PVC-1 余命85分の作品情報・感想・評価

「PVC-1 余命85分」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

1.5
これをワンカットで全て撮りきったのは本当にすごいと思う。けど、ラスト20秒までがものすごく退屈でわたしはダメでした。撮影の手法とかが評価されるにはそもそも作品自体が面白くなくちゃいけないと個人的には思います。
Hook

Hookの感想・評価

2.0
85分長回しってのはやっぱりすごいとは思うけれど、実際の事件がもとになっているとはいえ突っ込みどころ満載だった。爆弾処理班はなんで手ぶらやねん、あんなん来たらもうおしまいやわといった感じで、結末は案の定・・・。
sou

souの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

POV物とワンカット物が流行り始めた頃にツタヤでショットっていうウルグアイのホラー映画の隣にこの作品が置いてあってホラーかなって思ったら違いました。
地方発のワンカットって共通点で隣に置いたみたいです。

首に爆弾巻きつけられたらそらホラーですけども実際の事件が元ということを知らなければDVD割るレベルでした。
フィクションで終始胸糞ならまだしも、実話ならせめて希望が残るものを元に映画化して欲しいです。
臨場感あるワンカットの技術は凄いですけどしつこいアップのシーンが多いのでせっかちな人はかなりイライラすると思われます。
8bit

8bitの感想・評価

3.7
コロンビアで実際にあった事件を脅威の85分ワンカット撮影で映画化。
若干単調に感じられる部分はあるものの、計算されたカメラワークは凄いの一言。
「トゥモローワールド」のようにCGを使わず、ステディカムの移動撮影だけというのだから驚き。まるで被害者家族の一員になったような臨場感。
単にドキュメンタリータッチというだけでなく、冒頭に現れる犯人グループがその後一切姿を見せなかったり爆弾処理班が頼りなかったりといった不安要素が理不尽さと恐怖感を増幅させ映画的な面白味も十分備わっているように感じます。
ようやく到着した爆弾処理班の男(しかも家族連れだよ!)が被害者に(処理に必要な)刃物やライターを持っているかと聞くシーンには思わず「それ、お前が持ってこいよ!」とツッコミました。
Kazuma

Kazumaの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

宣伝文句にも書いてありますが。
全編ワンカットでとりあげた実話を題材にした、戦慄の85分のカウントダウン。

コロンビアの某一家に強盗組が潜入。
一家は突然潜入した強盗組に恐怖と戦慄に、パニックになり強盗は一家の主人に
多額の金を請求しますが。
そんな大金を一家が持ち合わせてるはずもなく、高額な金がないと強盗はわかると、奥さんの首にある物を装置されます。ここからの惨劇までのカウントダウンが始まります。汗

奥さんが首に装置されられたのは、
首輪型時限爆弾。犯人からの指令で
外そうとしたり、警察呼んだりしたら
時間関係なく爆破するとの事、息つく暇もない惨劇のカウントダウンがラストまで走り走り走りまくります。
途中首輪型時限爆弾のピーという音に、
奥さんがビクッと何回もするんですが、
実にリアル過ぎ。

そして結末は爆弾を無事外して救出できるか、それとも。。という話ですが。

結末は後味悪いです。

結果鑑賞中に、早く外してあげて。。
とハラハラしながら85分ワンカットは疲れながら見てしまいました。

南米コロンビア映画でした。
85分間、長回し撮影してます。

ぶっ通しで85分も撮影するのは大変そうなイメージ。
ですが、
そこまで大変そうってのが伝わってこないです笑

そこがイイとこか、勿体無いのか…

ストーリーや会話内容などは…
仕方ないかな…と思ってしまいました。
Hiros

Hirosの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

20150406
長回し
トロッコ部分の片腕?のやつ知り合い?
最後あっさり