スペイン一家監禁事件の作品情報・感想・評価

「スペイン一家監禁事件」に投稿された感想・評価

実話?
壮絶!!
すっごい!ずっとハラハラだった!
びっくりしかないwwwww
そこそこ面白かった!!
そして本当にリアルだった!!
エイジ

エイジの感想・評価

3.7
これは凄い!

別にエグい訳でも、グロい訳でもない。
一級のサスペンスだ。

少しエグいかな(笑)


しかし、息もつかせないこの盛り上げ方は素晴らしかった。

「ドント・ブリーズ」より上や。

スペインサスペンス、やはり最高!
多用されるスプリットスクリーンや長回しにも意味があるし、俳優陣の熱演もいい。

特にヒロインの娘を演じたマヌエラ・ベイェスは白眉。鬼気迫るものがある。

ただ、「ファニーゲームを彷彿とさせる」という触れ込みで観たので肩透かし感は否めなかった。

ファニーゲームは観ている側である僕らにメタ的に「そこで見てるお前も共犯だろ?」という問いかけがある傑作だけど、それに比べる作品ではないと思う。

リアルはリアルだし、映画の作りとしても上手い。しかしそこまで特出した作品ではないかな、という感じでした。
emily

emilyの感想・評価

3.4
 閑静な住宅街に引っ越しをしてきた18歳の娘と両親。娘と母親は娘の外出の事で喧嘩、父親は娘に甘く、母親はそのことで夫を責める。どこにでもある家族の風景。しかし男三人が押し入ってきたことで事態は一気に監禁現場へ変わっていく・・

 空き巣を狙う訳ではなく、家に人が居る状態で押し入ってくる男達。ヨーロッパでは社会問題と化してるらしい。その実態を忠実にドキュメンタリーさながらなタッチで描く。どこにでもある家族の会話から一気に男達が押し入り、見事に監禁状態に。父親と犯人グループの内のボスは車で、限度額までお金をおろしに行き、娘と母は家で監禁状態に。二つのシーンを2分割の画面で見せていくのは非常に効果的であり、見たい部分が見えなかったり、さらに見たくないえぐい部分が剥き出しになっていたりする。そんな中でも娘の演技が絶品だ。その迫真せまる表情や悲鳴の数々は胸に突き刺さるものがある。レイプシーンも容赦ない、娘が男に勇敢に立ち向かい戦うシーンは、なにやら見えては見えてはまずい物が見えてるような、想像を掻き立てるホラー感もある。

 ラストも容赦ない。誰かが救われる訳ではない。それが返って説得力を植え付けてくれる。中盤以降の盛り上がり、娘の演技に注目したい。題名ですべて物語っているが、2分割による動と静のコントラストが見事に観客を翻弄し、臨場感のある作品になっている。
いぬ

いぬの感想・評価

2.5
スペインは世界でもずば抜けて頭おかしい映像を創るのがうまいな。
リアルすぎて気持ち悪い。

これぞトラウマ映画。
もう二度と観たくない(TT)
娘の演技がよかったあ
嗚咽がリアル

ただ思ったほどのグロは無かった
珍しい二分割の画面
絶句……。

スゲェよ、この映画❗
作りとしては、 イキな2分割画面を取り入れたりして 『極限までに高度な再現VTR』って感じなんだけど、ずーっと緊張感があってワキ汗かきまくり。
頭脳明晰なプロフェッショナル強盗集団ではなく、予期せぬ事態の展開にテンパるような犯人の素人ぶりにリアリティを感じる。
リアリティといえば、恐怖におののく娘役の演技力の高さ。
表情、涙、唇の震え、嗚咽、息遣い、視点の定まらない目線……。
スゴい女優さんですよ。

胸クソ悪い犯人はお約束として、ラストカットの救いようのない後味の悪さには絶句です。
その余韻にしばらく放心状態になるはずのところを、なんともフワフワした曲が流れてエンドロール……。
そのおかげで放心状態にはならずに済んだけど、後々余韻が続いたのは確かで、間違いなく『良作』と思わせてくれたのでしたd(d´∀`*)グッ!🎵
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
手際の悪さが逆にリアル、やるかやられるかの現実(´-`)娘さんの演技が凄すぎて、最初の団欒的なのはいらないんじゃないかと思うほど絶望を見せてくれる。ラストの表情なんてしばらく忘れられそうにない_:(´ཀ`」 ∠):最後の陽気な音楽がなんとも皮肉。胸糞ではない、現実を見てやるせない気持ちになる。。。顔潰しは最高でしたけど!
Annu

Annuの感想・評価

3.0
実際にあんなことが自分の身に起きれば娘のように泣きじゃくって精神崩壊するんだろうけど、まぁ…映画だし…「やり返せー!!!!殺せー!!」って思っちゃって。サプライズのような展開を求めてしまう
ラストの超展開までちょっと退屈で、、
他の人のレビューであって思い出したけど始めの男の人は誰だったんだろ。他の被害者?
娘が延期がやたらとリアルで目が離せなくなる。

大きな盛り上がりがあるわけでもなく、救いがあるわけでもない。ただ、これが現実。
>|