お嬢さん(2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:145分
    監督
    パク・チャヌク
    キャスト
    キム・テリ
    キム・ミニ
    ハ・ジョンウ
    チョ・ジヌン
    キム・ヘスク
    ムン・ソリ
    イ・ドンフィ
    あらすじ
    1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

    「お嬢さん」に投稿された感想・レビュー

    U4Rn
    U4Rnの感想・レビュー
    1日
    4.5
    艶かしくて、変態チックで、騙し合いする狡猾さの中に純粋さがあって…ストーリー、画ともに良かった。第一部から二部に移るとき展開が一気に変わるので余計に持ってかれた。何よりスッキとお嬢さんの絡みが綺麗。口の中に指を滑らせるお風呂のシーンはこっちがドキドキしたし、横向きで69するの良いなあとか、ラストシーンだと身体よじるたびに鳴る鈴の音がなんてエロいんだろうと思ってとにかくうっとりして観てた。良い映画観れました。
    tak
    takの感想・レビュー
    1日
    3.8
    初めての韓国映画だったんですが面白かった。これ、TOHOシネマズで観れるってすごいね。エロがうまく使われてる気がする。エロがなくてはこうはならないな。いつも前情報は基本的に取らないようにしてるんですが、これは取らなくて良かった気がする。作品が表情を変えます。
    xxxMiu
    xxxMiuの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    この1幕から2幕のいい意味で騙された感と3幕のただのグロテスク映画の感じが意外でよかったしスッキかわいすぎる説
    r1kyaneko
    r1kyanekoの感想・レビュー
    1日
    4.5
    俺たち観客は、お嬢さんの朗読会に集まる変態紳士たちと同じではないか!この素晴らしくエロ面白い映画を眺めて、ハァハァしたりウットリしているのだ。もちろん家族や友人には秘密だ。
    類い希な映画体験だった。
    へたれ
    へたれの感想・レビュー
    2日
    3.9
    良かったとこ1。荒唐無稽さの連べ打ち
    館の設定からして、日活ロマンポルノ並みに胡散臭くて良い。原作小説にあったゴシック的な要素は微塵も感じさせず、リアルなところも全くない。禍々しさは意図的で、韓国人俳優にあえて日本語のセリフをたどたどしく喋らせるのも、胡散臭さを増すための戦略と勘ぐりたくなるくらい。

    良かったとこ2。意外と原作に忠実な構成。
    第2部の中盤ぐらいまでは原作小説とだいたい同じ構成。途中でドンデン返しがあるので、そこに向かって後で振り返りそうなシーンは、思わせぶりなほどじっくり撮られていた。ヤスリで歯を削るシーンがその代表例。

    ダメだったとこ1。終盤の展開が杜撰。
    ハッピーエンドに持っていこうと終盤をオリジナル展開にしたのはいいけど、終盤の展開が肩透かしなほど簡単に進んでしまい、盛り上がりに欠ける。大まかに言えば自由な世界への脱走を描いているはずなのに、まともな追手がいないので、むしろ展開が停滞したようにすら感じる。

    ダメだったとこ2。日本語問題。
    日本人の観客が一番損をしている。俳優たちは頑張って日本語で演技しているけれど、ネイティブスピーカーには全く聞こえないし、所々何を言っているか聞き取れないところもあった。日本語パートでも字幕が欲しいレベルでストレスになった。
    taxx
    taxxの感想・レビュー
    2日
    4.0
    成人指定だけあって官能的なシーンも多いが、艶めかしくも美しく嫌な感じはしない。騙し合うという売り文句の通り、話の展開に振り回される気持ち良さが爽快。それに伴う演技も素晴らしかった。
    しんちゃん
    しんちゃんの感想・レビュー
    2日
    3.7
    filmarksの諸先輩方々からお勧めされていた作品。当地でもようやく上映となり、残業もそこそこに劇場に飛んで行きました。

    レズビアンの過激なSEXシーンあり、おち◯こ、おま◯こ、普段では声に出来ないNGワード連発で、攻める韓国映画に日本代表オヤジは防戦一方でした。コリアンパワー恐るべし!

    ストーリーは観てのお楽しみですが、三部作構成でして、私はその必要性を感じませんでした。起承転結をハッキリつけ一貫したストーリーの方が、本作のエロチシズムな世界観がより一層明確になったのではと感じました。ここは好みの問題と思われます。

    特筆すべきはキム・ミニちゃんがとても可愛くイヤラシイとこ。まさに身体を張った体当たり演技は好印象で◎。今、日本人の女優でここまでやる人、残念ながらいないでしょ。自称チョイ悪オヤジ、隣国の韓国作品に押されっぱなしの2時間半でした。

    ⭐︎教訓⭐︎キスする前にキャンディ舐めよ
    いしむら
    いしむらの感想・レビュー
    2日
    4.0
    変態やないかい!
    ど変態のエロエロやないかいっ!

    でもまあ、時代が違うからあれやあれがあれなだけで、今も昔も形が変わりこそすれ人間の変態性やエロエロ具合は同じようなものなのでしょう。

    全三部構成のこの映画
    一部で「はあぁ〜」となり
    二部で「ほほぉ〜」となり
    三部で「うんうん」となる。

    いや〜
    面白かったですよ。
    視点を変え時系列を前後させ絡み合うストーリーはもちろんですが、あの時代の妖しい雰囲気や耽美的な映像に引き込まれました。

    セリフの多くがたどたどしい日本語なのがミソですね。
    日本語に違和感があることが副産物として、非現実的なストーリーに対する違和感を逆に消し去ってくれます。
    日本人だからこそ余計に入り込める映画ではないでしょうか。

    二人の女優さんのことは全く知りませんが、お二人の女優魂に拍手を送ります!

    最後のシーン、海から大ダコが出てくるんじゃないか…と思ったんですけどね。。

    くれぐれも一緒に見る人を選ぶのは慎重に。
    もくもく
    もくもくの感想・レビュー
    3日
    4.4
    観ながら何度も、これは一体何を見せられているのだ……という気持ちになりました。
    たどたどしい日本語のみで進められる会話も、気の狂った朗読会も、女性同士のなんとも官能的なエロスも、どれもこれもなんてものを見せやがる……となるのに、観終わって残るのは何故か上品さという不思議な一本。
    >|