映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!の作品情報・感想・評価・動画配信

『映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』に投稿された感想・評価

ゲストキャラのカグヤかわいい。彼女とのどかたちの交流と双方の健気さにキュンキュンさせられた。後半怒涛の展開も超エモい。
戦闘シーンはかなりの迫力で、特に前半、スクランブル交差点での戦闘で、ミルキィローズが一瞬ミルクに戻って戦うシーンは最高だった。
SinSyou

SinSyouの感想・評価

3.7
コロナ禍の影響がスゲー強く出たプリキュア映画で、公開日の延期・ミラクルライトを使った応援上映廃止・無観客の国立競技場が登場する等があるのは、公開当時の背景が伺えて興味深いZ。

ビジュアルのクオリティが、子供向けアニメ映画としてはスゲー高ェ映画だったZ!
ユメアールによるVR的な上限はチビッ子ならスッゲーワクワク出来る位イイし、戦闘シーンにもカナリチカラ💪が入っていており迫力がアッタZ。また、①つの映画で主人公に③つのフォームチェンジが用意されてるのは、コノ映画ならではの特徴でもアル。

タダ、公開前に恐らく①番注目されていたプリキュア⑤が完全に客寄せパンダ🐼的な要素でしかなく、ヒープリとの掛け合いを期待してた身としてはスッゲー肩透かし喰らったし、コーナル位なら最初から出すなとも思ってしまったZ。😔
なゆか

なゆかの感想・評価

3.2
アクション、ヒロイン映画

・パッケージ観て、5出るの⁈ってなる
・リラックマ?
・変身後に目がグラデになってんの可愛いよなと思う
・和装可愛い
・エゴエゴしぶといけど、可愛い
・5出てくんの⁈と期待してる割に物足りなかった
・一本じゃなかった
しゃり

しゃりの感想・評価

3.5
YouTubeの期間限定配信にて鑑賞。

かぐや姫の物語でちょっと感動した。
プリキュア5が出てきた時はカッコよすぎて鳥肌立ったけど、あんまり出てこなくてプリキュア5ファンとしては残念。

誕生日会いるかと思いきやいないし。

まぁ、子供からしたら誰?ってなるから少ないんだろうけどもっと観たかった!

ただ、ヒープリも好きだからまだ観れた。
特にラビリン🐰推しなもんで、寝顔とか可愛すぎてそこだけ何回も観ちゃいました笑

ラビリンが叫ぶシーンはほんといつ見ても泣いてしまう。映画じゃなくて普通の方でも何回か泣きながら叫んだりしててペギタンの勇気を出して叫ぶところもやばいけど、やっぱりダントツでラビリンがやばい。

絶対泣いてしまう😭笑

ストーリーはまぁ、切なすぎず敵も全然悪くないからあんまり印象には残らないけど感動はした。
エゴエゴまさかの可愛かったし笑

でもプリキュア5ほんともっと観たかったなぁ。ラビリン、ペギタン、ニャトラン、ココ、ナッツ、ミルクの絡みとかいろいろと観たかった😣
うDX

うDXの感想・評価

2.5
プリ5ファンなので劇場で当時2回鑑賞。
1回目は普通に観て、2回目はイヤホンで副音声あり

プリ5が集結すると言うのでめっちゃ楽しみにしてたけど
出番少ない・ヒーリングっどとの絡みも微妙、正直これなら
ヒーリングっどだけの良かったと思う、プリ5の存在意義がない。
副音声がなかったら絶望的なレベル。良かった点としては
エビシーとリラックマが可愛かったのと
大画面で久々にプリ5の名乗りが見れたので+0.5
アエノ

アエノの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドリームが見れただけで心がうち震えて止まらん。。。。。

あと…返信後の衣装さ……、、、、、
ダークドリームをモチーフってさ……。
とんでもなく泣く……。
ふく

ふくの感想・評価

3.7
プリキュア5が観れたのがあつい、

エゴエゴが可愛かった

グレース何回フォルムチェンジするの...
ルチア

ルチアの感想・評価

4.1
東映チャンネルにて観賞

ヒーリングっど♥プリキュアのTVは、そこそこには観てた。
とは言え、そこまでしっかり観ていたワケでもないが。
そこで、この映画。
とんでもないご時世に翻弄されて公開も延期された映画だったなと。

