クレーヴの奥方の作品情報・感想・評価

クレーヴの奥方1961年製作の映画)

LA PRINCESSE DE CLEVES

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.5

「クレーヴの奥方」に投稿された感想・評価

一見すると愛がテーマのように見えるけど、最後まで見終わって、もっと深い、壮大なテーマがあるように感じた。

ストーリーが面白いわけではないのに、何故か見入ってしまった。
skip

skipの感想・評価

-
1961年版を鑑賞。原作は恋愛心理小説の祖と言われるらしいフランス文学。16世紀を再現した衣装に魅せられた。登場人物がまるで肖像画から抜け出て語り始めたみたい。歴史の香りは大好きだ。作中の物語は繰り返しで冗長気味。特に後半盛り上がらず。