ダイヤルMを廻せ!の作品情報・感想・評価

「ダイヤルMを廻せ!」に投稿された感想・評価

えりか

えりかの感想・評価

3.8
電話かけるシーンの演出がステキだった!!
映画館で見てみたいなあ!
奥さんが浮気して旦那さんに恨まれて色々酷いことをされるんだけど、真相が分かった後、「なんでそんな酷いことするの?」みたいな、自分は全く悪いことしてないみたいな顔してる女に腹が立った
ヒッチコック作品でグレイス・ケリーが演じてる女の人、だいたい腹立たしい
問題が起きても、自力で解決しようとせずに泣きわめいてるイメージがある
そういう時代だったのかもしれない
良い良い。

追い詰める側と追い詰められる側のスタンスと魅力が素敵。
横山

横山の感想・評価

4.0
面白い!!!
グレイスケリーはお初でした
やっぱヒッチコックは飽きない、どんどん話にのめりこまれた
Ayu

Ayuの感想・評価

-
カメラの距離感や小道具の配置にヒッチコックのこだわりを感じる。
yu

yuの感想・評価

4.0
緻密。トニー臨機応変すぎ。
なにが起きたかすぐにわかるけど、あれ…いつまにか推理させられてる
自分の感情把握能力が欠けてるだけかもしれないけど最後はいったいなんだ笑
ぱいじ

ぱいじの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

予想以上に面白かった。
自分は普段ミステリを読まないのでなかなか頭が追いつかず、随所で一時停止をして整理しながら鑑賞。それでいてようやく8割くらい理解できたという感じだ。ミステリに強い人が見れば、もっと面白いに違いない。
立場が主人公・妻・不倫相手・警察と4つ(妻と不倫相手はほぼ同じだが微妙に異なる)あり、それぞれの思考を追っていくのが大変だが面白い(特に主人公)。

一分の無駄もない傑作。もっと多くのTSUTAYAに置くべきだろう。

時代問わず面白い映画って素晴らしい

遠くから撮る感じ好きです


なんか古い映画なのに新しいと思ってしまうのはなんなのだろう

リメイク版に続き、オリジナル版をLDで再視聴。
やはり、サスペンスの名作です。

ストーリーが展開するにつれて、だんだん目が離せなくなるのは流石サスペンス映画の帝王・ヒッチコック!

妻の心が恋人へと離れて、離婚されることを恐れたトニーは、妻・マーゴを殺害する計画を立てる。
彼は、前科のある同窓生スワンを脅して妻の殺しを命じるが、事態は予期せぬ方向へと進んでいく。

腹黒い元テニス選手の夫、美しい資産家の娘である妻、妻の恋人で推理作家の男、そしてベテラン警部...アパートの一室に舞台の殆どを置き、彼らを中心に展開するone situation thriller!

妻のマーゴが襲われるシーン、ストッキングとハサミ✂︎...緊迫感は十分。
何度見ても、ドキドキでした😱

また、殺害計画に失敗するも、大胆に計画を修正するトニーの狡猾さが憎たらしい😠

そして、マーゴはトニーの思惑通りに、窮地に立たされるのですが...
はたして、濡れ衣を着せられたマーゴの運命は如何に?

ヒッチコックのオリジナル版では、名警部が重要な役割を🕵️‍♂️...なかなか良い仕事をします。
特に、ストーリーの終盤での活躍は、Good Job!
やっぱり映画は脚本が命ですね。
そして、妻の不倫相手が推理作家というのも面白い設定。

物語のカギを握るのは...文字通り「部屋の鍵」🔑
また、イギリスらしいユーモア溢れるエンディングも上手い🕵️‍♂️

さらに、リメイク版との決定的な違い...ダイヤルMを廻します😊☎︎
あと、もう一つ...グレイス・ケリーが美しすぎます!
Natsu

Natsuの感想・評価

4.0
DVDで観ました

会話劇にハラハラさせられる
さすがヒッチコック!
脚本上手すぎ

幻の3D版で殺されかけてるグレース・ケリーの手が飛び出して、ハサミに手が伸びるとこ観たいなあ〜
テレビに人が流れていって、なんとか映画館に観客を呼ぶために、その策の一つとして3Dで映画が作られた流れがあって、この作品もその一つ。
この作品が公開された時はもうそのブームは終わってたみたいだけど(笑)

グレース・ケリーの真っ赤なドレスすごく魅力的
ドレスもそうだけど、ヒッチコックの色彩感覚の抜群さが出てる〜
ヒッチコックカラー作品3作目とかじゃなかったっけ?すご

カメラより俳優を動かせたり、俳優を何かしらの物越しに映して観客を目撃者にしたり、巧みな舞台劇の映画化

ほぼ密室劇だけど、窮屈さを感じない!
久し振りにヒッチコック。大量の台詞で物語を進めるのは力業だが好みではない。照明や小道具を上手く使った演出力は流石。カメラも踏襲され尽くされていて新鮮味はないが、今の映画と比べても引けを取らないほど完成されている。グレース・ケリーのファッションがかわいい。
>|