コラテラル・ダメージの作品情報・感想・評価

「コラテラル・ダメージ」に投稿された感想・評価

せいき

せいきの感想・評価

2.5
劇場で見たけど、なんか着地点を見失った感じ。
中盤の間延び感もハンパない…
我慢の映画

子は親の本質を見抜く!


父は妻子の復讐の為に南米のゲリラ地帯に単身丸腰で殴り込む!


女性の本気の嘘は見抜けない!笑

あ〜 怖い怖い (-.-;)y-~~~
lilpencha

lilpenchaの感想・評価

2.5
シュワちゃん要素があんまりないのが残念
ストーリーといい迫力が感じられない
シュワちゃんが出ていてテロを題材にしてる映画にも関わらず、アクション控え目、ストーリー重視な流れですが、そのストーリーも言うほど優れている訳でもない…

悪くはないけど、かと言って特別面白くもない。可も不可も無いという感想が一番似合う作品。
まず消防士の設定だが必要性が全くない。
次に展開のテンポが悪く必要性のない場面が多い。映像も安っぽくB級感が物凄い。
アクションについてはいつものシュワ比で言うとストーリー重視感は出ているが、シュワには派手にやって欲しいのが本音。
aoneko

aonekoの感想・評価

3.2
男シュワルツェネッガー映画。
シュワちゃんの男臭さはいまだに好きです。
銃撃戦が少ない(シュワ比)
ストーリーに力を入れている(シュワ比)
Aya

Ayaの感想・評価

2.8
良くも悪くもシュワちゃんがシュワちゃんしてる映画
消防士の設定である必要性ww
必要ないシーンが多くて全体的にテンポが遅く退屈だし、爽快感も少ない
敵地にひとりで乗り込むとか無謀なアクションすぎて微妙だった
satchan

satchanの感想・評価

3.5
久々のシュワちゃん映画。中高生の頃、大ファンで雑誌の切り抜きを集めてました。『逃亡者』『チェーン・リアクション』のアンドリュー・デイヴィス監督作品。

コロンビアの街で助けた親子が、テロリスト、ウルフの妻子として登場する辺り、出来過ぎた偶然が映画らしい映画。シュワちゃん映画らしい流れで、安心して気を抜いて見ていて、大丈夫。

ウルフ役のクリフ・カーティスは、『コロンビアーナ』『トレーニング デイ』などにも出演していたので、中米出身かと思いきや、ニュージーランド出身のマオリ族だとか。スペイン語も話していたような気がしますが、後から練習して習得したのかな。

セリーナ役のフランチェスカ・ネリーは美しく、ゴーディー(シュワちゃん)がすっかり騙されてしまいますが、国務省で寝返った後の表情が怖っ。ゲリラ地帯で、ゴーディーの傷を癒してくれていた優しさは一体どこへ?

爆弾事件で妻子を失ったゴーディーも、コロンビアで娘を失ったセリーナも、復讐に燃えている親としては同じ立場なのに、アメリカ優位なところがハリウッド映画らしい。同じ復讐でも一般市民を巻き込むとテロということ。ゴーディーも、コカイン作ってる人とか、割と沢山殺したけどな。どうなんだろ?
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.5
ある消防隊の男性。テロにより愛する妻と子供を失う。復讐のために単身でコロンビアに乗り込む、、、。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の復讐劇。コラテラル・ダメージは目的の為の犠牲と訳されている。

テロによって被害を受けた家族というピンポイントにフォーカスされている。家族失えば復讐したくなるという父親の感情がより一層に描かれている。

強い復讐のためにアクションは清々しいというより重々しく感じる。

これもコラテラル・ダメージだといってオフィスで暴れるって、、、なんかギャグじゃないですか笑
>|