マッチョデーモンさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • マッチョデーモンさんの鑑賞したドラマ
マッチョデーモン

マッチョデーモン

D.P. -脱走兵追跡官-(2021年製作のドラマ)

4.0

小山田圭吾のクソヤロー!韓国軍の脱走兵を追う憲兵のバディ形式ドラマで色々な話があるのだが、終わってみると部隊内いじめで正気を失い凶行に走るチョ・ソクポン一等兵の話しか頭に残らない。ソクポンは元は柔道の>>続きを読む

4

しかたなかったと言うてはいかんのです(2021年製作のドラマ)

4.0

第二次世界大戦末期に福岡の医大で起きた米軍捕虜への人体実験手術を原案にしたドラマ。原案となったノンフィクション小説はドラマの主人公となる助教授の姪による執筆で、NHK職員の息子が6年かけて実現させた企>>続きを読む

0

ナビレラ -それでも蝶は舞う-(2021年製作のドラマ)

3.9

70歳のお祖父さんが小さい時に夢見ながらも親に反対されて出来なかったバレエを始めるドラマ。教えるのは才能はありながらもイマイチ本気で打ち込めない23歳のダンサー チェロク。チェロクは嫌々教えているのだ>>続きを読む

0

ボイス3(2019年製作のドラマ)

2.0

あのさ、ちょっと根本的な事聞きたいんだけどさ。そもそもこのドラマの主人公ってカン センター長だよね?ボイスってタイトルなんだし。なのに何でセンター長は蚊帳の外でト・ガンウ周りの因縁ばかり強調されてる訳>>続きを読む

0

MIU404(2020年製作のドラマ)

4.5

野木亜紀子脚本。『アンナチュラル』や『コタキ兄弟と四苦八苦』と同じくオリジナル脚本だが、原作ものと同様に強い社会性や人権意識を持ちながらエンタメとして成り立っていて外れがない。本作は『アンナチュラル』>>続きを読む

0

孤独のグルメ2020大晦日スペシャル~俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!~(2020年製作のドラマ)

3.7

新シーズンの放送を前に配信してくれたので鑑賞。2020年の大晦日なのでコロナ真っ只中で世相を反映しており、マスク着用は勿論の事、そのマスクの紐が外れてしまったり、慣れないリモート会議でトラブルに見舞わ>>続きを読む

0

孤独のグルメ2019大晦日スペシャル〜緊急指令!成田〜福岡〜釜山弾丸出張編(2019年製作のドラマ)

4.0

「グルメがなんだ美食がどうした。こういうのが良いんだよこういうのが」ゴローさん究極で至高な人達をdisってる?絶望的にあの二人とは話合わなさそうだからなあ。でもグルメまでdisったらこの番組の立場も。>>続きを読む

0

孤独のグルメ Season8(2019年製作のドラマ)

3.7

今日もゴローは平常運転。なのだがコロナウィルスが猛威を奮って飲食店が休業を強いられている時に見ると「この店は今大丈夫かなあ」と心配になる。特に室井滋が出てた銀座のBARなどまさに三密で、ただでさえ隠れ>>続きを読む

0

カルテット(2017年製作のドラマ)

5.0

以前に高評価を聞いたことがあって音楽恋愛ドラマだっけ?そんな認識で見始めた。これが大変自分に届いた。

全10話で二転三転を遂げる展開。音楽を生業にして食っていける実力を持ち合わせていないそれでいて趣
>>続きを読む

0

有村架純の撮休(2020年製作のドラマ)

-

合わなかった。6話で離脱。実在の人物である有村架純の休日をフィクションとして描く虚実混じった構造が面白さのツボなのだろうけど、まず有村架純の出演作をそんなに見たことなくこれといったイメージもないために>>続きを読む

0

監獄のお姫さま(2017年製作のドラマ)

3.3

オレンジイズニューブラックに興味がある。だがアメドラだからとても長い。しかも今ネトフリ入ってねーし。そういう訳で生じた女性刑務所ドラマへのニーズとちょうど良い長さがマッチして選んだこれだがミスったかも>>続きを読む

0

キングダム シーズン2(2020年製作のドラマ)

