akihiko810さんの映画レビュー・感想・評価

akihiko810

akihiko810

映画(805)
ドラマ(0)
アニメ(0)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.7

「俺の人生はつまらなくなんかない!家族がいる幸せを、あんたたちにもわけてあげたいくらいだぜ!」

youtubeで東京タワーをしんのすけが走りきる場面だけみた。
Filmarks登録以前に観た映画を振
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

3.7

「恋愛感情がない、性欲もない。それが私で、一人で生きていけるし、そのことを寂しいとも思っていない」

アセクシャルの女子が主人公の映画。

これまで誰かに好意を抱いたことがなく、恋愛が何なのかわからな
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

4.8

新海誠監督。金ローの録画。

九州で暮らす17歳の岩戸鈴芽(すずめ)は、扉を探しているという旅の青年・宗像草太と出会う。彼の後を追って山中の廃墟にたどり着いたすずめは、そこだけ崩壊から取り残されたかの
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.1

『アルキメデスの大戦』の山崎貴監督。
2023年度のアカデミー賞で邦画・アジア映画史上初の視覚効果賞を受賞。

もし敗戦直後の日本をゴジラが襲ってきたら、我々はどう戦うのか…?
戦争によってなにもかも
>>続きを読む

シティーハンター(2024年製作の映画)

3.7

人気マンガの実写化(原作既読)

相棒の槇村秀幸と共に、有名コスプレイヤーくるみの捜索依頼を請け負った“シティーハンター”こと冴羽獠。その頃新宿では謎の暴力事件が多発し、警視庁の敏腕刑事 野上冴子は手
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.4

祝・Filmarks 800レビュー

「夢をあきらめるんですか」
「そんなワケないでしょ。負けませんよ、私は」

「茜色に焼かれる」の石井裕也監督

26歳の折村花⼦(松岡茉優)は気合いに満ちていた
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

3.6

「君の心と存在を弄んで、侵害するそいつらは、どんどん年をとって弱っていくから。君は永遠にそいつらより若いんだよ」

芥川賞作家・津村記久子のデビュー作の映画化。(原作未読)

大学卒業を間近に控え、児
>>続きを読む

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

4.7

「人生は僕が決める!」
『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編

ピーター・パーカー亡きあと、スパイダーマンを継承した⾼校⽣マイルス。共に戦ったグウェンと再会した彼は、様々なバースから選び抜かれた
>>続きを読む

君は放課後インソムニア(2023年製作の映画)

3.7

オジロマコトによる同名漫画を実写映画化。

舞台は能登半島の中心に位置する石川県七尾市。不眠症に悩む高校1年生の中見丸太(なかみがんた)は、学校の使われていない天文台を見つける。しかし、そこには同じク
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

イギリスの、ぶっとびスパイアクション第2弾。

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.7

樋口真嗣監督。庵野脚本。初代ウルトラマンのリブート。

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人!
>>続きを読む

アメリカン・フィクション(2023年製作の映画)

3.8

23年度アカデミー脚色賞受賞。コメディ映画

作品に「黒人らしさが足りない」と評された黒人の売れない小説家モンク。姉が亡くなり、母が認知症になり金が必要になり、やけになって偽名で書いた「ステレオタイプ
>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.7

「かもめ食堂」などの荻上直子監督。

築50年のハイツムコリッタで暮らし始めた孤独な青年・山田。底抜けに明るい住人たちに出会い、ささやかな幸せに包まれていく。山田(松山ケンイチ)は、北陸の小さな街で、
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.7

石塚真一の傑作ジャズ漫画のアニメ映画化作品

「オレは世界⼀のジャズプレーヤーになる。」
ジャズに魅了され、テナーサックスを始めた仙台の⾼校⽣・宮本⼤(ミヤモトダイ)。
⾬の⽇も⾵の⽇も、毎⽇たったひ
>>続きを読む

愛なのに(2021年製作の映画)

4.0

「愛を否定するな」
城定秀夫監督。城定、今泉力哉脚本。ラブコメディ

古本屋の店主・多田(瀬戸康史)は、一花(さとうほなみ)のことが忘れられない。その古本屋には、女子高生・岬(河合優実)が通い、多田に
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

「人間と犬たちとの戦争になるよ」
ウェス・アンダーソン監督のストップモーション・アニメ映画。

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬
>>続きを読む

THE UPSIDE 最強のふたり/人生の動かし方(2017年製作の映画)

3.7

フランス映画『最強のふたり』のハリウッドリメイク。

スラム街出身で無職、妻と息子にも見放されたデルは、ハンディキャップを持つ大富豪フィリップの介護人として働くことになる。秘書のイヴォンヌを始め周囲は
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

4.5

「僕は愛が何なのか、よくわからないです」
鈴木亮平主演のゲイ映画。

14歳で母を失い、田舎町でゲイである自分の姿を押し殺しながら思春期を過ごした浩輔。今は東京の出版社でファッション誌の
>>続きを読む

メゾン ある娼館の記憶(2011年製作の映画)

