ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

エイジ

エイジの感想・評価

3.7
重い映画ってのはなんとなく知っていたけど、フィリピンの映画ってそう観る機会がないから、だから観てしまった。

ドキュメンタリーのような映画。
だから、リアルで引き込まれる。

国としてまだまだ成熟していない国は、どうしても腐敗が酷い。(成熟している国でも腐敗はあるが…😅)

腐敗して行くではなく、浄化出来ないってことなんだよな。
それだけ貧しいって事でもある。

誇張のないリアルな、これがフィリピンの現実なんだろう。


最後のローサの表情は、胸に迫るものがある。


ローサ役のジャクリン・ホセは素晴らしかったな。娘役の子も、息子達も…。

治安が悪い国でも、そんな国の方が家族の絆はしっかりしていたりする。
その矛盾…。

ローサは実は美人だと思う
よく出来ている映画で、観る価値あり!
逮捕されたタバコ店の夫婦が保釈の為に要求された法外な金銭をかき集めるというだけのシンプルな構成。
ただミクロでマクロを描く語り口はダルデンヌのようでもあり、逮捕されるシークエンスの再現性やラストショットの豊かな一枚画は傑作の風格がある。
MU

MUの感想・評価

3.1
フィリピンのスラム街を描いたドキュメンタリーのような作り。実話と錯覚する程の出来だが話は単調でシティ オブ ゴッドの方が面白かった。
MinKFJ

MinKFJの感想・評価

3.7
スラムで雑貨店を営むかたわら、(というかかなり公然と)アイスを売って生計を立てているローサ。旦那は売りものに手を出して中毒だし子供たちも役立たず。
ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅政策は、何故だか石◯元都知事のホームレス0浄化⁇政策のような、底辺に生きる人間たちの隙間と自由を奪う窮屈さ。
密告され連行された先は恐喝、横領まがいの悪徳警官。

かなりドキュメンタリーに近いと思ったら、実際にあった出来事をもとに、その現場で撮影されたのだそうだ。驚くことに、警察のシーンも本物の警察署で撮影されたとのこと。
生きるってサバイバル…
laBamba01

laBamba01の感想・評価

4.4
観始めて早々に 劇映画を観ている事を忘れてしまう。まるでドキュメンタリーを見ている気になるロケーションとキャスティング。

明らかに、普段観慣れた 日本やハリウッド製のつくり込まれた映画とは異なる視座と、それに相応しい技法で切り取られた画の連続に惹き込まれ、自分もマニラ・スラム街の雑踏に放り込まれたかの様なドキドキが止まらなかった。

主人公や登場人物たちの演技に、絵空事の匂いが皆無な事の驚き。一体どうやって撮ったのだ?

映画は 何も押し付けず、説明も皆無なのに、目の前の出来事が 我が事の様にヒリヒリと迫ってくる。

そして、ラストシーンの長回し。
彼女の顔と、その先に映るものが、善悪正邪を超えて、生きるものの存在と営み、そしてその意味を、強く静かに提示する。

この終わり方。
これは 物凄い映画かも知れない。


-----------------------------
DVD特典にある 監督のインタビューを見て、いろいろ納得。鑑賞後必見です!
miyakkai

miyakkaiの感想・評価

3.5
「デトロイト」のように観ていて悪いやつに善人が服従させられるという感じではなくて、この映画の世界全体的に良くないことが蔓延していた。

悪いことをしているとわかりつつも、生きるためにそうするしかなくて、みんな平たく悪いからどうしようもない。

そして、こんなどうしようもない世界があるんだなという驚き。
まゆ

まゆの感想・評価

3.6
いままで何ヶ国か途上国に行ったけど、すごくリアルで、そこに暮らしてる友人達の周りもこんな社会でまわっているのかと思うと胸が痛む。
ドゥテルテの影響もあるけど、途上国の社会には汚職はつきものだからな〜。
たく

たくの感想・評価

3.6
フィリピンを舞台として貧困が招く麻薬と汚職のどうしょうもない負の連鎖。
権力を笠に着て腐敗した警察が増長する感じはちょっと「デトロイト」を連想したな。
後半、保釈金を搔き集めるために家族親戚が奔走するのが昭和日本の人情的な感じで泣かせる。
ラスト、やっとのことでお金を集めたローサが放心して串だんごを貪り食うのがいいね。
dude

dudeの感想・評価

4.2
マニラのスラム街がすごい。ここで映画を撮らない手はない。ある意味人情で成り立っている社会の、ままならなさと一抹の救い。
ヤクザの事務所かと思うような警察署の一室を中心に、建物の構造が段々と分かってくるのも良い。警察署の裏口から連行されることや表口からの道が示されることが、社会構造を語る上でも物語のスリルとしても機能している。ドキュメンタリー風にただ撮るだけではない巧さがあった。
yoneko

yonekoの感想・評価

3.5
てっきりお菓子依存症かと思ったらスーパーで店のもの仕入れしてるし、金払えば釈放してやるなんて取引相手をおびき出すための嘘かと思ったらマジで金とるし、息子は変なおっさんと前から知り合いっぽいし、あと1000ペソどうすんだよって思ったらなんか団子食ってるし。
えっそうなの?って思わされてばかりった。
団子食いながら、
あー、ウチも慎ましく暮らしていれば良かった。しょうがない、1から出直しね。
って感じ、すごく伝わった。
>|