほのぼのします。
Makoto

Makotoの感想・評価

2.9
横を警戒する時のガンアクションが新鮮、カッコいい

えっ?そういう話なの?驚くな
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.2
誘拐された少女達を助けるため、女性傭兵隊長(演ずるは『トランスフオーマー』のヒロインM.フォックス!)とその部下が、テロリストのみならず牝ライオンとも闘うおハナシ。ライオンが絡むのが新趣向で、ほぼ100分を飽きさせません。
そしてさらわれた少女の1人が、監督M.J.バセットの娘なのだが、このキャスティングもあながち身内贔屓とは言えないんですね。何せ彼女、脚本を(親父と一緒に)執筆している才女であります。
という訳で、色々異色のミリタリー・アクションなのでした。
映画としての出来はとても良いのだけれど、エンターテイメント性は無い渋めの感じ。
この映画は、普通の人が見ても文句しか出ないと思うので、見ない方が良いと思うよ。

ストーリーはこれと言って問題はなく、よくある戦場に取り残されたチームが、人数を減らしながら脱出する訳だけど、映画好きならある程度の演出は読める内容。
と、ある程度の先が読めてしまうくらいなので、ちょっとアクション映画としては緩いかな。
個人的にはもう少し銃や戦術、派手でドキドキの演出が見たいけど、どちらかと言うとメッセージ性を押し出した、渋目で纏めたかったみたいね。

最後のメッセージにあるような、ライオンの件はちゃんと考えた方が良いと思ったよ。
>|

あなたにおすすめの記事