マディソン郡の橋の作品情報・感想・評価

「マディソン郡の橋」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なかなか面白い中年男女の恋愛ドラマであった。 

ラストの遺灰をまいてやる子供の思いやりにも感動。

ストーリーをたどってみると、さほど稀有な感じはしないかもしれないが、こうした映画はなかなか無かった作品だったと思う。
「全ては変化する それが自然なのだ」
だるそうな顔、恋しはじめる顔、はしゃぐ顔、隠す顔、号泣する顔...メリル・ストリープの表情の豊かさよ。
1回目はただ不倫の話じゃんと思ったけど、2回目観るうちに、これは女性に向けた映画なんだと。ここ最近女性が社会進出したからって、そうでなかった歴史にはあらがえない。男性よりも繋がりを重んじて生きる性の分、倫理や道徳を自分達自身に課して生きている。ただ生きることの難しさ。
にゃん

にゃんの感想・評価

3.8
できごとだけをみたら、頭の悪い人はマイナスな印象を受けるかもしれない。

本当の愛。それが報われないことの理由。何を重んじて、何を守ろうとするのか。

これが純愛なのかなぁ…
あき

あきの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

この映画が公開された当時は、最後の雨のシーンでなんて切ないのだろう…純愛だわ…と感動したものでした。

が、色々な人生経験を経た今、またドキドキしながらこの映画を見たけど、その雨のシーンは、「へ?それトーゼンですよね」としか思えなかった自分て😂
Mary

Maryの感想・評価

3.7
すごいよかった!
不倫はいけないことだけど
なぜかこの2人を見てると
純愛すぎて応援したくなりました。

一緒になってほしかったような
ほしくなかったような、、、

最後の雨のシーンは
すごいジーンときました。

このレビューはネタバレを含みます

だ、騙されんぞ。。。田舎のおじちゃん、おばちゃんの不倫物語め。。。
大物2人の演技に何度も惹かれそうになったが、最後の車からじっと見つめるシーンなんてただのストーカーだろ。
綺麗な映画に見えて、もっと泥臭い人間の欲望を描写してる。

このレビューはネタバレを含みます


「これが私だ、と思っていた女はどこかへ消えた」

昨今、不倫というワードがすごい燃えがちですね。
もちろん信頼してくれているパートナーを裏切ることは良くないですけど、部外者が騒いで断罪するほどのことでもないよなと思います。
芸能人なので、イメージダウンに繋げて市場価値暴落を狙うみたいな陰謀があるんでしょうかね〜〜
それこそマスコミに踊らされる方のリテラシが低すぎて情けないですけど…………
羨ましいのは自分に不満があるからでしょ………知らんがな

そう、不倫!メチャ話それたけどこの映画で描かれる2人の関係はそんな不倫にカテゴライズされると思います。

ただこれを良い悪いの観点から見るのは野暮で、それはおいといてみた方がいいです。メリル様は若いときから風格がある…そしてイーストウッド、かっけ〜〜!

特に好きやったのが、ロバートがあした立つとなったときのフランチェスカのヒステリーシーン!
自分にとってロバートは大きい存在やけどロバートにとって自分多くの現地妻のうちの1人………という情緒不安定さが爆発してて良かった〜〜!しかもそれでイーストウッドに歩み寄らせておいて夕方には「やっぱり家庭を捨てられない………」って言っちゃうフランチェスカさん……気持ちはめっちゃわかる…でも私がロバートやったらキレて失神する!
あこ

あこの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

初鑑賞。恋愛映画で久しぶりに大号泣してしまった。
カメラマンのロバートと、田舎の主婦フランチェスカの、4日間の不倫を描いた作品。
あまりに短く、そして許されない恋愛。だけどそれは「生涯に一度の確かな愛」だった。一緒になりたい2人の葛藤が、とても切なく悲しい。でも、その美しい愛を、美しいまま永遠にしていくことを選んだフランチェスカは強い。最後の雨の中の別れは、観ていて辛くなるくらい悲しかったな…。

「どういう選択をするかが人生よ」この言葉が胸に響いた。
今自分がここでこうしているのも、全て自分で選んできたことだ。
自分の人生観も見つめ直させてくれる、そんな映画にも感じた。
子どもの頃観たら嫌いになっていたかもしれない。今は最高だと思える。女のしがらみに胸が熱くなった
ぱるる

ぱるるの感想・評価

3.5
映画だからなんとなく美化されているけど、平凡な毎日に刺激がほしくなってしまった主婦なんだよなぁ。
子どもたちを捨てて男のところへ行くような結末じゃなくてよかった。
>|