情婦の作品情報・感想・評価

「情婦」に投稿された感想・評価

kirito

kiritoの感想・評価

4.8
【邦題に騙されることなかれ。】

アプリの平均点4.3。
刮目せよ!この驚異的な点数に!


1952年。イギリスロンドン。
ある凄腕老人弁護士の元に未亡人を殺したという理由である依頼人が舞い込んできた。
彼は張り切って弁護することになるのだが。。。


素直に言うと、この作品はめちゃくちゃ勉強になりました。


特に後半1時間の裁判のシーンは息をつかせぬ攻防戦であっという間でしたし、弁護士においてどうやって相手の主張を崩すかという視点で見るとかなり勉強になりました。


誰が真実をいい、誰が嘘をついてるのか。
裁判は真実を明らかにすべき場所ですが、必ず真実が明らかになるとは言えません。

それは裁判官も検察官も弁護士も真実を見たことがないからです…云々



とか淡々と真面目なことを書こうと思いました。途中までは…














ですが、ですが…











で、す、が。。。











◆◆最後の10分◆◆

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

んなこと、書いてられっかぁぁ*\(^o^)/*
(コーヒーばっしゃーん)

くっそ、くっそ、くっそ!
ヤバい、ヤバい、ヤバい!
アドレナリンMAX!


レビューの全てを放り出したくなる脚本がこの映画にはありました。


そう、アレですよ。
最高すぎワロタwwwwww

なんじゃこれは〜〜○×%◇◆@$€〆


この雰囲気にこの脚本とか大好きすぎる!
でも、ネタバレになっちゃうのでここがしゃべれないのが残念すぎる!!
うぉぉぉぉぉ٩( *˙0˙*)۶


本当に新宿でわざわざ高いお金だして借りてよかった!
なぜ、こんな作品をおかないんだよ!近くのレンタルショップ!
バカか?バカなのか?


年末に色んな方がレビューあげられてたので、もうclipされてる方も多いと思いますが、これは絶対に死ぬまでに観ないといけない作品です(断言)!
(かやさんのオールタイムベストでした!)


ネタバレになるので全くレビューできないのでこんな感じで…


最後に弁護士の名言を
【依頼人の命がかかってるベストを尽くさねばならん】
【いずれ正義のハカリは元に戻り君に償いをさせる】


やばい。これは絶対にDVDがほしい。
我がオールタイムベスト3へようこそ。


※ビリーワイルダーとも相性がいい気がする…

2016.1.18
haru

haruの感想・評価

4.0
どんでん返されたー。
ベッドに飛び込むシーンはドリフかな。最後に脈測るとこも笑っちゃった。
終わった後スッキリする映画◎
あの表情ないおばさん好き。
あああ

あああの感想・評価

4.6
さすがアガサ原作
超上質なサスペンス
古い映画だからとか白黒だからとかいう偏見はやめて是非見て欲しい
梅田

梅田の感想・評価

3.9
法廷劇としてはこれより好きな映画は沢山あるけど、「クラシックとして観ておいて損はない」レベルのはるかに上で、テンポの良さとかタッチの軽やかさとか今観ても全く飽きさせない名作。まあワイルダーだし。
あ

あの感想・評価

4.7
ネタバレをみてはいけない
なーんにも言えない。プレビュー見ない方がよい。

このレビューはネタバレを含みます

この世界で嘘をついたことがない人なんていない。この事実は、客観視してみるととても残酷で息苦しいものである。しかし、普通に過ごしている僕たちからしたら、とても当たり前なことであり、議題にあげることすら馬鹿げてる。そんな嘘をつく生き物の人間でないと、展開が読めず ドキドキとハラハラを楽しめるこの物語は生まれなかったであろう。

殺人者は当たり前のように無罪を訴え、嘘をつく。その殺人を知っている妻は、愛する人のために嘘をつく。裁判を見守る弁護士ですらも、酒を飲みたい、葉巻を吸いたいという欲のため、嘘をつく。
そんな嘘つきだらけの登場人物たちが、「お前は嘘をついている」と批難し合うところが、この映画の1番の面白ポイントであり、見所である。

面白いの中に垣間見える社会風刺が、この映画を ただのどんでん返し映画から大傑作に変えてくれている。

最後に この映画の感想を要約すると、
クソつまらねぇ。


















っていうのは、もちろん嘘である。
YukoKoike

YukoKoikeの感想・評価

4.0
おもしれー!
さっこ

さっこの感想・評価

4.0
面白かった!
大どんでん返し!
>|