アリタ:バトル・エンジェルの作品情報・感想・評価

アリタ:バトル・エンジェル2018年製作の映画)

Alita: Battle Angel

上映日:2018年

製作国:

あらすじ

舞台は数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女“アリタ(ローサ・サラザール)”はサイバー・ドクターの“イド(クリストフ・ヴァルツ)”によって助け出される。目を覚ましたアリタだが自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切ない。ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。その過程で世界の腐敗に気…

舞台は数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女“アリタ(ローサ・サラザール)”はサイバー・ドクターの“イド(クリストフ・ヴァルツ)”によって助け出される。目を覚ましたアリタだが自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切ない。ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。その過程で世界の腐敗に気づき世界を変えようと挑むが…自分は一体何者なのか?並外れた戦闘能力の意味するものとは?サイボーグの少女アリタの旅が今、始まる―。

「アリタ:バトル・エンジェル」に投稿された感想・評価

ハリウッド版「銃夢」
2018年7月20日公開予定

あらすじ
舞台は26世紀
スクラップの山で発見された
記憶喪失のサイボーグ少女・アリタ。
(原作では「ガリィ」)
戦闘術を頼りに賞金稼ぎをしながら
自らの過去を追っていく。

「銃夢」
集英社「ビジネスジャンプ」1990〜1995掲載
木城ゆきと原作


ジェームズ・キャメロン製作
ロバート・ロドリゲス監督

 キャスト
アリタ//ローサ・サラザール

医師のイド//クリストフ・ヴァルツ

アリタの宿敵ザパン//エド・スクライン

新たな悪役//ジェニファー・コネリー


テキサス州で、すでに撮影中
(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)
livedoor news シネマトゥデイ
2017/2/12