かけがえのない人の作品情報・感想・評価

かけがえのない人2014年製作の映画)

The Best of Me

上映日:2015年08月22日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

“最愛の人”が“運命の人”になるとは限らない―。高校時代に出会い、深く愛し合いながらも不幸な事件のせいで別々の道を歩まざるをえなかったドーソンとアマンダ。20年の歳月を経ての再会は、二人の心の奥にくすぶっていた情熱の熾火を燃え上がらせるが……。

「かけがえのない人」に投稿された感想・評価

mahoxx

mahoxxの感想・評価

4.6
一途に一人の女性を愛し続けたドーソンにグッときて
運命なんてないって思ってたけど再会させたのも最後の結末も運命だったのかな

それにしてもドーソンの父親が最低

見終わった後も引きずってしまう切なさ。。。
電気羊

電気羊の感想・評価

4.0
愛し合いながらもお互いの事情で離ればなれになったカップルが、時を経て巡り合う。だが以前とは、また違う事情が二人の間の障壁となり立ち塞がるのだった。ようやく、それらを乗り越える機会が来たと思った矢先に、まさかの…愛する人に巡り合えるのは幸せなことであり、その人と別れるのはその次に幸せなことらしいが。切ないね。
なつん

なつんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドのスパークス作品ばかり見てきたので正直余計にショックが大きかった。そしてやっぱり、運命的な結末もちゃんと用意されている。

ドーソン、なんであなたが。そう言いたくなるようなことばっかりで、本当に胸が苦しかった。タックやアマンダ、ボビーの手でドーソンを変えられても、最期までドーソンは血に呪われ続けた。

タックの「私の子だ」が一番素晴らしかった。
空衣

空衣の感想・評価

2.9
銃で撃ったもの勝ちなアメリカ社会の恋愛話、むかつく方向へロマンスぶっ壊れて好きになれない
やめてほしい。
こんな恋愛を見せられてしまっては、自己嫌悪に陥って卑屈になってしまうだけ。ただ泣きたい。

愛とか運命とか、本当に存在するのだろうか。この世にそんなものはないのか。物語の中だけにしかないのではないだろうか。
…と思ってしまう。

久しぶりに胸キュンなるものをしてしまった。(20代、男性)
yy22

yy22の感想・評価

-
2016 WOWOW
Nicholas Sparks:ニコラス・スパークス
soundtrack 欲しい
mm

mmの感想・評価

3.7
ラストが切なすぎて余韻がひどい
この後に楽観的な作品は観れない
バッドエンドの中でも最強にバッドエンドすぎる…🤦‍♀️
わたし

わたしの感想・評価

3.8
物事には理由があると思ってた。
意味があると。
だが不幸な出来事を機にその考えを捨てた。

理由がない ってことはないと思うけど、
理由があるかどうか ってなると
あるとは 言い切れないなぁ…🤔
運命 について 考えさせられる映画🎥🍿🌟
kasumi19

kasumi19の感想・評価

5.0
きみに読む物語の筆者、Nicholas Sparksが書いた作品が原作になってて、涙が溢れてくる作品でした。胸が苦しかった…
景色も綺麗! あんな田舎なら素敵だなぁと。
最初の爆発のシーンからは想像もつかないラブストーリーでした。
最初のシーンだけ別ジャンルの映画かと思っちゃったよ。

アマンダが終始ピュアなんだか積極的なんだかわからなくてほんとに可愛い。
アマンダの顔はわたしのタイプじゃないんだけど人って人柄とか髪型とかって大事だなぁと。(突然の髪型)
ていうかアマンダ背中空いたファッション好きだな。

にしてもこの映画はほんとにきみに読む物語と設定が被り被りなのね。(そんなこといったらにコラススパークスの映画のポスターの一致率やばいんだけど)
だからきみに読む物語どんなんだっけ?ってちょっと忘れちゃったよ。


まぁそれは置いといてこの映画、過去の回想シーンと現在の差がすごすぎる。
2人の可愛らしくて無邪気な恋ときれいな風景で和んでたかと思えば現実ではあまりにも容赦なくて やめてくれ…と思わず目を塞ぎたくなるし突然すぎて一気に精神にくる。涙がぎょえ〜っと出てほんといきなりボディーブローくらったみたいになりました。気をつけて。

何にも悪くなくて最高すぎる人々が次々に犠牲になり悪党だけが残るこのストーリーを作ったニコラススパークスさんいくら泣かせる物語を作ろうったってこんなに酷い内容を思いつくなんて大丈夫かいな。

アマンダの親とか
ボビーの奥さん、自分の息子危ないことになってるのに何もしないのかとか
最後あいつどうなったねんわたしが殺したろかとか
気になる点はいくつかあるけど
それでもみんなの演技がとても上手で感情移入は十分にできる映画できみに読む物語より全然わたしはこっち派です。

p.s.
そんなわけ〜的な流れだと言うけどそもそもこれは小説だから現実味ばっかじゃなくてもその点は私は気になりませんでした。
>|