ランボー3/怒りのアフガンの作品情報・感想・評価

「ランボー3/怒りのアフガン」に投稿された感想・評価

UT

UTの感想・評価

3.2
シリーズ3作目。
今回を総括すると、あそこまでリスクを負って戦う理由が少し弱かったような。
大佐の頼みだし、ソ連軍がしてることは残忍だし、少年の為てのもわかるけど、こんなに他人のために戦うのは初めてじゃないですか。 先生?助けるてのもありますけど、もっと明確なのが欲しかった。
そしてやっぱり強い。 むきむきボディで痛みを我慢して敵を蹴散らす。そして去り際はクールに。 スタローン様イケメンです。
C

Cの感想・評価

1.5
傷口になんか泥がなんかすり込むシーンに うわぁ てなった。

痛みなど精神力で消せ。 教訓にしたいです

あとランボーに髪の毛を切らせたいです
トム

トムの感想・評価

3.8
ランボー、アフガンに行くの巻

大佐を助ける為に、再び戦場に。

今度の相手はソ連軍

アーチェリーで敵を倒すシーンが大好きで、高校生の時に部活でやってました(笑)

最後のランボーの乗った戦車VS攻撃ヘリは迫力満点。

話は変わりますが、今度はエアコンが壊れました…

保証が切れてから壊れる…って思って保証書みたら10年保証を付けてました(^^)

よくぞ10年保証を付けてくれたと、5年前の自分に感謝(笑)

暖房無しは辛いです…と言っても九州は10度位あります。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.9
年取ったなあ、パート2があれだからもう痛快アクションになってしまったし、オチもどうだっていい感じ
lag

lagの感想・評価

3.7
もう少し万人受けするものを、そこそこ現実味のあるやつを、続編主義、。

ぱっと見の全体的な印象は、前作もそうだが、某潜入ゲームや某戦争ゲームをやったことのある人ならニヤニヤするところがあるだろう。という感じ。
戦争の虚しさみたいなのがあまり感じられず、ド派手なアクションとランボーの圧倒的な強さが見所。

今作はソ連が敵だけど、現在のアメリカとアフガニスタンの関係や、今までの道のりを考えると複雑な気持ちになる。
若かりし日に夢中になった作品。


劇中に出てくるソビエトの巨体ヘリ。

本当はMi-24を出したかったけど、

予算の都合上?

政治的な側面?

諸々あって

実際にはフランス製のSA330ピューマを改造して作られたプロップだったのはマニアなら言わずもがな。


もう一度観るかというと

どうでしょうかね。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
寺を直したり格闘技ギャンブルで生活してたランボー、ソ連捕虜になったかつての上司を怒りのランボーに変身して助けにいく映画

ランボー、器用だよね
ランボー無双の3作目
番外編のような雰囲気とストーリー
ひたすらランボーが強い
面白かった
基本的に戦争映画というジャンルの作品は「反戦」というメッセージを含んであるべきだと僕は考えている。
そのメッセージを視聴者に叩き込む手法のひとつに「人がたくさん死ぬ」というのがあると思う。
この映画はまんまそれ。戦争の怖さをなんだか痛快に味わえる。
ランボーは最後まで最高にカッコいいが、ランボーにだけはなんだか殺されたくない気もする。
>|