引き裂かれた女の作品情報・感想・評価

「引き裂かれた女」に投稿された感想・評価

微笑

微笑の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンで笑ってしまった。そんな直接的に「引き裂かれ」なくても良いじゃん...
それはともかく徹底した移動の省略が印象的。
600本目はこれ〜(*´∇`*)
クロード・シャブロル ☆

これはとっても切ないお話。
3人の男女の二等辺三角関係のお話。

☆フランソワ・ベルレアン
トランスポーターのあの人!
ここでは初老の著名な作家。
変態プレイボーイなダンディ。
(多分私も惹かれてしまう)

☆ブノワ・マジメル
ハネケの『ピアニスト』でお目にかかったばかり♡︎ʾʾ
お金持ちのドラ息子。
着ている衣装がどれも素敵!
(またストーカー役だよ💦)

☆リュディヴィーヌ・サニエ
お天気キャスターの魅力的な女の子。
(放心した目が印象的)

通俗的ではあるけれど胸が苦しくなるようなラブストーリー。
誰かを好きになる切ない気持ち、春が来たような幸福感、相手の何もかもが愛おしくなるあの想い。
これは世界各国共通な感情ね。

想った人には振り向いてもらえず…。
嫉妬が引き起こす悲劇のお話。

実際に起こった事件を題材にしているそうです☆

何かの映画か誰かの言葉。
「嫉妬とプライドは一番厄介な感情だ」
まさにその通り。
心を巣食うモンスター。
こうゆう映画を観るとヒリヒリ痛みを感じながら共感しちゃう。

シャブロルさんの作品はこれで2作目だけど既に大好きになっています♡︎ʾʾ

フランス映画はとっつきにくいって感じている人はこうゆうのだったら入りやすいかも。
その辺に転がっていそうなお話だし。

ところで、フランス人に「愛してる」て言われても本気にしちゃいけない!
あの人たち、挨拶みたいに使ってるんだもん!!!笑
Seba

Sebaの感想・評価

-
「お金があれば私が惚れるとでも?」
so fucking good!!

あと編集がスカッとしすぎてるのに違和感ないのは何
みんなそれなりに素直なんだけど行き過ぎた素直のために巻き起こる悲劇
なぜなのか説明できないけど印象的な場面が多い、
dude

dudeの感想・評価

3.8
サクサク進むのはいいが何とも煮え切らん話だなあと思っていたらラストの昇華にホロリときた...。そこだけ定期的に観たい。そして年上のインテリだって自分のことしか考えてないのだと肝に銘ずるのだった。
常に(エロ)想像力を試してくる。銃殺に至るのも納得のサニエ嬢の魅力
ShoseiH

ShoseiHの感想・評価

3.4
ポールには始終笑った。
フランス映画って感じと思ってたら感。
ラスト一捻りシャブロりがち。
ケツアゴ美青年が爪を噛みながらスパダリをやろうとしてかわいそうな目に遭ういい映画 おじさんの胸毛ショットもある

つくりものみたいで美しい美術と、不自然なのか自然なのか観ているうちにわからなくなってくる撮影。洗練されているのは感じるけれど、あのいかがわしいぬめぬめピンクがいたるところに現れる。そんなピンク色の家具そんなところに置かないでしょ、みたいな。
そのいかがわしいピンク色が主人公の唇やドレスに宿ったとき、それは人を振り向かせる何かというより、身のおきどころのなさのようなものに見える。
ポールの典型的なお坊っちゃま感がダサくて好印象。皆自分の気持ちに正直で、ウソを重ねるよりよっぽど良い。それは角度を変えれば自分勝手なのだけど。
見習うべき点はあるが吸収すべきではないフランス気質。
t

tの感想・評価

4.0
豪邸に住み「引用癖が過ぎる」嫌らしい老作家と、強引で自信家のボンボンの間で揺れ動く美人お天気キャスター、というブルジョワ達の最高にゲスでどうでも良い恋愛ゲームだが、上品な筆致で一見下品さが覆い隠すシャブロルの技巧。ブルジョワへの憎しみさえ感じさせる人物造形。ナンパのきっかけとしてのサイン、女を釣るために落札された猥褻なレア本、謝罪と密会に使われる花束、一体幾つのモノが性欲のために利用されたのだろう。そしてコメディのようなオチに感動する。
黒髪の美熟女は「スペースバンパイア」のマチルダ・メイなのか。
>|