速水早苗は一足遅いの作品情報・感想・評価

速水早苗は一足遅い2022年製作の映画)

製作国:

上映時間:42分

3.3

あらすじ

「速水早苗は一足遅い」に投稿された感想・評価

一足遅いのがいいのか悪いのか。
一度の人生自分の生きたいように生きるのがいいし、人に迷惑かけない程度にマイペースにやるのが一番いい。
あんなパワハラ上司のいるとこなんか辞めてしまえばいいし、あのクズな同僚もしょうもない。

深川麻衣はどんどんいい女優になっていってるね。
泉澤祐希とのやり取りも良かった。
TERUTERU

TERUTERUの感想・評価

3.4

[ 速水早苗は一足遅い ]

名前から見て早そうな人。
でも遅いんです、
人より出遅れてしまうのです。

遅い人がダメなんですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早苗役の"深川麻衣"さん
『愛がなんだ』で知ってからこんな形でまた観れるとは嬉しいこの頃。

こちらはストレートに感動をお届け、ドラマチックなラストに涙がポロリ。
社会の厳しさの生きにくさとまた違い、
自身の性格による生きにくさを物語るOLさん。
早い事はもちろん良い。
じゃあ遅い事が全てが間違いか?

いや、向けるべき視線はそこではない。
否定ではなく、
自信を理解し、受け止める。
そして乗り越える意志があるかないかで、
あなたの行動が変わっていくのでしょう。
早いにも、遅いにも良き出会いがあって成功もする。

ゴールという目標に辿り着くまであなたのペースで良い、肯定してくれる母親のような愛情ある映画でした。


uni の試写会イベントにて、
「Huluクリエイター・チャレンジ」ファイナリスト5作品の1つ。

Huluにて鑑賞できますので。


2022/No.009
shiron

shironの感想・評価

5.0
あくまでも私自身の個人的な感想ですが。
上司のパワハラ描写がちょっと心配になってしまいました。
「それじゃ訴えられちゃうよ〜」
もちろんそんな展開にはならないのですが。
テーマはとても素敵なのに、変に気になってしまって残念でした。

ゆっくりでも、レースから離脱しないで走り続ければゴールが見えてくる。
ちょっと思っていたゴールとは違うかもしれないけれど。
確かに。この年になって思い返すと、無駄な経験は何一つ無かった。

本人語りが多いですが、お互いのことをあまり知らないから話せることもありますよね。
偶然の出会いがもたらした奇跡。
人通りの無い交差点で、白んだ空気に包まれてしまう名残惜しさにキュンキュンしました。
なり

なりの感想・評価

3.5
uni試写会にて!

何をするにも一足遅い主人公が、自分なりの生き方を見つける話。

5作品の中で個人的1番はこの作品!
自分がマイペースやから主人公にめちゃくちゃ感情移入できて好き。

もしかめとか、自転車でランニングに抜かれたりとか、遅さを表現するシーンが多くて筋が通った綺麗な映画。

希望に満ちたラストでジーンときた。
一歩の差で電車に乗り遅れる、整理券が自分の前の人で配布終了になってしまう、限定品が一瞬の差で無くなって買い損ねる等、誰でも一度ならず経験したことがあると思う。
本作のヒロイン、速水早苗は名前とは裏腹に常に一歩遅くて様々なチャンスを逃がしている。
だから会社ではパワハラの格好の標的になったりしたり、やっと同僚と恋人関係になっても裏切られたり、疎遠ではあるが、母親が倒れて意識不明になったりして、正に泣きっ面に蜂状況に陥っていく。
だが「禍福は糾える縄の如し」ではないが、不幸などん底状況での出会いが、さくらに新たな一歩を踏み出す勇気を与える。
HU35ファイナリストで最年長の上田迅監督は、自らの人生を振り返って制作した本作に、思い通りにいかない人生でも諦めずに頑張れば、きっと「奇跡」や「幸福」が訪れることを希望を持って描き出している。
REN

RENの感想・評価

3.9
タイトルの通り主人公はとにかく遅い!自転車なのにランニングの人に追い越されるくらい。そんな彼女が遅いなりの幸せを模索する物語。
遅いものは遅い。どうにもならない。彼女ならではの苦悩を肯定できる人はどれだけいるだろうか。しかし世間の言う「普通」に馴染めず、もしくは辟易している人は多いのではないか。そうした悩みとぶつかった時、自身はどうするだろう。
駄目でもいいじゃん、駄目でも成功した人はいるんだから。ある意味開き直りである。しかし自己を見つめる瞬間でもある。
それが自分なのだから。遅くてもいいじゃん、と優しく肯定してくれる温かい物語。
Yellowtail

Yellowtailの感想・評価

2.5
Hulu U35クリエイターズチャレンジ

おかあさんと娘の留守電の部分は、とてもよかったし、感動。

ウーバーの男の子との話も良かった。

ただ、上司の部長…あれは前時代すぎて…あんな人いないよ…

あと、速水さんの一足遅い感、ドジっ子感も、ちょっとわざとらしく見えてしまって、
特にアイスとかカレーパンとか、
客観的に見て少し冷めてしまう部分も…

同僚の男の子のパンツ姿もちょっとだけ古く感じる

仕事する時のパソコンがマックで充電繋いでなかったり、細かい部分もちょこちょこ気になってしまった
でヤス

でヤスの感想・評価

4.0
私も大概一足遅いんです。高校の時に好きだった人には「中学の時、好きだったのに」と振られ、野球は大体降り遅れるし、危機感持った時にはもう遅くて留年するし、仕事でヤバいと思ったときには案件は炎上してるし、今になっても死んだ母親に伝えたかった事はいっぱい出てくるし、愛した人には振られてから「あの時こうしていれば」って思う事ばかり。
でも人に恵まれてここまでやってこれた。決して裕福じゃないけど、悲しい事は多いけど、その分小さな事が幸せ。こんな私だから遅くなっちゃうかもしれないけど、私を気にかけてくれる人達に少しずつ感謝を返していきます。いつもありがとう。
深川麻衣の切ない表情で作品がグッと深くなる。

あなたにおすすめの記事