ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

まず戸惑うのは
このローサたちの暮らしが
フィリピンという国の現状の
平均的な暮らしなのか
特殊な環境なのか

自分の無知に戸惑う

(実はこの一家のような貧困層は現在のフィリピンの 80%を占めるらしい)

食べて
働いて
稼いで
生活して
生きる
……それと同じように
麻薬の売買を行う

食べる為に
稼ぐ為に
生きる為に
それは特別な事では無い

警察の腐敗に対しても
決して声を上げて暴こうとはしない

水溜りで滑って転ぶ娘も
文句を言ったり
泣いたりはしない

身の不運を嘆くヒマは無い
とにかく
前に進むしかない
今のこの現実を
生き抜くしかない

ラストのローサの
汗なのか
雨なのか
涙なのか
濡れた顔で
しっかりと 屋台の食べ物を
頬張り咀嚼する 表情が
心に残る

ドキュメンタリーかと間違うような
ハンディカメラの映像
光と陰
マニラのスラム街の生活
前半の映像は見事!

* 9/25 DVD鑑賞
kiko

kikoの感想・評価

3.1
マニラのスラム街。小さな雑貨店を営む家族。
生活は貧しく、アイスと隠語で呼ばれる麻薬も取り扱いなんとか生計をたてているが、それでも生活は苦しい。よーくわかるのは、フィリピンマニラで蔓延る汚職警官。お互い貧しくても助け合うスラム街の横の繋がり。両親の保釈金50,000ペソ。約¥105,000の為に子供達が奮闘するのだが…。
んーいまいち。
治安維持の正義と悪。この街のリアルを見せつけられたような感覚。生きていく為の選択、身をもって選ぶしかないのだろうと…
りぃ

りぃの感想・評価

3.7
子供たちが惨めな思いをしながら親の保釈金を集める姿。ドキュメンタリーをみているようなそのままのマニラの街並みはどうしようもないなりに懸命に生きてる人たちばかりだった。
#twcn #cinemactif
人はどんな事があっても生きていかなくてはいけない。
そんな時、支えになってくれるのは家族。
是枝監督作品に通じるテーマがありました。
2018年100本目
すね

すねの感想・評価

3.5
舞台はフィリピンのスラム街。

雨や湿気でジメジメとして、人でガヤガヤとしている。

そこに暮らすローサとその家族。

小さな雑貨屋を営みながら麻薬を売っていた。

タイトル通り、誰かに密告されて逮捕されてしまう。
警察は高額の保釈金を要求してきて、家族はどうするか?って話。

パワフルだな!
ぅおい!

すごいな!
うぉおおい!

圧倒的なリアリティ、これはドキュメンタリー映画ですか?と言いたくなるわ。

フィクションの映画であるが、ドキュメンタリーのような撮影、手持ちカメラでブレブレ。私たちは見ている。これがフィリピンで現実に起きていることなのか…!

ひどい…。

映像も素晴らしいが、すごいのが役者さんたちの演技力。

主人公のローサはもちろんのこと、誰ひとりと演技とは思えないくらいの演技を魅せてくれて、ぐっと引き込まれてしまう。
ローサから目が離せない、最後のローサの表情見ちゃったら、そりゃ、女優賞受賞するわな。思ったわ。

そこで暮らす人々の現状。
知ること。
フィリピンが怖い🇵🇭

警察の汚職が怖い

しかし

見方を変えれば悪い事してもお金があれば

保釈してくれるという複雑な心境です
SHO

SHOの感想・評価

3.7
オモロイ アジアの警察のリアルな感じがでてる カメラマンの影が映るのもドキュメンタリーっぽい
deadcalm

deadcalmの感想・評価

3.9
フィリピン発の佳作。
マニラのスラム街で暮らす一家の両親が、覚醒剤の密売でパクられ、腐敗した警察組織に搾取されるモキュメンタリー調作品。
マニラのストリートの熱気や匂いまで伝わってきそうなリアリティーが非常に良い。役者も皆自然で本当にマニラにいるような気分になる。行ったことないけど。

プロットもリアリティ重視でストーリー的にドーンと盛り上がることはないまま終わるけれど、ラストの2分間、ただ路上に立つローサの表情を写し続けるシーンが、「万引き家族」の最後の安藤サクラの独白を引き合いに出してもいいかもと思えるくらい良かった。一線を越えさえしなければ、貧しいままでも得られていたかもしれない家庭の幸せ、を夜の通りの向こうに見つめる瞳。

ローサが逮捕されたこと自体は自業自得とはいえ、警察がとにかく「日本で一番悪いやつら」がかわいく思えるレベルに悪いやつら。現実のフィリピンを反映してるのなら恐ろしい話。

ローサ以外の人物があんまり掘られてない印象が残ったのが惜しいのと、カメラワークの粗さがどこまでわざとなのかわからないけど時々かなり見づらかったのがやや減点。
fujiK

fujiKの感想・評価

3.8
圧巻、ママ、おばさん、ローサ!

フィリピン、マニラのスラム街の生活。警察署の横を抜けるともう一つの警察。こちらに通されると後の沙汰は金次第。
登場人物のアップの表情、その目が見ている街や人の姿。ああ、この目の持ち主が何を考えながら対象物を見ているのだろうか。それを勝手に想像してしまう映画を見ている自分。
ラスト近く、店を片付けて帰り支度をしている貧しそうな家族を見ているローサの目。
スマホを質に入れて、足りないお金をどうにか工面できた後のこの場面は、この映画が家族の映画であることをわからせてくれる。
ローサは強い。
>|