15ミニッツ・ウォーの作品情報・感想・評価・動画配信

「15ミニッツ・ウォー」に投稿された感想・評価

狐

狐の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

テロ犯&小隊vsスナイパー6人&女教師1人による9割スナイパー無双

味方ボルトアクション式ライフルで相手ほぼオートマチックのこの人数相手とか死ねるw
tookーo

tookーoの感想・評価

5.0
冒頭5分程で事が起き、話の背景をも織り込む手腕に驚くが、関わる人や地域の世界との力関係等、解りやすく中弛みする事無く、マルチスクリーンを取り入れ緊迫感を緩めない演出が素晴らしい❗
アクションメインのテロモノのそれかなッと思ってあまり期待する事も無くレンタルしたら…
しっかりとした強いメッセージを伴いエンターテイメント性をも兼ね備えた社会派とも言える作品‼️
此の様な出会いが有るから、映画は止められない‼️
結局のところ、血を流さずしての独立と言うのは、無いとは言えないが、非常に難しく、稀有なものか。
その場で事件に対面している者と、組織として、判断を下さざる負えない者。
そして、大きな政治の渦に巻き込まれる者。
映画としては、緊迫の狙撃シーンなど、見応えが十分だが、やはり、あの結末の重さは…。
ルワンダの涙でも、何とも重苦しい気持ちで、DVDを片付けたが、今回も無言で片付けた。
beegchiko

beegchikoの感想・評価

3.6
原題:「L'intervention」(介入)

フランスの対テロ特殊部隊「GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)」が正式に組織化される直前に、実際に起こった事件に脚色を施したものらしいが、どこからどこまで事実なんだろう。

教師役のオルガ・キュリレンコ、ウクライナ出身のモデル、女優でロシア語、フランス語、英語と他にもしゃべれるのかな?ヨーロッパの女優さんは皆マルチリンガルだね。スペイン映画の「ロープ」も良かった。
彫聖

彫聖の感想・評価

2.9
実話に基づく映画と思うと重い…
えっ!?
オルガキュリレンコ1コ下なん!?
JOKER

JOKERの感想・評価

2.8
見所は
ほんとに15分くらいしかないかな

最後の15分は見所だが

少し話は盛ってるらしいが
こんな事件があったなんて
知らなかったし
いい勉強になった

紛争は怖いし
無くなって欲しい。

元ボンドガール
オルガ出てます。
まだお美しいです。

以上。
紅茶

紅茶の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 あっと言う間だった!!!!
 予告観た時から面白そうだとは思ってたけど、良かったわ~ww

 1976年にようこそ、で始まる実話物。
 説明ありがたいwwめっちゃ分かりやすくスルリと物語が入って来たわ。
 オープニングもイイし、なんだか70年代らしいスタイリッシュさも感じた。音楽とテンポがめっちゃイイわ。

 子供にも容赦ない犯人に怯まない女教師。度胸あるわ、先生の鑑やん。
 そしてCIA、外人部隊、憲兵の特殊部隊、ソマリア軍、KGB。
 いろんな思惑が交差して、現場の一存では動けないもどかしさと暑さと緊張の極限状態がめっちゃ伝わってきたわ。
 同時狙撃の難しさと彼らのスマートさが素晴らしい。
 メンバー間や部隊間でも揉めたりしてたのに、最後には彼らに敬礼。絆も深まった。

 一人の犠牲は残念という言葉以上の重みで彼らに圧し掛かったんだってわかったのが、また良かった。

 英雄よ、あんたら!
 無言で狙撃体制に戻る姿、感動したわ!
 しかもスナイパー敵にすんのマジやべぇな!六人で何人倒したよ!?
 素晴らしいわ。

 勇気ある決断と行動。

 彼らの組織も正式に発足して、テロ側も1年後に独立か~。あの場にいた皆の行動がその後に繋がったってのがまた、深いなぁ。
タビ

タビの感想・評価

3.4
実話に基づいた話し。
だからかな、実際には女教師はいなかったんじゃないかと思う。
自分的には邪魔だったよなと😓

地味な感じやけど1976年の雰囲気が半端なかった。スクールバス乗っ取りって卑怯やわ。一番弱い子供達をターゲットにするなんて😤
中盤はちょっと緩くなるけど終盤にかけては怒涛のように進んで行く。

いつもながらやけど政府はモタモタしている。その間に事態は悪化していくのに。
女の子が1人死ぬけど辛いな😢

犯人だけを射殺するつもりが大虐殺。これも政府の決定が遅いせい、もとい、決定出来なかったせいやわ😣
FUMITAN

FUMITANの感想・評価

5.0
凄まじい緊迫感。。。
史実がベースにあると体感しているような気持ちになりますね。。。
狙撃部隊がインド映画のヒーローみたいに胡散臭くてカッコいい。
>|