3.4

フランス映画。アベマで視聴。

20世紀初頭、パリーーー高級娼館“アポロ二ド”の女たちは、毎夜美しく着飾り、男たちの欲望を満たす。しかし、美しく華やかな表舞台とは裏腹に、娼館の日常は女たちの孤独、苦悩
>>続きを読む

カサンドロ リング上のドラァグクイーン(2023年製作の映画)

4.2

メキシコ・アメリカ映画。

メキシコのプロレス「ルチャ・リブレ」で、80年代に実際に活躍した伝説のゲイ・ルチャドール、カサンドロの伝記映画。

80年代初め、ゲイのレスラー、サウル・アルメンダリスはテ
>>続きを読む

Tommy/トミー(1975年製作の映画)

4.5

イギリスのロックミュージカル映画。
かなり昔、深夜のテレビで見た。ロックオペラトミー。
なんとyoutubeで配信してるのを発見!どこの配信にもないから感謝。

小さい頃に受けたショックで三重苦(見え
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.7

1957年にブロードウェイで上演された同名ミュージカルを、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品。(このミュージカルの映画化作品は、1961年の『ウェスト・サイド物語』に続いて二度目)

ニュ
>>続きを読む

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

3.6

イギリス映画。「さざなみ」「荒野にて」のアンドリュー・ヘイ監督。
ゲイカップルのゆきずりの恋愛模様を描く。

金曜の夜、友人たちとのパーティのあと、ラッセルは一夜の相手を求めてクラブに立ち寄る。閉店時
>>続きを読む

レッド・ロケット(2021年製作の映画)

4.2

「ポルノ界のアカデミー賞を5回逃した」ポルノ俳優だったが、今は落ちぶれ無⼀⽂で故郷テキサスへ舞い戻ったマイキー。別居中の妻の家に転がり込むことに成功したが17年のブランクのおかげで仕事はない。昔のつて>>続きを読む

ジャニス リトル・ガール・ブルー(2015年製作の映画)

3.9

1970年に27歳の若さで亡くなった希代のロック・シンガーのジャニス・ジョプリンに迫ったドキュメンタリー映画。

ジャニスの人生を一言であらわすと「孤独」。
高校では3年間容姿のせいでいじめられ、進学
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

4.0

「愛しているなら死なせてくれ 本当に愛しているなら」

ピアニストのサムと作家のタスカーは20年来の同性パートナー。ところがタスカーが認知症を患い、2人はあまりにも早すぎる人生の最終章を意識せざるを得
>>続きを読む

力道山(2004年製作の映画)

3.6

「ヒーローに引退はありません」
日韓映画。力道山の生涯を描く。

戦後日本の国民的英雄、日本プロレスの祖といわれる力道山を、朝鮮人という切り口から描いた一代記。戦後間もない日本で横綱を目指すが、日本人
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.8

2024年映画初め。ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の映画化

ニューヨークで配管工を営む双子の兄弟マリオとルイージ。謎の土管で迷い込んだのは、魔法に満ちた新世界。はなればなれになってしまった兄弟が
>>続きを読む

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

3.7

「いいかよく覚えておけ。地平線を一番下に置けば面白い絵になる。
地平線を一番上に置けば面白い絵になる。
地平線を真ん中に置けば、くそ詰まらん絵になる。」

スピルバーグ監督の自伝的作品。

映画に魅了
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.6

韓国のベストセラーの映画化(原作未読)

結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨンは、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。「疲れているだけ、大丈夫」と夫のデヒョンにも自分にも言
>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

3.9

フランス・ベルギーのお馬鹿アクション

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマ
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.8

突如難聴になったドラマーのルーベンは、一緒にバンドを組む恋人ルーに難聴者のコミュニティに連れていかれる。難聴であることをハンディとして捉えていないコミュニティの人々と過ごしながらも、その現実を受け入れ>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

「誰よりも悲惨な目に遭ってるな。その必要ないだろ」

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、⺟のダブニーと暮らしている。⼩柄なスティーヴィーは⼒の強い兄に全く⻭が⽴たず、
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.5

「シャバは我慢の連続ですよ。 我慢のわりにたいして面白うもなか。 そやけど、空が広いち言いますよ。」

西川美和監督、役所広司主演。キネ旬2021年度日本映画ベストテン4位。

下町の片隅で暮らす三上
>>続きを読む

ボトムス ~最底で最強?な私たち~(2023年製作の映画)

3.5

「ボトムス ~最底で最強?な私たち~」
アメリカのスクールコメディ

レズビアンの主人公がチアリーダーとデートするためにファイトクラブを始めるが…

うう~ん…。大傑作「ブックスマート」っぽい作品、と
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.4

「同じ日がループする。よく聞く話だろ?」

舞台は砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス。妹の結婚式で幸せムードに馴染めずにいたサラは、一見お調子者だが全てを見通したようなナイルズに興味を抱く。いい雰
>>続きを読む

>|