トロンの作品情報・感想・評価

「トロン」に投稿された感想・評価

KAMIKEN

KAMIKENの感想・評価

4.0
形とか物体の動きとか色合いとか発想とか当時の想像力に圧巻される
ayakaroll

ayakarollの感想・評価

3.5
コンピュータ世界を
こう描きたい…!
描きたいってのは、分かる…!
表現したいことはかっこいいはずやねん!
でも映画を作った時代が古すぎたのか。。


アナログチックなデジタルな世界が
ハマればめっちゃ好きだと思います!
あたしはハマったタイプでした
yuji

yujiの感想・評価

-
開始15分で寝てしまった。期待し過ぎた、、
当然ながら映像古い。
お見事!!!

だいぶ前の映画ではあるものの、
コンピュータの世界が
見事にエンターテインメント性を
含めて、 よく表現されている!
レガシーよりも全然面白い!
近代的メトロポリスって感じ🤖
あと最後の白のモヘアニットの破壊力たるや…
映像や世界観以上に無機質な人間ドラマ

「ストーリー云々は最短で終わらせて、たっぷりとフルCGの世界観を見せよう!」という意気込みだったのか、驚くほどにドライなストーリーに仕上がっている。公開当時はそれで十分だったのだろうが、時代が流れ、もはや当時のCG云々は懐古趣味的な目線でしか楽しめないほどに技術が進んでしまった今、ストーリーがキツイ点は大きな痛手となってしまっている。そう思うと、時代を越えて愛される作品というものはやはり物語が強固なものに絞られているのかもしれない。

とはいっても、SFの発展に貢献したという意味では本作の存在は大きい。特にCG映像などは時代が進むにつれ精度が増していっただけなので、方向性としてはこの作品の時点で完成していたのかもしれない。

個人的には、ウェンディ・カルロスの劇伴目当てに観た側面が大きかったので、その点に関しては満足だった。意外だったのは、ゴリゴリの電気音楽かと予想していたが、実際にはオーケストレーションとシンセサイザーをうまいこと配合させていて、映画らしさと電脳世界(?)らしさを両方感じられるうまい音楽であった。この辺りは、リメイク作品の音楽を担当してるダフトパンクと比較すると、時代によって劇伴の捉え方が異なる点に気づかされる。

なんにせよ、観ておいて損はない。ただ、なんというか、資料映像的な趣きではあった。
たくま

たくまの感想・評価

2.6
CG映画の金字塔作品。平成生まれの僕からすると映像はチープだし、演出も笑っちゃうほど突っ込みどころしかないけれど、この映画があったからこそ現代の素晴らしいCG映画が生まれているのだと思います。その事を考えると名作中の名作だと思います。

演出0.4
映像0.4
配役0.6
物語0.6
音楽0.6
合計2.6
栗まろ

栗まろの感想・評価

3.7
プログラマーがコンピュータ世界へ入り込む話。CG映画/コンピュータ系SFの黎明的な作品。

1982年、今みたいにコンピュータが普及してない中でこの世界観を作り上げたのは凄いの思う。
更に、CGをふんだんに使った初めての映画だとか。正に時代を先取りした映画。

コンピュータ世界や、ライトサイクルのデザイン、色彩が良い感じ。フリスビーみたいなディスクがメインウェポンなのも独創的。

コンピュータ世界での衣装が顔のパーツでしか個々を判別できない(髪もヘルメットに隠されてる)ので、登場人物の顔を見分けるのが最初は難しかった←

ちょっとテンポが微妙かなって思う瞬間があったのが残念かな。ビジュアルと設定に労力を費やした感。

でも中々楽しめました。
80年代のアメリカ映画の空気感とか好きなのもあるかもやけど。
Komarov

Komarovの感想・評価

4.0
設定も面白いけど、映像がレトロで可愛く、CGもワクワクしてきます。流してるだけでも楽しそうな映画。
かーく

かーくの感想・評価

3.2

スターウォーズみたいで見てるだけで楽しい世界観だけど話は…レディプレイヤー1もそうだけどこの設定は夢あって良い
>|