情婦の作品情報・感想・評価

「情婦」に投稿された感想・評価

【邦題に騙されることなかれ。】

アプリの平均点4.3。
刮目せよ!この驚異的な点数に!


1952年。イギリスロンドン。
ある凄腕老人弁護士の元に未亡人を殺したという理由である依頼人が舞い込んできた。
彼は張り切って弁護することになるのだが。。。


素直に言うと、この作品はめちゃくちゃ勉強になりました。


特に後半1時間の裁判のシーンは息をつかせぬ攻防戦であっという間でしたし、弁護士においてどうやって相手の主張を崩すかという視点で見るとかなり勉強になりました。


誰が真実をいい、誰が嘘をついてるのか。
裁判は真実を明らかにすべき場所ですが、必ず真実が明らかになるとは言えません。

それは裁判官も検察官も弁護士も真実を見たことがないからです…云々



とか淡々と真面目なことを書こうと思いました。途中までは…














ですが、ですが…











で、す、が。。。











◆◆最後の10分◆◆

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

んなこと、書いてられっかぁぁ*\(^o^)/*
(コーヒーばっしゃーん)

くっそ、くっそ、くっそ!
ヤバい、ヤバい、ヤバい!
アドレナリンMAX!


レビューの全てを放り出したくなる脚本がこの映画にはありました。


そう、アレですよ。
最高すぎワロタwwwwww

なんじゃこれは〜〜○×%◇◆@$€〆


この雰囲気にこの脚本とか大好きすぎる!
でも、ネタバレになっちゃうのでここがしゃべれないのが残念すぎる!!
うぉぉぉぉぉ٩( *˙0˙*)۶


本当に新宿でわざわざ高いお金だして借りてよかった!
なぜ、こんな作品をおかないんだよ!近くのレンタルショップ!
バカか?バカなのか?


年末に色んな方がレビューあげられてたので、もうclipされてる方も多いと思いますが、これは絶対に死ぬまでに観ないといけない作品です(断言)!
(かやさんのオールタイムベストでした!)


ネタバレになるので全くレビューできないのでこんな感じで…


最後に弁護士の名言を
【依頼人の命がかかってるベストを尽くさねばならん】
【いずれ正義のハカリは元に戻り君に償いをさせる】


やばい。これは絶対にDVDがほしい。
我がオールタイムベスト3へようこそ。


※ビリーワイルダーとも相性がいい気がする…

2016.1.18
Minori333

Minori333の感想・評価

4.1
いい。オンナって怖い。
YUKO

YUKOの感想・評価

3.5
チャールズ・ロートンが上り下りする姿がチャーミングすぎる
60年前の作品が未だにこれだけ洒落ているとは。
本物は霞まない。
嵐の様などんでんも秀逸。
なんと言ってもチャールズロートン。
ai

aiの感想・評価

4.0
途中からモノクロがカラーに見えてくるほど熱い。見てるほどにどんどん引き込まれてしまう。
割と90%の人が騙されてしまうドンデン返し‼︎

おじいちゃんの弁護士がいい味をかなり出していてその様子のユーモアな感じがビリー監督らしい。
脇役もユーモアたっぷりで楽しい。
おもしろすぎた…!
映画としてというかもうシンプルに話が面白い。やばい。法廷サスペンス。
「まだ映画を観ていない人にあなたも"証言"はしないように」
と言われたけど話したい…!!!(笑)
シュウ

シュウの感想・評価

3.5
「シックス・センス」のように、「この映画をまだ観てない方のためにも結末は他言しないでください」といったテロップが入ります。

あらすじも何も言いません。
ただ、面白いです。
古い映画なのですが退屈することもなく評判通りでした。
サスペンス好きは是非✨
がく

がくの感想・評価

3.9
昔の映画って、話にひねりがないことが多い。しかしこの映画は時代を感じさせない、素晴らしい脚本だった。

弁護の依頼のシーンは長く感じて退屈だったが、裁判が始まると不思議と引き込まれる。

果たして無罪なのか有罪なのか、これは最後まで見ないとわからない。
クロ

クロの感想・評価

3.7
チャールズ・ロートンの力の抜けた上手さ。
mk

mkの感想・評価

4.5
二度目の鑑賞でより評価あがった
ただのどんでん返しではない。もちろんラストには驚かされるものの、特に弁護士の眼鏡の使い方と彼の言い換えには痺れた(ネタバレしたくないから意味不明な文になった笑)。オスカーワイルドとアガサクリスティーのコンビは最強。加えて100万ドルの脚線美マレーネディートリッヒ。素晴らしい
>|