スクワームの作品情報・感想・評価

「スクワーム」に投稿された感想・評価

綿木

綿木の感想・評価

1.0
小さい頃に海で砂掘り返してたらゴカイが出てきてびっくり、それ以来ゴカイが大嫌い🌚
でもこの映画はなんかたくさん出てきすぎてあんまりキモい感じがなかったので安心した😇
感想川柳「見所こそ 本物使って 欲しかった」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

嵐で破断した高圧線が地中に多量の電気を放出し、その影響でゴカイの大群が地表に出現、人々を襲い始める…というお話。

本物のゴカイを使ってるということで観てみましたけど、うん昔なりだねヽ(´o`;骨になるほど瞬殺で食われる奴もいれば、小一時間寝ててもかじられもしない奴もいる曖昧さは好きじゃないな〜(・ε・` )

ゴカイが床一面に集まってるのに気付かないほど酔っぱらうとはおめでたい人たちだ(*_*;

一晩で家を埋め尽くす程のゴカイが出てきたり居なくなったりはやり過ぎかな…┐(´д`)┌一番の見せ所?のゴカイの群れに突っ込むとこは偽物じゃなかった?(・_・;

むしろゴカイのアップが一番気持ち悪いとか(笑)( ̄▽ ̄;)

ハイクオリティなCGのリメイクなら凄そう(゜〇゜;)


んでまず(^_^)/~~
長虫系が苦手な自分にはのっけからゴカイのどアップで悲鳴が出そうになった昆虫パニックホラー。
高電圧で凶暴化したゴカイが大群で襲ってくる話。

観る直前に一応ゴカイの画像検索してみる。
更にハードルあげてどうする気だったのか。

ゴカイ風呂にゴカイ壁にゴカイ雪崩にゴカイシャワーにゴカイ顔面とゴカイづくし。
終始頭の後ろがぞわぞわしました。
一生分のゴカイを観たと思います。
ありがとうございます。
この気持ち悪さはクセになりそうです。
嵐と雷のせいで電線が切れ、びよんびよんと暴れる電線から放たれた電気が地面を伝い、ゴカイというミミズに口がついてるみたな虫を活発化させ、人間を襲い始める! という素晴らしくバカバカしいワームパニック映画。そっち系の生物がまったくもって苦手な私に、果たしてこの映画を見通すことができるのだろうか、と不安だったが、案外大したことなくて拍子抜け。逆に愛すべきB級感で微笑ましいタイプの映画だった。いや、そりゃホンモノのゴカイがシャワー口から出てきたり、すさまじい量のそれがぐねぐね蠢いているシーンはまじグロい。けど、どアップのゴカイはエイリアンみたいで、想像してたほどエグくはなかった。まぁ好んで見たいモノでは決してないが笑 あと無数のゴカイが実際に人を襲うシーンとなると、完全に人間か機械がえっさほいさ動かしてるスパゲッティにしか見えず、ちょっとワロてまう。基本的なストーリーは、ジョージア州の田舎町に暮らす一家と、そこの娘とちょっぴり恋仲になっるNY出身のボンクラ青年と、彼に嫉妬する粗暴な男を中心にしてて、町の人たちがゴカイに食われて白骨化してたりする感じで、少々ヒッチコックの鳥を思わせるシーンあり。演出の小ぢんまり感&エモーションとゴカイの連動感もちょい鳥的。あと出てくる俳優たちの顔とか雰囲気が何かとても異様で、それも見応えありやし、ジョージア訛りの英語がものすごく田舎くさーいノーンビリした印象を全体に付与しているのも面白かった。ただカット繋ぎが変なとこが何箇所かあって、ちょっと集中途切れてまうシーンもあったわな。そんな集中して見る映画でもねーけどな笑 まぁ珍品として、一応見ておくのもアリ、くらいの作品でしたでしょうかね。

イルマーレの直前に観たのがこちら!

小学生だった私店長少年が、テレビで見て超キモ怖かった作品です(゚∀゚)

久しぶりに観たら、あれっ!

あんまし、怖くも、キモくもないぞ(^_^;)

歳を重ねた店長少年は、このくらいのゴカイの大群や襲撃では全く物足りない、荒んだ店長へと変遷してたみたいです。
Arisa

Arisaの感想・評価

3.4
この映画作ろうと思った人も観ようと思った人も趣味が悪い!笑
背筋ゾクゾクの良映画😊💓
NONAME

NONAMEの感想・評価

2.9
映画を鑑賞する動機として “オシャレ” だから“スタイリッシュ”だから と答えるのは もう映画を卒業した連中だ。真の映画ファンにはもっと救い難い自己愛がある。
だが今の映画ファンには野心のない者もいるだろう。モンキービジネス狙いのテレビ局で作った 原作ありの日本映画。若い映画ファンは そんなテレビ局が製作した作品を拒まない。
来る日も来る日も同じような映画を見るのだ。初期衝動などない。サーヴィス業としての日本映画。そんな日本映画やメジャー大作映画に少し疲れた時 ちょっとしたブレイクタイムに見る映画 『ドリラー・キラー』 『スクワーム』 『ブラッド・ピーセス』の3作をここに選んだ。ひとときの素晴らしいスリルを保証する。

ゴカイパニック^ ^

雷雨により切れた電線から地中へと電流が流れ、その影響で凶暴化した大量のゴカイが人を襲いはじめる!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
すごく楽しい!
パニックだけど全体的にのんびり^ ^
ゴカイのアップ、口を開けると同時に「ギャオ〜」の効果音、ゴカイ達の量で物言わせる絵力、登場人物達の理解出来ない判断、などなど、面白すぎ!好き過ぎる!

外せないのはロジャー(R・A・ダウ)(^^)父に罵倒されながらゴカイの養殖手伝い、彼氏居るジェリーに片想い✨
ゴカイに親指食べられちゃった悲しい過去からして持ってる男だが、ジェリーにフラれた直後に訪れる悲劇、面白過ぎるよ笑
こんなに個性あるのに他の作品出てないの?残念💦

シャワー🚿とゴカイのサイズがピッタリ🙆
いい作品です
2017 9 レンタル取り寄せ
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
釣り餌としても利用されるゴカイが大量発生し、田舎町で人を襲うパニック映画。幾多のゴカイの蠢く姿は一見の価値あり。独特の不穏さや薄気味悪さがよく出てます。ドラマパートが多く、ゴカイの場面自体は少なめだが、その分のインパクトや、忍び寄る恐怖感は出ている。そしてクライマックスの怒涛のゴカイの描写は苦手な人が見ればトラウマ級で素敵。結末として申し分ない暴れっぷりは魅力的。70年代作だからこその生々しさがある雰囲気が良い。(DVD)
30年前にレンタルビデオ屋でVHSを見かけた時はパッケージ写真のミミズと抜けるような青空に見世物B級映画だと食わず嫌いをしてたけど後年DVDで観て感じたのは真面目な動物パニック映画だという事、その辺りが今も支持を受けている理由か。ブルーレイの映像特典によると主役をマーチン・シーン、ヒロインをキム・ベイシンガー、横恋慕するミミズ男をシルベスタ・スタローンが演じる可能性があったらしい、そっちのスクワームも観てみたい。
>|