3.8

GoTは権力闘争とゾンビの比率が8:2くらいであったが本作は6:4くらいのドラマと思っていたので、ゾンビ成分が少なめになった時には少し物足りなく感じていたのだが漢陽に乗り込んでからのゾンビパーティーに>>続きを読む

0

SMALLVILLE/ヤング・スーパーマン<ファースト・シーズン>(2001年製作のドラマ)

3.2

見たのは2011年頃。S1からS6まで見て途中は配信になくて、数年後にCATVに入ってた時にすっ飛ばして最終シーズンを見た。シーズン毎に書けるほど詳細な記憶はないのでひとまとめにして感想。

今のよう
>>続きを読む

0

キングダム(2019年製作のドラマ)

4.0

『ゲーム・オブ・スローンズ』の韓国版。血みどろの権力闘争とゾンビ。

ゾンビものはとかくゾンビが背景に追いやられがちであるが本作は銃はそんなに数がない基本は剣の時代であるために日常茶飯事になど到底なら
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

3.5

映画呪怨の元となった話という設定の新作だが、どこかVシネ版の雰囲気があってリブートと言えるかもしれない。最早呪怨の演出なんかすっかり使い古されてて今更伽椰子が這いずり回って来ても俊雄が布団の中に潜り込>>続きを読む

2

コタキ兄弟と四苦八苦(2020年製作のドラマ)

4.0

野木亜紀子先生の脚本と山下敦弘監督という私的に最高の組み合わせ。いやー良いです。山下監督の派手さなんてない軽妙さでいて、野木亜紀子の社会的なテーマを要所要所でチクリと突く感じ。個人的にお気に入りは本来>>続きを読む

0

返校(2020年製作のドラマ)

4.5

steamやNINTENDO Switchで販売されている台湾のインディーズホラーゲームの実写化。細部は異なるものの原作の30年後を舞台とした続編となっておりドラマ単体でも物語の背景は理解できる作りに>>続きを読む

0

Zネーション<ファイナル・シーズン>(2018年製作のドラマ)

4.2

このドラマを見始めた時は絶対打ち切りエンドだと思っていて実際打ち切りだけれど、何とクリフハンガーエンドではなくてちゃんと物語を締め括ってくれていた。これだけで感動。大半のアメドラより偉い。

迷走極ま
>>続きを読む

0

重版出来!(2016年製作のドラマ)

4.6

漫画をほとんど読まなくなって随分経つがまた漫画を読みたい気にさせられる、多くの人が関わった創作物、創作物に限らず様々が素晴らしいと感じられる仕事ドラマ。

黒木華演じる元柔道日本代表候補の新人編集者
>>続きを読む

0

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)

3.9

信念と気合の人 パク・セロイによる大財閥長家(チャンガ)ファミリーへの復讐劇。序盤から結構気になってたのはとても強大な敵を目標にしながらセロイに具体的に闘うプランがなさそうに見えた所だ。第一歩であるタ>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

5.0

そこそこの楽しさは期待してたが所詮オマケのようなスペシャルドラマだろうと舐めてた。最高やん。どうもネット上では主にポリティカルコレクトネスの観点から欧米作品を上げまくって国産作品を下げる向きがあるが、>>続きを読む

2

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)

4.7

やたらと長く重くすればいいと思っているアメリカ映像コンテンツに嫌気が差して見たこのドラマめちゃくちゃ面白い。深くて広いよ。ヌルいだけのラブコメではなくシビアな面が随所にあるのだけれどそこを必要以上にし>>続きを読む

0

アンという名の少女 シーズン3(2019年製作のドラマ)

4.1

シーズン1と2は共に5点満点をつけてたのでこのスコアでも落胆した気分が少なからずある。幸福感に満ちた第一話はとても良く、その後もメアリーに不幸が訪れても隣人を救おうとするコミュニティが描かれるアヴォン>>続きを読む

0

きのう何食べた?お正月スペシャル(2020年製作のドラマ)

3.8

2020年ももう末だというのに1年2ヶ月ぶりにNetflixに加入してようやく見れた2020年正月スペシャル。本編ほど話に動きがある訳ではないが、過去の事で今もやや思うところのある史朗と両親の関係や小>>続きを読む

