ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

なにわ

なにわの感想・評価

3.0
隠し撮りでも見てるようやった。
お巡りとチンピラの違いが無いし、厚かましく無いと生き抜けへん国やな。
Natsuno

Natsunoの感想・評価

3.8
誰が悪いって言いきれない胸糞の悪さで、観終わってもスッキリはしない。キャスティングも撮り方もあまりにもリアルでフィクションだと割り切れないところにこの作品の旨味がある。
監督が属しているだろうソサエティと、劇中のソサエティのギャップよ...
rt

rtの感想・評価

4.0
親のために奔走する子供達がこんなことは日常茶飯事と言わんばかりに淡々と行動してるように見えるのが凄くリアルに感じた。フィリピンの80%の貧困層のあり得なくはない現実なんだろう。
skichi

skichiの感想・評価

3.5
フィリピンの実情なのかな。
普通の夫婦が平然と麻薬を売って、
自分達のために誰かを売って
警官は賄賂を要求し
売人も警察と繋がってる…。

手振れ感の映像でリアリティがあって面白かった。
子どもたちが必死にお金を集めるところが切ない。
特に弟…
フィリピンの雨のじめじめした感じがよかった。
他の評価からすると、ボクには少し難しかったように思う。
交通費のための小銭をせびるシーンなど、日本で考えられるような日常からは逸していたから、そもそもドラッグ売買に手を出していること自体を責めてしまった。でもそこは想像力の乏しさかも...
「グッド・タイム」のような家族の逼迫感は良かった。
ネット

ネットの感想・評価

3.8
こういうドキュメントタッチは慣れてないからやはり衝撃的だった。
ドキュメントタッチであるという一点勝負なのだが、その一点がとんでもなく強力。しかしその割には、結構カットが多いのはなんとも言えんなぁ。

ラストが最高。生きるというのはこういうことなんですよ、おそらく。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
カメラアングルとか映像がドキュメンタリーっぽく撮られてる。
内容も、実際そんな感じなんだろうなって。

お菓子屋さんを営みつつ、こっそり麻薬を売る夫婦。
こんなとこで!?ってのが、まず驚き。

そして、警察もひどい。
警察署では、子どもが下っぱみたいな扱い受けてて、その横で取り調べ的な事するし、お金で解決させようとするし、警察すら信用できない。

貧しくても、夜ごはんは屋台で買って食べたり、お国柄が知れる作品。
biblos

biblosの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーたっちの映画。いろいろと切なくなる感じもあるし、このさきどうなっちゃうんだろうって感じもあって、不思議とのめり込めた。
日本の『万引き家族』がパルム・ドールとは生ぬるい。こちとらフィリピンでは覚醒剤密売家族だ‼──とメンドーサ監督が言ったかどうか知らないが(カンヌで主演女優賞を獲ったのは前年度)東南アジアらしい雨がちなスラム街を舞台にしたリアルな湿り気を感じさせるドラッグ家族劇&悪徳警察密着24時 in マニラ‼

雑貨屋を営む家族がこっそり“アイス”(覚醒剤を使うとスーッと冷えるように頭が冴えるのでスラングでそう呼ぶらしい)を手がけているところをしょっぴかれ、悪徳警察に法外な保釈金を払えと脅され金策に奔走する。ただ、これだけの話だが、手ブレカメラと長回しでドキュメンタリー的な空気を醸し出し(それっぽく撮っているだけで画は計算されてきっちり魅せている)、自然にドラッグが入り込んでいる日常の光景を活写している。肝っ玉カーチャンが息子たちを引き連れて商品の調達に行って帰ってくると、自室でトーチャンが「明日は俺の誕生日だから、ちょっとぐらい~」と売り物の“アイス”をつまみ、何の変哲もなく気に入らない親戚がどうのこうのとくだらない世間話をする姿が何とも言えない印象。

中盤は悪徳警察がオラオラやってきて、トーチャンとカーチャンを連れていき、彼らに卸した売人も呼びつけ、売上とブツをガメてしまう。売人が彼らを捕まえた警官たちの上役に渡りをつけようとしたのを見咎められて酷くボコられるシーンがあるのだが、いわば上に顔向けできないようなことをやっているのだ。今のフィリピンのドゥテルテ大統領といえば麻薬撲滅のため人権蹂躙も辞さない超法規的殺人指令をブチ上げている。しかし現場の人間としちゃ全面戦争もゴメンだってわけで、マフィアは薄く長く手を伸ばし警察は取れるところから裏金取る、なあなあのスタンスになっているようだ。土日は裁判所が閉まっているので金曜の夜に捕まえて、土日の48時間で金を都合させて帰してやるのだとか……。それより何より気になったのが、警察に下働きの少年が普通に出入りしている点で、児童労働はまだしも機密とかそういうの問題ないんかい、と頭を抱えてしまう。

後半、保釈金を家族でどうにかするため家財を売ったり気に入らない親戚に頭を下げたり身体を売ったり、それでも、ちょっと足りなくて……みたいな展開は、少々クドいかなと思うが、最後までひたすらに実存にこだわったキッツいリアリティ・ショー的なドラマである。

このレビューはネタバレを含みます

・フィリピンマニラの警察密着24時プラス法外な保釈金集めに奔走するローサの子供たち
・派手な演出はないが日常に当たり前にあるある麻薬売買、警察の暴力と恐喝、少年売春
・人と建物と乗り物が密集した場所の撮影がドキュメント見てるよう
・駄菓子屋の肝っ玉母ちゃんがラストに小さな屋台を営むひとつの家族を見て流した後悔の涙
・国における権力のあり方を見せられると、はっきり他人事とは思えなくなる
>|