そんなこの映画、素晴らしい。
元々プリキュアは好きだし、この映画もお話がしっかりしているし、色々と考えさせるのはいつもの事。
基本的に毎回プリキュアが敵役に向かって叫ぶセリフはすべて「お説教」ではあるけど、彼女たちが言う事で説教臭さが無くなって素直に感動してしまうのもいつものプリキュア映画。

今回のゲストキャラがこれも好きだったプリキュア5だったのが、扱いが実に惜しい。まったく活かされていないのが本当に残念。
あと、鈍感な私でもわかるくらい下手くそなゲストの声(声優とは言いたくない)には辟易。

いやしかし、毎回プリキュア映画は可愛くて切なくて美しくてカッコ良くて感動してしまう。
ume0214

ume0214の感想・評価

3.2
有料CSで視聴

直前に視聴した春期映画とは作画もストーリーも力の入れ方が全然違うのだが…。
映画タイトルからも分かる通りプリキュア5/GoGo!とのクロスオーバー作品ではあるが、絡みも少なく戦闘の助っ人として登場する程度。必要性を全く感じさせない。
宣伝ではクロスオーバーを全面的に押し出してたのに出番が少なくて残念すぎる。
ブンビーさんもワンカット出るだけだった。
代わりに敵キャラの声が高木渉なのか。

モデルとなった主な舞台は
東京駅前、渋谷、お台場、国立競技場。

パートナーフォーム◎
呪いと希望


🌸劇場版プリキュア第29作
🌸公開延期による異例の演出
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

大変申し訳ないのだけれど、この映画にプリキュア5は絶対必要ないと思う。


🔷オールスターズメモリーズにて2人はプリキュア組が活躍したことで、過去のプリキュアを1シーズン抽出すればヒットが狙えるとどこかの誰かが見込んでしまい、こういうことになってしまった😖😖

やるにしても、オールスターズメモリーズがなぜヒットしたかの分析が明らかに足りていない。2人はプリキュアとプリキュア5のプリキュア史的立ち位置は全く違うはずなのに、同じ草創期作品だからと同枠にするのは見当違いに思える。

🔶それから、ヒーリングっとプリキュアはプリキュアの伝統(という名のジレンマ)を破壊した革命的作品であったのに、その劇場版がいかにも草創期プリキュアにあやかろうとするコテコテのやり方だったのが残念でならない。


🔷むしろ本作は、このプリキュア5以外は本当に完璧なのである👏👏

新型コロナウイルスによる社会状況が投影された内容で、無観客の国立競技場のシーンなどはヒーリングっとプリキュアという作品ができうる最高峰のシーンであったと思う。

🔶それから敵の思想も考えさせられる。今作の敵は自分の娘を守ろうとして、周りを犠牲にする”エゴイスト”の母親なのだけれど、この動機の背景にはリーマンショックや東日本大震災による子供の生育に対する危惧があり(それを思わせるシーンが断片的にあった)、しかも現代のコロナ禍も交えながらその不安がシャープに表現されている🤔🤔

多分これを観た親子さんはめちゃくちゃ考えさせられたと思う。

🔷そして、娘を守ろうとする彼女の意思は、エゴエゴという化け物の誕生に起因してしまうというところも面白い。かならずしも善意が良い結果を招くわけではないのだ。そしてプリキュアたちは、善意だけでなくその精神の在り方が重要だと今作で説いているのだ。いや深いこと言うわ

これぞまさしく、リアルでもストーリーでもコロナと戦ってきたヒーリングっとプリキュアだからこそ語れる論である。だからこそ、そこにプリキュア5が茶々を入れるのが私は気に入らないのだ。


🔶そして、付属されていたトロピカル〜ジュプリキュアの短編も素晴らしい。さすが大塚監督である🏖🏖

トロプリのユーモラスの一面を伝えながらも、コロナによって公開延期などの不憫を食らったヒーリングっとプリキュアに対する最大限の供養もしてみせた。あのエンディングの演出は本当に最高だ。あれがあっただけでもヒーリングっとプリキュアが救われたと言える。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

🌸まとめ🌸
素晴らしい作品であるが、やはりプリキュアという作品のどこかにだらしのない商業主義を信仰する輩がいるのだと実感させられる。商業主義であることは別に良い、しかしどうにも幼児たちがプリキュア5を観て喜んでいる姿が私には想像できないのだ。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品