0

逃亡料理人ワタナベ(2019年製作のドラマ)

3.4

リチャード・キンブルが料理人になったようなグルメ旅番組もといサスペンス風料理ドラマ。妻を刺した容疑で逃亡する三つ星料理人ワタナベが東京から西へ西へと逃げる中で出会う人達の悩みを食べ物で解決していく。ロ>>続きを読む

0

映像研には手を出すな!(2020年製作のドラマ)

3.7

もう少し早く見てれば映画を見に行ってたかもしれない。500近い部活動と絶大な権限を持つ生徒会というアニメでなければ寒くなりそうな設定であるが滑ってないのは主演の3人の力が少なくないと思う。乃木坂の事を>>続きを読む

0

このサイテーな世界の終わり シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.5

厨二病なんてバカにされてしかるべき態度だ。なのに今の世の中にはリアルに厨二病的言動をしたがる人が見受けられる。例えば自殺した人のニュースに対して「死にたいなら誰にも迷惑かけないよう雪山にでも行って死ね>>続きを読む

0

ボイス 2 ~112 の奇跡~(2018年製作のドラマ)

3.3

絶対聴覚捜査ドラマの続編。アメドラ化。或いはジャンプの読み切りから週刊連載化。

前シーズンでも普通の事件を追ってる時は良いのにメインストーリーのモ・テグ絡みになるとあまりに現実離れしてて入り込めなか
>>続きを読む

0

誰かが、見ている(2020年製作のドラマ)

1.5

ちっとも笑えないんだが自分がおかしいの?とことん要領が悪くてズレてる人の失敗を盗撮して笑い者にする。Twitterとかでありそうな話。あまつさえそれをYouTubeにアップして大金をゲットだぜ。下衆の>>続きを読む

2

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)

4.0

重版出来や逃げ恥の野木亜紀子脚本による2018年の法医学ドラマ。第一話における不自然死の原因がコロナウィルスで感染者叩きを始める世論というのがあまりに予言的なように各話に社会的なテーマを絡める事が多く>>続きを読む

0

ゴーイング マイ ホーム(2012年製作のドラマ)

4.0

是枝裕和監督による初の連続ドラマ。阿部寛演じる主人公の名前が『歩いても歩いても』や『海よりもまだ深く』と同じ良多でその姉を『歩いても歩いても』同様にYOUが演じているように是枝映画との共通点を強く感じ>>続きを読む

0

ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン(2016年製作のドラマ)

3.5

90年代のアクションスター、今はもう忘れられかけているジャン・クロード・ヴァンダムは実はエージェントだった!という設定のドラマ。って、見てないけど前にも自虐映画やってたじゃないか!

ニコラス・ケイジ
>>続きを読む

0

悪との距離(2019年製作のドラマ)

4.3

人を殺すんじゃないかと思った事がある。かなり危うい所まで行ってたと思う。今は比較的穏やかに日々を送れていても、どんなきっかけでまた傾くかは自分にも予想がつかない。その距離はそう遠くはないのだと思う。凶>>続きを読む

0

きのう何食べた?(2019年製作のドラマ)

4.0

良いドラマだと思う。中年ゲイカップルの生活を良きにしろ悪しきにしろ特別なものとは描かず、女性的な賢二の描写も実態を知らないので判断がつかないが大丈夫なラインだと思う。ジルベール航は流石に誇張しすぎだろ>>続きを読む

0

ボイス~112の奇跡~(2017年製作のドラマ)

3.9

ウクライナの嗅覚捜査ドラマの次は韓国の聴覚捜査ドラマを観賞。主人公グォンジュの聴覚は十分異能レベルであるが演出は大人しいのでスニッファーの嗅覚に比べると現実的なものと感じられる。それとグォンジュは司令>>続きを読む

0

スニッファー ウクライナの私立探偵 シーズン1(2013年製作のドラマ)

4.0

ジョジョ4部に出てきたキャラクターのように嗅覚が異常に優れた男が主人公のミステリードラマ。邦題にはウクライナの私立探偵とあるが、実際には捜査局の臨時局員として事件を解決していくので実質刑事ドラマ。>>続きを読む

2
>|