お嬢さん(2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:145分
    監督
    パク・チャヌク
    キャスト
    キム・テリ
    キム・ミニ
    ハ・ジョンウ
    チョ・ジヌン
    キム・ヘスク
    ムン・ソリ
    イ・ドンフィ
    あらすじ
    1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

    「お嬢さん」に投稿された感想・レビュー

    てふ
    てふの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    ど変態読書サークル。そのスケべさと美しさとシュールさに笑ってしまった。

    TOHOシネマズシャンテにて
    耕平
    耕平の感想・レビュー
    3時間
    3.9
    ハングルは読めないが、エンドクレジットで表記される英題は『The Handmaiden』。つまりこれは、パクチャヌク版『侍女の物語』、朝鮮版『キャロル』。

    『キャロル』ではマッカーシズムという時代設定が物語に滲んでいたが、日本占領下朝鮮の本作は、その設定自体が鍵となる。『マッドマックス』のように疾走するシスターフッド。最高!

    (個人的にはここまでエンタメ要素が強くなくてもよかったけど)
    clementine
    clementineの感想・レビュー
    4時間
    3.5
    相当シリアスかと構えていたら
    コメディタッチな演出も多く
    気軽に見られる作品

    主要三人のぐるぐるする関係が面白い

    三部構成だったが
    二部はいささか冗長に感じられる部分も
    物語を多面的にすすめる手法はよく使われるが
    いかにうまく端折るかという点について今ひとつだと感じた

    全編通じて気になったのは声の処理
    妙な日本語は置いておくとして
    アフレコで録った声が浮いて聞こえてしまっている
    うめ
    うめの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    レイトショーで上映している劇場を割と近いところに発見したので…
    チャリ通なのに、電車に乗って行ってきました!

    富豪の家に身分を偽り、侍女として潜入するスッキこと珠子。
    令嬢秀子の元である機会を伺う。

    初の劇場パク・チャヌク。
    三部構成で異なる視点から描かれます。
    一つずつでも一本の映画に出来るんじゃないかと思うほどに密度が濃い。
    それが三つもあるんだから…そりゃ〜もう凄いです。

    変態とも思える官能的なシーン。
    私には不思議とあまりエロは感じなかったです。
    そこにある歪みと純粋さ、そして残酷さ。
    裏に潜むブラックな笑い。
    計算され尽くした台詞とカメラワーク。
    何とも言えないポップさとオシャレさがある。
    そういうセンスは、舞台となる家や小道具なんかにもありますね。

    官能的で、サスペンスとしても上出来。
    けっこう笑えて、爽快さもある。
    ごった煮にしたようなカオスな魅力。
    劇場に間に合って良かったです。
    最近、気になる韓国作品が多い…
    アシュラ、コクソンも気になるな〜^ ^
    アサハカサカス
    アサハカサカスの感想・レビュー
    6時間
    3.8
    伯爵が知り合いにそっくりでそっくりで。
    序盤までは日本語に笑いそうになったけど、まさかの構成に「やられた!」とはっきり感じた。裏切りの快感。
    その衝撃もあってか、第2部が一番前のめりで観たかもしれない。こりゃ人に勧めたいやつだ。
    Sayo
    Sayoの感想・レビュー
    7時間
    -
    キム・テリとキム・ミニの2人の主演女優がとにかくすばらしい!

    百合のシーンもかなり大胆だけどとても美しい。
    生々しいのに美しかった。
    キム・ミニが、この作品でデビューしたのは本当に今後に期待ができる◎

    ストーリーはスリラーとエロティックとは聞いていたけど1部と2部の展開が予想外すぎてすごかったー!
    あまりスリラーとか観ないほうだから、そこでの比較はできないけど評判に傷をつけないすばらしい映画だった!

    午前中の歌舞伎町で観たのでまた観客層もひとつのatmosphereだったと言える。。。
    mookid
    mookidの感想・レビュー
    7時間
    -
    20170322
    POPOMI
    POPOMIの感想・レビュー
    8時間
    -
    寺山修司とか鈴木清順とかその辺みたいなどこかギャグ的な感じがあるから全然エロくはない
    チーズマン
    チーズマンの感想・レビュー
    8時間
    4.2
    ひたすら官能的な世界が繰り広げられるだけなのかと思ったら、これは良い意味で期待を裏切られましたね!

    韓国映画の旨味が詰まったまさに18禁エンターテイメントでした、まさか最後は爽やかな余韻が残るとは思わなかった。

    抑圧と解放のフェミニズム映画としてももちろん面白いでんですが、 男などは糞だ! と、あそこまで言われると逆に清々しいものがありますね。

    そしてやはり独特なユーモアが良かった。
    春画が出てきます、この映画ではあくまで貴族趣味の変態的な世界の象徴のような扱いになっていますが、実際はそういうのとは違って江戸時代の現在よりもずっと性にオープンなところから生まれた幅の広い文化ですよね。
    でもこの映画そういう変態世界的な春画の描かれ方しかされていないかというと、実はこの映画の直接的なエロユーモアってそれ自体がちゃんと春画的な気もしてパク・チャヌク監督なりに理解して作品に落とし込んでいるように思いました。
    ドヤ顔であまりにストレートに性器の俗称を言ってのけるもんだから劇場で皆が思わず吹き出してましまからね。


    韓国映画で韓国人の役者でありながら、ほぼ全編にわたって日本語が使われるこの映画。
    その辺の映画でたまに出てくる変なカタコト日本語よりはすごく頑張っているけどやはり違和感があります、しかしこの違和感も最初こそ気になるもそればかり聞いてると徐々にリズムが生まれてくるんですよ、その独特なリズムがこの映画の世界と溶け合って個人的には良いケミストリーを起こしてました。韓国映画ですが、そこは逆に日本人で得した気分になりましたよ。


    舞台となる建造物もそれだけでゴシックホラー的な贅沢さ、3部構成それぞれのテーマと面白さ、他にも沢山見所があり、いやあ面白かったです。
    RAMRIDER
    RAMRIDERの感想・レビュー
    9時間
    4.0
    お嬢さんが竹俣紅に似てたのでよかった。
    >|