アリータ:バトル・エンジェルの作品情報・感想・評価・動画配信

アリータ:バトル・エンジェル2018年製作の映画)

Alita: Battle Angel

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「アリータ:バトル・エンジェル」に投稿された感想・評価

昔すごい予告編を映画館でやってたイメージ。アリータのバトルシーンがよく流れてました。まぁ結局見には行かなかったんですが…😅

面白かったですね。普通に映画館で見ても良かったくらい。

ストーリーや世界観も普通に良かったんですが、個人的にはサイボーグ同士のバイオレンスなバトルが大好きでした(•ө•)♡
もうね、体がバラバラになるのは当たり前。サイボーグなんで流石にグロくはないのですが、痛々しい感じが伝わってきて…たまんねぇッス!

終わり方的に続編あるのかな?続編期待してまーす!
A

Aの感想・評価

3.4
映像ーーーーーーー!えぐ!

ほんっとに映画館でみたかった!!!
何か訳あって観れなかったんだよね


いやー、映像!とにかく映像美!

最後なんだ ゾクのか?
MrKATO

MrKATOの感想・評価

3.0
木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、ジェームズキャメロン製作により実写化。CGによるヒロイン、アリータ。CG(アニメ調)というのはわかっていても、生き生きとしたその姿に、次第に感情移入してしまいます。ストーリーもまさに荒唐無稽でマンガですが、あれよあれよという展開で最後までグイグイと引っ張ってくれます。
しん

しんの感想・評価

1.5
ストーリーも主人公の言動も全てが稚拙でしょーもなかった。一応最後まで見た。
不気味の谷を登ったり降りたりする不思議SF。ジェニファー・コネリーが突然どこにでも現れるビックリホラーの側面もある。

捨てられていた女性サイボーグを修理してみたら戦闘のエキスパートサイボーグだったという話。

アリータの造形はキレイなジャイアンならぬ、キレイなゴラムみたいな不気味な愛らしさがある印象を受ける瞬間が何度もあった。
サイバーパンクと80年代映画の空気感が再び脚光を浴びている時代に作られているのに、全然ハネてないのは単純に脚本がひどいから。原作の面白いところを中途半端に詰め込んでしまったおかげでキャラの掘り下げが甘くなって感情移入しずらい。
あと男臭い映画しか撮ってこなかった監督のセレクトに疑問を感じてしまった、個人的にはワンダーウーマンの監督かタイカ・ワイティティに撮って欲しかった。ロバート・ロドリゲスみを感じたのはザパンの顔チョンパだけであった。
ディスティ・ノヴァはジョーカーのような善悪の境界線を軽々と越えて行き来する嬉々とした狂人として描いて欲しかったなぁ。

スカヨハの攻殻機動隊と共にこれが実写化されたらどうなるんだろうかとワクワクドキドキした10代の頃の自分の期待を見事に裏切ってくれた。

続編は観たくないけど
リブートしてサブスクでオリジナルの10巻をドラマ化したら観るかもしれない。
影千代

影千代の感想・評価

3.4
22100
主人公だけがCGアニメのサイバーパンクアクションという、斬新な作品。こんなことジェームスキャメロンしかやろうと思わないのでは。
確かに、ローラーボール(だっけ?)の中途半端さに象徴されるように、脚本はもう一つ完成度上がってない。
とはいえ続編は観たいけど、もうしばらく先だろうな。
tkb

tkbの感想・評価

2.8
SF漫画の金字塔、銃夢の実写映画。
原作の序盤が舞台。
続編作る前提でめちゃくちゃ大きな伏線残して終わるが、もう絶対続編作られないだろうな感が漂ってる。
映像はキレイ。
 CGの使い方がうまく、アリータの表情(特に口)や世界の表現レベルが高い。
 マハーシャラ・アリ演じるベクターの存在が親玉の傀儡としてしか機能していなかったのを筆頭に、全体的にキャラクタの使い捨て感が強かったのと終盤のストーリー展開はいただけない。
 期待値3.0
Sora

Soraの感想・評価

3.9
第一印象は顔キモ、だったが今だから出来る実写化感が満載の映像クオリティ。
どこで連載してたんだか知らないが、容赦のない死、このスリルこの興奮、SF×白兵戦は良い。
uemon

uemonの感想・評価

3.8
ずいぶん前に見た
面白かった!アリータの顔はだんだん見慣れてくるけどアニメ
>|

あなたにおすすめの記事