ランボー3/怒りのアフガンの作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー3/怒りのアフガン1988年製作の映画)

Rambo III

上映日:1988年06月11日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.4

「ランボー3/怒りのアフガン」に投稿された感想・評価

tomiosho

tomioshoの感想・評価

3.3
「怒りのアフガン」という副題がついてるから、政治的なにおいを感じてしまうかもだけど、単純に痛快な格闘映画。

1989年頃は毎日のようにレンタルビデオを見ていたけど、この映画から見出すようになった。私にとって記念的な映画。
3作目。

最新作「ラストブラッド」がなかなか凄まじい作品とのことで、早く追いつこうとしている次第。

1作目がかなりしっかりとした社会派映画で面食らったものが、2作目で従来のイメージ通り「筋肉バカ・ライフル乱射映画」となっていて、嬉しいやら悲しいやら。本作も、その路線の延長です。

それにしてもランボーが強過ぎる、というか敵の銃弾が当たらないのはもはや運なので、戦闘の神的な存在に近づいて来ている感すらある。

となると、「どーせ死なないんでしょ?」となって緊迫感は削がれるものの、無双する様自体を楽しむということはよりやりやすい。そう言う意味では引き続きの安定した面白さがあった。

ただ、過去2作はまさにアメリカが闘っていたヴェトナムを敵として設定していたので特に気にならなかったが、今回「アメリカ=アフガンの味方、ソ連=アフガンの敵」と第三国を介した欺瞞的な整理をしている結果、どうしてもプロパガンダ臭漂うというか、メッセージ的に余計なノイズが入る仕様となっている感は否めないなー。

とは言え早く5作目を観たい。次に進む。
yFujii

yFujiiの感想・評価

3.6
1の頃は意図的に人を殺さないようにしてたはずやのに、本作では1人/minのペースでバンバン死ぬ。こんな映画やったっけ笑
QooMe

QooMeの感想・評価

3.9
ランボーシリーズで1番好きです。あっ最後の戦場は除きます笑。それでもベトナムでの戦いは迫力あります。
龕裡

龕裡の感想・評価

3.7
今までで見たランボー1,2,3の中で一番外連味があって、見ていて楽しい
ハインドとランボーの運転するT-72が刺し違えようとするシーンは色々吹っ切れてて面白い
財前

財前の感想・評価

3.5
今度はトラウトマン大佐救出のため砂漠へ

ラストに「この映画を全てのアフガン戦士に捧げる」とテロップが。
まさかこの後アメリカの敵になるとは 苦笑

今だったら敵は中国になるんだろうけどハリウッドの資金源だから あり得んなぁ。

シリーズを追うごとにスタローンの体が仕上がっていくww

派手さが増して殺した数は一番多いのに、これだけ印象が薄い。見に行ってないのかな。

スタローン吹替(ささきいさお)


〔BS録画:吹替〕〈4Kレストア版〉
よーだ

よーだの感想・評価

3.0
タイの寺院で平穏な暮らしを手に入れたRambo(Sylvester Stallone)。遂に彼の戦争が終わったと思われた矢先、敬愛するTrautmanがアフガンでの物資輸送任務中にソ連軍の捕虜になったと報せを受ける。


◆“最も暴力的な映画”

101分の本編の中で、108人もの死が描かれているという過激さから、《最も暴力的な映画》として1990年度のギネスブックに認定されているそうな。

確かにランボーの暴れっぷりのみならず、ソ連のヘリによる銃撃でムジャーヒディーンの皆様方が次々と蜂の巣にされていましたね。

戦死者数の自体は確かに多いかもしれないけれど、ゴア描写自体は少なめ。一番印象的なのも首吊り×手榴弾の洞窟花火コンボくらいじゃないか?


◆“すべてのアフガン戦士に捧ぐ”

正直このエンドテロップには驚いた。

一作目はベトナム戦争を痛烈に批判した作品であったものに対して、二作目はエンタメ方向に舵を切りつつも“祖国に、国民に、愛してもらいたい”という帰還兵の心の叫びが描かれていた本シリーズ。

三作目にして遂にアフガン紛争への介入に対するプロパガンダと化してしまった。
戦争について否定的なメッセージを伝えていた筈の作品が、打倒ソ連を掲げるアメリカの軍事行動を肯定するメッセージにとって代わる。

アフガン戦士を賛辞した結果、敵国ソ連はアフガンから撤退したものの、今度はアフガン内でタリバンやアルカイーダなどの武装過激派組織が台頭。対テロ戦争へと移行してしまうのだから、何とも皮肉なお話。
1988年公開。元上司の大佐がアフガニスタン駐留ソ連軍に捕まり、それをランボーが救出にゆく。
前作以上に派手な戦闘シーンで破壊大好きには満足な102分。
★気になって調べてみた
当時、アフガニスタンは共産主義政党で内乱を抑え込むためソ連に軍派遣を何度も要請。その後約10年間駐留したが、ソ連にとつてのベトナム戦争と言われ、ソ連崩壊を早める結果になったのではと言われている。
アメリカは同時多発テロの原因のひとつとして2001年にアフガニスタンのタリバン政権への攻撃開始。2021年に撤退。
2019年にアフガニスタン人道支援を続けてきた中村医師が殺害された事が記憶に新しい。
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

4.0
1、2は暗く孤独な感じだったけど今作は正義の味方になった感じ。
悪く言えばただのアクション映画だけどそれでも桁が違うよな。

スタローンの目をアップにした画が最高‼️
男でも惚れるわ!
miuK

miuKの感想・評価

4.5
TVで放送されていたのを1作目から何となく観ているうちに面白さにハマっていきました。

1、2作目と比べるとスピード感がありアクションのデザインが面白くて飽きずに観ることができました。

相手の胸ポケットの手榴弾をカチャカチャからの蹴飛ばしてシュルシュルシュル、キュッ、ドカーンのシーンは鳥肌でした。
>|