アイランドの作品情報・感想・評価

「アイランド」に投稿された感想・評価

後半の街の描写がすごく好き。
遠くない近未来の話。浮いている車もあれば車輪の車もある。
トランスフォーマーでも同じ風景を使った場所があります。
探してください
ぽいど

ぽいどの感想・評価

4.2
「自我の芽生えたクローンの逃避行」というありふれたSFの題材ではあるが、マイケルベイの作家性が爆発した派手で楽しい映画だ。前半は結構地味だが、途中からのアクションはバッドボーイズにオマージュを捧げたものや、トランスフォーマーの前哨戦といえるような派手なものばかり。ちょっとアホくさくて笑える場面があるのもマイケルベイっぽくて良い。似たような題材で傑作が多いので、割と風化していきそうな映画ではあるが(実際してそう)、THE 映画って感じて気軽に楽しめる。
臓器売買、そして今広まりつつある再生医療…といったあたりからのウソ世界からの脱出アクション映画。外界の黒幕等、奥の方との関係の描写はかなり適当で、とにかく知能プレイなしに純粋に暴れるのみ。見ごたえのあるしっかりしたアクションだが、逃亡アクションが延々30分とか続いたりとかなり長いので、ダレる人はダレるかもしれない。
クローンだろうと人である以上心はあります!の定番作品。行き過ぎた人類の進歩の未来への警告てきな作品の中では僕の中ではベースとなる作品です。
わたしを離さないで、ではクローンであることを静かに受け入れていたが、こちらのクローンは戦うのでした。
どちらも作品も好きです。
初Michael Bay。全然興味なかったけど、まあ映画について何でも知りたい人間だからね。
まず、ダサい作品だ!映像とスタイルはどうでもいい。プロダクトプレイスメントもヤバい。SFなのにめっちゃ2005年じゃないか。笑
あとは、ちょっと浅くて考えるべきのないSFアクション映画としては悪くない。とにかく楽しかったよ。半分SFで半分バカアクションという感じで、マクドのハンバーガーのような作品だ。「美味しい」とは言いたくないけど、結局充分美味しい。
リ

リの感想・評価

3.7
数年前にレビューしてたけど削除して再レビュー。
最近ユアンマクレガーの魅力にジワジワと引きずり込まれているため、自宅にあった今作を再鑑賞。ストーリー分かっててもだいぶ楽しいな〜

いや、、ジャケットから好みなビジュアルのユアンマクレガーや、、って思ってたけどその通り。カッコええ、、、スカヨハも美しい コロニーで最初に疑問を抱き始めるリンカーンイケメン。ボクシング的なゲームでスカヨハにボコられるリンカーンくん最高

設定もすごい好きだし、絶妙なSF感、、この設定でこの雰囲気は面白くないわけない。
しかし圧倒的ご都合主義には突っ込みたくなる。
施設を出てからというもの一度もご飯食べてないしお腹すいてない?!大丈夫?!ってなった(そこ)
ド派手なアクションも最高ではあるんだけど、SFどっかいったな、、序盤はいい感じに醸し出されていたSF感だったけど、もはや中盤マイケルベイ感しか残されてなかった

そしてなによりも最高なのが二人のユアンを楽しめることですよ、、、メガネかけてスーツで決めてるクライエントver.ユアンがドチャクソかっこいいやないかい、、
突然のプレイボーイユアンの登場にこっちもカッコいいいってなる楽しさ
あの壁に貼ってあった写真たちの登場シーンあそこだけとかもったいなすぎませんか、、サングラスも似合うね、、それ納めた写真集出してや、、

片方はちょっと嫌な役になっちゃったけど、味方も敵もどちらもユアンなおかげでユアンを憎まずに済むというおかしな感情になった

なんとなく無邪気っぽくて、知能が15歳程度な感じは節々にちゃんと感じられて良かったし、(それにしても普通にリンカーンの生存力高すぎ。潜在能力ありすぎ)それゆえ紳士というかここでも純愛のユアンだったので結局ユアンマクレガーは安心安全の良い男というお話だった
玖弐

玖弐の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

アベンジャーズの女スパイとオビ=ワンの俳優の映画。
物語の最後に主人公たちが自由を手に入れたんだっけ?(忘れた)
moon

moonの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

クローンが脱走してクローンを助けるお話
アクションに見応えあり
>|