お嬢さん(2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:145分
    監督
    パク・チャヌク
    キャスト
    キム・テリ
    キム・ミニ
    ハ・ジョンウ
    チョ・ジヌン
    キム・ヘスク
    ムン・ソリ
    イ・ドンフィ
    あらすじ
    1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

    「お嬢さん」に投稿された感想・評価

    RyongYaKim
    4.3
    この作品は凄い。まさに芸術。
    評価するのもおこがましい位。

    話が進むにつれ、どんどん引き込まれて面白くなっていく。

    構成から役者から全てが練りに練られていて、とにかく余韻が半端じゃない。
    全てが絶妙な塩梅。

    脳裏にしっかり刻まれる映画でした。
    さすがパクチャヌク監督。
    さすがパクチャヌク監督!

    シナリオの巧妙さに毎回惑わされてしまう´д` ;

    天才!というか変態!

    まじでエロい!
    友人恋人家族と観るのではなく一人で観ることをオススメします 笑

    PG18だけあって全体的に過激なシーンは多いです!だから見るのに退けてしまう方も多いと思うけど、作品としてはまじで面白い!

    特に最後の30分は魅入ってしまうと思う!
    oshi
    3.5
    なかなかの変態映画だったw
    卑猥な言葉が沢山出てきて、笑ってしまったw
    日本語がイマイチ聞き取りにくくてイライラしたけど、ストーリーはよく出来ていてなかなか楽しめた。
    着物とか小物が美しくてオシャレだった。
    dai
    4.5
    これは面白い。
    佐藤
    -
    長い。ヨギータラガシャマナンジャワディカー。
    daiyuuki
    4.3
    1939年、日本統治下の朝鮮半島。世間とは隔絶した辺鄙な土地に建ち、膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに支配的な叔父・上月(チョ・ジヌン)と暮らす華族令嬢・秀子(キム・ミニ)。ある日、秀子のもとへ新しいメイドの珠子こと孤児の少女スッキ(キム・テリ)がやって来る。実はスラム街で詐欺グループに育てられたスッキは、秀子の莫大な財産を狙う“伯爵”と呼ばれる詐欺師・藤原((ハ・ジョンウ)の手先だった。伯爵はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、日本で結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、スッキは美しく孤独な秀子に惹かれ、秀子も献身的なスッキに心を開き、二人は身も心も愛し合うようになってゆく。「伯爵」と渾名される詐欺師とスッキが共謀する詐欺計画は、予想外な方向に転がっていく。
    サラ・ウォーターズの傑作ミステリー小説「荊の城」を、「オールドボーイ」のパク・チャヌクが、映画化。
    自分を出産してすぐ母が死に貧しい暮らしの中で「伯爵」と組んで生きてきたスッキと母が産後死に自分を育てた叔母も自殺し孤独に生きてきたお嬢さんが、お互いの素顔を偽りながら惹かれ合う恋心。秀子の叔父が夜な夜な開く朗読会の、淫らな秘密。伯爵とスッキが共謀する詐欺計画の裏にあった、驚愕の真実。全ての顛末が描かれる第3章での、男の欲望のために踏みにじられてきた女たちの復讐劇は「キャロル」「テルマ&ルイーズ」のような痛快で爽快な余韻を残す痛快な展開で、女性同士の濃厚な絡みや日本特有の春画などの官能描写もあって、男女問わず愛と欲望と騙し合いにゾクゾクさせられる傑作ラブサスペンスミステリー映画です。
    mk
    3.3
    秀でた美しさでございました
    >|