ヘブン・アンド・アースの作品情報・感想・評価

「ヘブン・アンド・アース」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 遣唐使として唐へと渡ったけど帰れなくなっちゃった日本人。彼は皇帝の刺客として働いていて、反逆者で元将軍の暗殺と引き換えに帰国許可がもらえたんで、張り切って元将軍の命を狙うけど。元将軍と盗賊と戦ったりしていくうちに友情が芽生えていく話。

 暗殺命令を受けて付け狙う男は何故反逆罪になったというと理不尽な処刑に背いたためという。この主人公と対立するけど、主人公は僧侶が運ぶ教典を護衛してるんで、それが終わるまで勝負は待つことになる。しだいに友情が芽生えて共闘していくという流れが熱いです。
 香港流の円を描くような激しいアクションの中、中井貴一さん演じる日本人だけ侍のような殺陣をしていてその異物感が新鮮でした。中井貴一さんのアクション俳優としての魅力も見ることのできる映画でした。

 砂漠の雄大な景色の中を突っ走る映像と激しい戦闘シーンの連続で興奮できる内容でした。

 けど、ラストのラストでいきなりのファンタジー度が倍増して一気についていけなくなりそうになるのが残念なのと主演の数人以外の仲間たちの描き分けが少なくて名前すらわからないので1人また1人とやられていってもそんなに哀しくならなかったです。、娯楽活劇として楽しい映画でした。
自分にとってはまあまあかな。
こういう時代物は嫌いじゃないからまあまあなんだな。