リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦いの作品情報・感想・評価・動画配信

「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」に投稿された感想・評価

何も考えずに楽しめる19世紀のアベンジャーズみたいな映画。

昔の映画だからVFXがわかりやすいくらいに描かれていたり、ストーリーの展開がある程度読めたりする。それでも楽しめるからいいと思う。
黒旗

黒旗の感想・評価

3.0
次作の頓挫で観るのためらってた作品だがコネリーさんを忍ぶつもりで鑑賞。まあ悪くはない。少なくとも作品への愛は感じることができた。コミックヒーローが溢れる昨今、アレってハルクだよなとかどうせ言われてるんだろうが、モネ船長やジキル博士をリーグのメンバーとして登場させているところが個人的に好き
リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い鑑賞!
ファントムはイギリスとドイツに攻撃をしかけ世界大戦を誘発しようとしていた
キャラそれぞれの弱点や関係性がまとまっていてとても見やすい
透明人間の実態の見せ方が上手い
超人達が力を合わせて戦うドリーム映画!
以前観たような気もするけど、全く覚えて無かったから休みの日にサクッと観る程度の映画かなー
ヨーロッパの裏で暗躍する謎の組織に超人たちが結束し立ち向かう。
進んだ科学に対抗するのは、それを越えることができる何か…。

ヴァンパイア、凄腕ハンター、透明人間、二面性の獣、それぞれに物語を持つ能力者たちがど突きあったり、協力したりと面白いアクション映画。
無駄に話が長くなく、基本動いてるような展開なので飽きることはなかった。

Xメンとか好きな人は気に入りそう。
ややファンタジーよりだけどね。

個人的にはネモ船長が推し。
そこまで大きくする必要ある?ってくらいの巨大潜水艦にロマンが詰まってる(笑)
超人紳士同盟って訳してんのかの巻

古典文学の主人公や怪人・怪物が集結してオペラ座の怪人・ファントムの陰謀を阻止するお話
アラン・クォーターメインを筆頭にドラキュラや透明人間、ジキル&ハイドやトムソーヤなどそうそうたる顔ぶれで期待せずにはいられない
しかしながら期待もチームが集まるまでで、その後のお話がイマイチ乗れない
誰もが名前くらいなら知ってる有名な人物たちですが、人となりもソコソコに端折るのでは深みが感じられず薄い感触しかないです
ダークユニバースは最終的にこんな感じのことしたかったのかなと遠い目をする作品(適当
アメコミ原作らしく、古典ヒーロー揃い踏みでまあまあ楽しめた。でも1回でいいな

ノーチラス号がぶっとんでて、まあそれもいいのかも

最後は悪をやっつけてめでたし

このレビューはネタバレを含みます

映画【リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い】感想(ネタバレ)
テンポ重視のあっさり風味のヒーロー映画でした。 https://umemomoliwu.com/the-league-of-extraordinary-gentlemen
間違いなく傑作。
なんやろう、やっぱこの時代のいい意味でこのくらいの内容の大作映画って俺の地肉になってんねやろうな。
manchan

manchanの感想・評価

3.2
なぜか定期的に観てしまう。
超人同盟って言葉は魅力的なんだけど、全員の持ち味がそこまで発揮されないのが勿体ないのと黒幕が有名キャラベースの割に小物感がすごい。
でもショーンコネリーは存在感含め別格!
>|

あなたにおすすめの記事