スクワームの作品情報・感想・評価

「スクワーム」に投稿された感想・評価


これ子供の頃にテレビで何度か

すごく気持ち悪くて衝撃だった…
はらはらしながら観た思い出。

もう観れないかもなー
ニョロニョロとしたビジュアル
再鑑賞。観たことすら忘却の彼方へ消えていた。懐かしいジャケットをたまたまレンタル屋さんで見つけて即借り!

大嵐で送電線が切れ大量の電流が地中に流れ込む。それがきっかけで土中に居たゴカイがウジャウジャと這い出てきて町を埋め尽くす。ヒトもターゲットにされ骨だけにされる人、顔中の皮膚に入り込んだままの人…個人差あります。ストーリーもちゃんとあります。とにかくゴカイがたくさん。調べてみるとゴカイは本物と作り物の両方が出演してるとのことですが分別不可能なクオリティ。下積み時代のジェームズ・キャメロンが作り物のゴカイを動かしてたそうな。やっぱり食事中は観れないな。
虫系パニック映画ちょっと苦手なもんで今回思い切って借りて観てみたけど、やっぱり直視出来なかったorz
大量に出てくるシーンも見応えあるけど、数匹で出てくるのが一番リアリティあった。
人物とかストーリーとかはつまらないの一言だったので、ゴ○イが唯一の見所だったかな。
意外とちゃんとエンターテイメントしてる映画で驚き。
学校のシアターを使い、大スクリーンで観ることが出来たので感動した。
大画面で観るスクワームは最高ですね。
虫系トラウマ映画です。
高圧電線が切れたことで地中に電気が流れ、養殖ミミズがショックで地上に溢れだし、人間を襲うという。ミミズに喰われるという。
もう、ウネウネのミミズを観ただけでダメな人もいると思います。
シャワーからネチョネチョ出てくる絵面とか本当にキモくて大変よろしい。
ただ最後にもっと何かあって欲しかったかも。
綿木

綿木の感想・評価

1.0
小さい頃に海で砂掘り返してたらゴカイが出てきてびっくり、それ以来ゴカイが大嫌い🌚
でもこの映画はなんかたくさん出てきすぎてあんまりキモい感じがなかったので安心した😇
感想川柳「見所こそ 本物使って 欲しかった」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

嵐で破断した高圧線が地中に多量の電気を放出し、その影響でゴカイの大群が地表に出現、人々を襲い始める…というお話。

本物のゴカイを使ってるということで観てみましたけど、うん昔なりだねヽ(´o`;骨になるほど瞬殺で食われる奴もいれば、小一時間寝ててもかじられもしない奴もいる曖昧さは好きじゃないな〜(・ε・` )

ゴカイが床一面に集まってるのに気付かないほど酔っぱらうとはおめでたい人たちだ(*_*;

一晩で家を埋め尽くす程のゴカイが出てきたり居なくなったりはやり過ぎかな…┐(´д`)┌一番の見せ所?のゴカイの群れに突っ込むとこは偽物じゃなかった?(・_・;

むしろゴカイのアップが一番気持ち悪いとか(笑)( ̄▽ ̄;)

ハイクオリティなCGのリメイクなら凄そう(゜〇゜;)


んでまず(^_^)/~~
長虫系が苦手な自分にはのっけからゴカイのどアップで悲鳴が出そうになった昆虫パニックホラー。
高電圧で凶暴化したゴカイが大群で襲ってくる話。

観る直前に一応ゴカイの画像検索してみる。
更にハードルあげてどうする気だったのか。

ゴカイ風呂にゴカイ壁にゴカイ雪崩にゴカイシャワーにゴカイ顔面とゴカイづくし。
終始頭の後ろがぞわぞわしました。
一生分のゴカイを観たと思います。
ありがとうございます。
この気持ち悪さはクセになりそうです。
R

Rの感想・評価

3.5
嵐と雷のせいで電線が切れ、びよんびよんと暴れる電線から放たれた電気が地面を伝い、ゴカイというミミズに口がついてるみたな虫を活発化させ、人間を襲い始める! という素晴らしくバカバカしいワームパニック映画。そっち系の生物がまったくもって苦手な私に、果たしてこの映画を見通すことができるのだろうか、と不安だったが、案外大したことなくて拍子抜け。逆に愛すべきB級感で微笑ましいタイプの映画だった。いや、そりゃホンモノのゴカイがシャワー口から出てきたり、すさまじい量のそれがぐねぐね蠢いているシーンはまじグロい。けど、どアップのゴカイはエイリアンみたいで、想像してたほどエグくはなかった。まぁ好んで見たいモノでは決してないが笑 あと無数のゴカイが実際に人を襲うシーンとなると、完全に人間か機械がえっさほいさ動かしてるスパゲッティにしか見えず、ちょっとワロてまう。基本的なストーリーは、ジョージア州の田舎町に暮らす一家と、そこの娘とちょっぴり恋仲になっるNY出身のボンクラ青年と、彼に嫉妬する粗暴な男を中心にしてて、町の人たちがゴカイに食われて白骨化してたりする感じで、少々ヒッチコックの鳥を思わせるシーンあり。演出の小ぢんまり感&エモーションとゴカイの連動感もちょい鳥的。あと出てくる俳優たちの顔とか雰囲気が何かとても異様で、それも見応えありやし、ジョージア訛りの英語がものすごく田舎くさーいノーンビリした印象を全体に付与しているのも面白かった。ただカット繋ぎが変なとこが何箇所かあって、ちょっと集中途切れてまうシーンもあったわな。そんな集中して見る映画でもねーけどな笑 まぁ珍品として、一応見ておくのもアリ、くらいの作品でしたでしょうかね。
>|