シブがき隊 ボーイズ&ガールズの作品情報・感想・評価

「シブがき隊 ボーイズ&ガールズ」に投稿された感想・評価

当時、新進気鋭の存在だった森田芳光による「の・ようなもの」と「家族ゲーム」の合間に撮られた作品。

シブがき隊が主演のアイドル映画で雇われ仕事感が強いが、彼等の輝きを引き出しながらも遊び心が満載でしっかりと爪痕を残していた。

物心がついた時にはじめに認識したジャニーズのアイドルがシブがき隊だったこともあり、今でも好きなヤックンとモックンの殴り合いシーンに心を痛めたが、その後にイチャイチャしててホッとした。

3人と絡む女優達は無名なのだがとても可愛らしく、「ピンクカット」の主演女優と同様、森田芳光の審美眼の良さも感じられた。
神

神の感想・評価

3.0
かたせ梨乃のスコートめちゃくちゃ短い。ヤックンの決め顔決めポーズにいちいち苛々した。
つよ

つよの感想・評価

3.0
高校生三人組がリゾート地へ。
民宿で働き、地元の女子高生と楽しく過ごす。
古さや拙い演技やコミカルな感じも可愛らしく。
うちだ

うちだの感想・評価

2.0
いま見ると雑すぎる内容で、さすがに当時でも…と思うけどどうだったんだろう。急に生理とかゲスすぎる。

かたせ梨乃は当時25歳。若い。今だとデビュー前のJrが広瀬アリスと共演するようなものか。裏山。健康的だった清水クーコ、亡くなってたのか…。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.2
スカパーにて。中身うっすうす!薄いなー!

シブがき隊が演じる3人が旅に出ている設定で、その宿泊先での恋愛劇が描かれる。
まず、高校生の3人組が夏休み前にヒョロッと旅に出てる理由も判らない。お金をどうしているのかも、親はどうしているのかも何もかも不明。シチュエーションに対するバックボーンが何も説明が無いという暴挙。

民宿みたいな所に泊まり、そこの子と友達とで3対3のカップルが出来る。
ヒロインの子らは知らん人ばっかりだ。

それとは別に、ちょっと色っぽい年上のお姉さん役でかたせ梨乃が出てくる。
最初のテニスウエアのスタイル…ロケットみたいなオッパイしていやがるぜ…
やらしい身体しやがって…

劇中歌もシブがきが歌っているが冒頭のナイナイ16以外は全然判らん。そしてド下手。
本木はまぁ当時から格好良かった。薬丸のちょい不良キャラと布川の善人キャラはなんなんだったのだろうか?
本木と薬丸が喧嘩した後に、じゃれ合いながら二人でシャワーを浴びるシーンが最大のファンサービスだったんだろうな。
高校生3人組が寮から抜け出して一夏を過ごす話。

シブガキ隊映画なので挿入歌もシブガキ隊たっぷり。
冷静に考えると、とんでもない展開でツッコミどころが満載。
クールなやっくんが新鮮で面白い。
日本映画専門チャンネルの80年代アイドル作品発掘に便乗して観賞。シブがき隊に何の思い入れもない私は得られませんが、彼らの事が大好きでたまらない(当時の)ファンの女子達であればキャーキャー言いながら楽しめるシーンを繋ぎ合わせたプロモーション映画でした( o´ェ`o)。物語は何の説明もなく唐突に始まり、なかば強引に彼ら三人と女の子三人がカップルになり、彼らが歌うメロウな曲が流れるなかチークダンスを踊ってうっとりするというロマンチック(笑)な作品でした。

まだ子供の彼らが歌う「NAI NAI 16」の歌詞では「抱いてやるぜ」とか言っててキチンと聴くと怖いです( o´ェ`o)。。。
「ジタバタするなよ!世紀末が来るぜ!」と森田芳光としては、森田流のボーイズ・ミーツ・ガールズを作ろうと努力したが・・・女の子たちとイチャイチャしてるだけの不思議な映画。当時のシブがき隊人気からするとキスシーンやラブシーンはご法度だろう。かたせ梨乃や清水クーコがお姉さん枠でお色気?全てが中途半端ダ!
ななみ

ななみの感想・評価

2.8
くだらな〜〜〜い😂ただ女の子と遊んでるだけ😂担当のこんな映像観せられたらジェラると思う😂
80年代特有の軽薄さがしんどい。ジャニーズ映画なのにこんなに女の子出るんだね。シブがき隊は王道路線からはみ出してたのか。フッくんはかわいい。
masha

mashaの感想・評価

-
やっくんファンだった私。
小学生の時に映画館まで観に行ったなー。
>|