リディックの作品情報・感想・評価

「リディック」に投稿された感想・評価

ストーリーがもっさりしていて、人物の心のすれ違いがテンポを悪くして、アクションも少な目で寝そうになる
犬

犬の感想・評価

3.3
ティーカップ

首に懸賞金がかけられた宇宙最強の脱獄犯リディック
旧友の住む星に向かった彼は、強力な軍事力と統率力で宇宙の支配を目論む集団ネクロモンガーと遭遇する

本作のデヴィッド・トゥーヒーが監督・脚本を務めた「ピッチブラック」の登場人物リディックを主人公に、彼の新たな冒険を描くSFアクション大作

前作を見なくても楽しめるかな

アクションは見応えあり
ストーリーはそこそこ

ヴィン・ディーゼルやっぱり最強!
見えないのが強いし怖い

失礼だけど、こんな作品にジュディ・デンチはスゴい
記憶の中にあるピッチブラックはかなり面白かったという記憶があるのだけれど

リディックシリーズのそれ以外の2作は何だかなぁという感じ
3作目はドウェインジョンソンのPV感がすごくて何だかなぁはあったけど対モンスターのアクションは面白かった

2作目はなんだか設定やら政治的な勢力やら
ピッチブラックでワクワクしたリディックの能力やワイルドさと残酷さが活き活きとしてない気がするし
敵もなんだかスカしてる感じがして、全然アドレナリン出てこない印象
前作『ピッチブラック』を知らずに鑑賞。色々な所で前作からの話が垣間見える。失敗。

結果的にロードマーシャルを倒せたし、知ってか知らずか次の王になった事で全員服従。都合良過ぎじゃないか?
riekon

riekonの感想・評価

3.0
前作よりもかなりスケールアップしていて見応え充分でした。
CGは凄いし綺麗なんですが室内や街の中や銅像がセットぽいのが残念でした。
でもリディックもネクロモンガー(この感じ好き)もカッコ良いし、ラストもありきたりではなくて楽しかったです。
nanako

nanakoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これは試写会が当たったんだけど、運悪くお仕事で行けなかった映画で、こうなったら絶対見るもんね。(こうなったら絶対見ないもんね。ってならない所が私の良いところ)と思っていたら、割と早いうちに見に行くことができました。
私も見るまで半信半疑でした。おもしろいのか?
答えはおもしろい!

まず、リディックは『ピッチブラック(2000)』の続編なのです。
もちろん、前作見て無くても全然平気。でも、できれば見ることをオススメします。

リディックはお尋ね者です。一応悪いヤツ。でも、ポリシーを持っている悪いヤツなのです。
過去にリディックに憧れていたキーラに会いにクリマトリアの刑務所に行った場面で、確かこんなセリフがありました。
『仲間を信じる悪いヤツと、力にへつらう悪いヤツがいる』みたいな事。
ごめんなさいね。超うろ覚えだけど、でも、自分なりのポリシーを持った悪いヤツなんだですよ。リディックは。

今回の映画でいきなり出てくる設定なんだけど、全宇宙の支配を目論む狂信集団ネクロモンガーの侵略を止められるのはリディックだけ。
ネクロモンガーの一番偉い人、ロードマーシャルがフューリア人に滅ぼされると予言され、フューリア人を徹底的に殺してきたんだけど、リディックはその生き残りだから。

世界観やセットやCGは凄くいいと思います。
リディックもとってもかっこいい!完璧な正義でない所が、人間らしくて惹かれちゃうのかもね。
偽善的でないのでわざとらしい感動!にもならない所も好感。自己犠牲でもないし。
…そういうアメリカ映画を見ても、素直に感動するんだけど。

今回の『知ってる人』(過去のレビューも併せてご覧下さい。私は見る前に下調べはしていかない方なんですが、映画を見てこの人知ってる!出てたのね。。とか、この人見たことある、誰だっけ?って言う人を単に『知ってる人』と言っています)は、ヴァーコ司令官役のカール・アーバンです。
ロードオブザリングのエオメルね。
…なんだか渡辺謙ぽくない?!と、妙に親近感のわくキャラでした。

もちろんリディックかっこいい!ひょうひょうとしているけど、ちゃんと見ててくれて、筋も通っている。(もちろん私はキーラの目線で見てる)

ラストの意見は分かれる所でしょうけど、私は超納得。そして続編も見たいなぁって思っちゃいました。
ヴァーコの立場はどうなる?リディックと戦うの?って思ってたんだけど(普通リーダー殺されたらそうかなって)、意外な結末と、それを一言で納得させられて、ラストとしてはいいんじゃないかなと思いました。
えこ

えこの感想・評価

3.0
前作が惑星脱出劇という限られた状況だっただけに、世界観も広がり新たなリディックの一面も見れて楽しいのだけれど、如何せん世界観に頼りすぎて全て浅い気がする…
前作で、心理戦の雰囲気もあり緊迫した攻防やリディックの眼の力、SFらしいビジュアルが上手く混ざりあって滅茶苦茶いい感じの映画になっていたのに、今作いや~勿体無い…リディック主人公だけどヴァーゴ周辺の比重が大きすぎて深みで言うとリディック負けてない?勿体無い!!

しかし、監獄のところは素晴らしかった
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

リディックシリーズ第2弾

相変わらずヴィン・ディーゼル
格好良いな。
ゴーグルも暗闇で光る青い目も
似合ってる。

今回はエイリアン要素は少なめ。
陰謀論中心のストーリー。

1匹狼が
まさかの王になってしまう展開に
驚きを隠せないw
まさかのスペース・オペラになった作品。
思い入れがあるからこそ出来たらしいですが、ディレクターズ・カット版も観てますが自分は好きです。
素麺

素麺の感想・評価

2.6
リディックサイドのマッドマックス的アクションパートに対して、ネクロモンガーサイドが「超訳シェイクスピア戯曲 マクベス」って感じで、1本の映画の中でテンションが違いすぎて二画面で映画2本同時に観たみたいな気分になった。

結局なんだったのか。

カール・アーバンがかっこいい。
>|