ランボー3/怒りのアフガンの作品情報・感想・評価

「ランボー3/怒りのアフガン」に投稿された感想・評価

原題からついに、「First Blood」が消えてしまった。

今の時代となっては、色々と複雑な気持ちになる作品。
ソ連のアフガン侵攻に対して、最終的に、現地ゲリラと共闘してソ連軍と戦うことになるランボー。
…囚われになったトラウトマン大佐を救出、という大義名分のもと。「ロッキー4」に通じる冷戦時代の世界統治の煽りを食っていた彼らゲリラの中に、史実ではビン・ラディンがいたわけで。
これらの作品の偏りは、描かれる正義自体の片手落ち感は大きい。

大局的な二国間の正義とやらと、ランボーの個人の尊厳の物語は過去作以上に擦りあっていない代わりに、大作感とエンタメ性は上がってしまっているからこそ、余計に複雑。

というよりは、この二国間の政治的緊張は背景にまでぐっと後退し、前作の「怒りの脱出」よりは具体的にはなってはいるが、やはり、誰と誰が戦っているのか、というリアリティはまったくない。というかわからない。

ランボーは一人で戦っているのか、軍だったり地元のゲリラだったりの協力かどれくらいあるのか、とか色々気になってしまうし、最後までそれがよくわからない。

つまりそこまで描く気はないし、描けないのかもしれないけれど、やはりどちらか一方の正義によって描かれるフィクションとしては、リアルすぎる現実に対してフィクションとしての設定がそもそも噛み合っていない気がする。
当時、大ヒットはしたはずなので、悲しいかな、やはり、それらの語るべき内容は娯楽色を優先されたということになるだろうし、9.11以降のことを考えれば、なおさら眉間に皺がよってしまう。

あと、前作同様、スタローン以外にキャラ立ちしているキャラクターを特筆して描いていないというのもあると思うが、いわゆるド派手なアクションに対してカタルシスがまったくないわけではないが大味ではある。
ただし、「ロボコップ」のクラレンス。カートウッド・スミスが出てて驚いたし嬉しかった。

あと良かったというか、これはスタローンの発明なのかもしれないが、パート1にもあったが怪我して自分の手で治すというシーン。
怪我も痛いが、治療も荒療治(しかも薬はない)から痛い、という描写。
やはり痛みを感じる身体アクションというのにこだわってるのかなぁって思う。
すぐにピンピンして動くのだけれど、それらの描写があることでその無敵感がアップする。

それにしてもパート2からずっと、裸なんだけど、よく考えたら物語上、謎だ。
シリーズ第3作。
物量主義アクションの頂点を極めた傑作(だと思うのだがいかが?)。
その後、ソ連は崩壊し、アフガンではタリバンの温床となった・・。なんとも皮肉な作品だ。
ソ連、アフガニスタンの歴史の勉強になった。
アフガンはこの後どんどんおかしくなる...
ayaka

ayakaの感想・評価

5.0
日本語のタイトル「怒りのアフガン」って名付けた人、凄いよ!
ランボー、アフガンで暴れるのかってすぐに分かった。
これはもう凄く面白かった。
特に、傷口を火で炙るシーンはもう怖くて怖くてテンションが上がりました。
あくまで上裸を貫く男ランボーinアフガニスタン

「痛いか?」と聞かれれば「痛い」と正直に答えるランボーがぼくは大好きです

戦車と戦闘機が正面衝突しても生きてる男の生き様がここにあります

馬と羊を駆使した謎のスポーツも見どころです
面白かった。

舞台はベトナムの湿林からアフガニスタンの砂漠へ。

前作までと比べてお話がかなりすっきりしてアクションに振り切ってます。

唯一の戦友、大佐が捕まったからまた救出しにいく係。

もはや007ばりの展開。途中心強い助手を迎え、潜入救出脱出劇かと思ったら、

大佐とランデヴーしながらvsソ連軍!
出ました対ヘリでボーガン。
2もしかりでヘリからランボー1人に対して爆弾落としてくるのヤバいです。

傷口を薬きょうに火をつけて焼く、バキの安藤さんのやつが見れます。

そしてクライマックス、ランボーと大佐が取り囲まれたところに…
キングダムの函谷関ばりの鳥肌があります。

途中、アフガニスタンの戦士の闘う理由は美しいけど、それを助けるアメリカっていうのはどうも…。

全作通じて、アクションが生すぎて、痛い。
馬とか。何頭も何人も絶対怪我してる。

ダンケルクでやってたことって、本当にこの時代の映画は当然だったんだなっていう。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

2.1
ランボーっていったら怒りのアフガンじゃないとね!ってくらいこのサブタイトル有名ですよね。久しぶりに見て、やっぱ面白いなぁーと感激しました。4と5はたぶん見ない(なんとなく)
えく

えくの感想・評価

3.8
ランボーがなんでまた戦場にって思ったらまぁ理由は納得
笑っちゃうようなシーンも結構あったけど終盤の展開は普通によかったです
abe

abeの感想・評価

-
爆発、銃声、騎兵隊、筋肉!うーんいい!最高!スタローンの体やばい!傷に火薬入れて燃やして止血するの笑った。機会があったらやってみよう!
前二作がそこそこ売れたからか、この作品はかなり予算が増えたのかと思うほど金がかかってる印象。
ヘリとか戦車とかがいっぱい出て来て、もはや戦争映画。
弓を使うシーンは待ってましたとばかりにかっこよかった。一歩間違えば死んじゃう雑な治療シーンもなかなか。
ランボーを毎回死地に向かわせる大佐もそこそこ頑張るやんけ!ちょっとは見直したぜ。
ただまあランボーっぽいかと言われるとどうだろう…これまでとは別物って感じ。
>|