クローバーフィールド/HAKAISHAのネタバレレビュー・内容・結末

クローバーフィールド/HAKAISHA2008年製作の映画)

CLOVERFIELD

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

3.2

「クローバーフィールド/HAKAISHA」に投稿されたネタバレ・内容・結末

面白かった!
ハンディカムの怪獣もの、という掘り下げればそれだけで面白いテーマを掘り下げて、主人公たちを無理のない理屈で追い詰めていくのがよかった。



一般市民目線ということで怪獣を常に映すわけにはいかず、それをフォローするミニ怪獣というアイデアもよかった。
ただ一方で、怪獣のデザインや設定の中途半端さは気になった。
あまり怪獣のビジュアルを見せない方向性なら最後まで徹底して欲しいし、見せるならなにか分かりやすいアイコン(ゴジラでいう背中、ジョーズでいうひれみたいなもの)があればもっとキャラが立ったと思う。ミニ怪獣に噛まれたら終わり設定も単発でしか機能していなかった。
同じく、主人公たちのキャラ立ちも中途半端...リアリティーを出すためかもしれないけれど、全体的に少し物足りなく感じた。
物足りないと感じたのは、イベントの数の問題もある。普通の映画よりカットが極端に少ないこの映画は、面白いシーンだけを詰め込む、というのが難しいだろうと思う。仕方のないことだけれど、カットで時間を跳びまくれる普通の映画より起こる出来事は少ないためそのぶんカタルシスも大きくない。


パッケージにもなっている、自由の女神の首を開幕早々ぶっ飛ばすのは面白い。


好きなものは何があっても守れ、というのが兄の遺言にもなっているのが、ロブがとにかく諦めない説得力になっていてよかった。


ハンディカム撮影ということで、被写体とカメラの間に逃げ惑う人々が映るカットが多いが、混沌とした状況が伝わってきて「ならでは」の面白さだと感じた。
しっかり見ていないとはぐれてしまいそうな、祭とかのあの感じがよく出ている。


何気に一番凄いと感じたのは序盤の電器屋。
混乱に乗じて家電を盗む人々を描きリアリティーを出す、テレビで状況を認知する、ケータイを手に入れ連絡を取る、という一石三鳥の舞台設定だった。
ひたすら酔う、臨場感が凄すぎて口が開きっぱなし、ゴジラっぽいなーと思ってたけど最初の日本に転勤する話題で紐付けてるんかな?
めちゃくっちゃすき!
視点もそうだし、最初からの慌てる感じ、主人公じゃない感じの視点のパニック映画、謎のモンスター、喰われちゃうとことか、最後のシーンも、続編も全てだいすき
映画冒頭のテロップで「本編は国防総省が保管している記録映像である」と説明される。

映像はビデオカメラの持ち主ロブのプライベート風景から始まる。ある夜、日本への栄転が決まったロブを祝うために開かれたパーティーの最中、突如として不気味な爆音が鳴り響く。外の様子を見にパーティ会場の屋上へ向かった彼らは、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する。外へ出ると爆発で吹き飛ばされた自由の女神の頭が降って来て市内はパニックに陥り、ロブを含む数人のメンバーは徒歩での脱出を試みる。その途上彼らは軍隊の攻撃を物ともせず摩天楼を蹂躙する巨大な怪獣を目撃する。ロブたちはマンハッタン橋を渡ろうとするが、ロブの元に恋人ベスから助けを求める電話がかかり、直後に怪獣が橋を破壊する。ハッドやリリーは別ルートからの脱出を主張するが、ロブはベスを助けるために怪獣がいる中心部に向かおうとする。ハッドたちはロブを引き留めようと試みるが、彼に押し切られて共にベスを助けに向かう。

ロブたちは怪獣と軍隊の戦闘に遭遇し、ニューヨーク市地下鉄に逃げ込み線路伝いにベスがいるマンションに向かうが、地下鉄内で怪獣の寄生虫に襲われマリーナが重傷を負う。寄生虫から逃れるため地上に出たロブたちは軍隊と出会い保護されるが、寄生虫に噛まれたマリーナの身体が異変を起こして軍隊に隔離され、直後に死んでしまう。ロブは尚もベスの助けに向かおうとして兵士たちと口論になるが、最終的に兵士たちは脱出用ヘリの離陸時間を伝えて彼らを見送る。軍隊の総攻撃が始まる中、ロブたちはベスのマンションに到着して彼女を助け出す。そのまま脱出用ヘリに乗り込むが、彼らが乗ったヘリは怪獣の攻撃に遭い、ヘリはセントラル・パークに墜落する。ロブたちは徒歩で脱出を図るが、直後にカメラを撮影していたハッドが怪獣に殺されてしまう。ロブとベスはカメラを持ち橋の下に逃げ込み。怪獣が橋に迫る中、二人はカメラに遺言を残し、直後に軍隊の空爆が始まる。

爆撃による瓦礫の山が映された後、映像は1か月前の二人のデートの映像に切り替わり、観覧車に乗り込みデートを楽しむロブとベスの映像が流れる。観覧車の窓越しに映る海には、空から落ちてくる謎の物体が映り込んでいた。

Wikipediaより

中1の時に視聴。
初めて見たPOV形式の映画。ホームビデオのような主観の映像によりリアルタイムの緊迫感、恐怖感を体験できる。
POVスタイルのホラー映画

ホラーの対象が怪獣で、さらにその怪獣をやっつけるんじゃなくて、ただひたすらに逃げる
っていう一風変わった癖のある映画
に感じたのは自分があまりPOVを見ないからかな

POVスタイルならお決まりなんだろうけど、最初が長い…
映画好きじゃないと耐えらんないだろうな…

クローバーフィールド パラドックスを先に見てしまったのはミスだったな…
当時CMや広告が衝撃的で、結構話題になりましたよね。

スピード感や、パニックの臨場感があり過ぎて観ているだけなのに体力が必要でした。ケガをすれば、めちゃめちゃ痛そうだし…

いつ怪物の姿は現れるのかなぁって観てました。焦らして焦らして焦らされます。

エンドロールで、名前チェックしていて思っていた主人公が違う!って兄妹で騒いだのを覚えてます(笑)


日本からすると、アメリカってドイツ程ではないですけど強いイメージあるじゃないですか。あのアメリカが、もう無理、限界ってあの展開に至ったのは少し残念でした。でもそういう結果になるほど、やべぇ怪物だったんだなと…後に監督の取材記事見ていると、あれはまだまだ子供なんだよ。って答えていてマジかよ…地球どうなっちゃうのって恐怖を感じました。

当時、続編を作るよ!って聞いていたので楽しみにしていましたが予算とか色んな面で話が白紙になった。って聞いた時は寂しかったですね。

結果、今はNetflixで配信されているから時代と上手いこと歯車が噛み合った事が凄い嬉しいです。
全然口に合わなさ過ぎて、むしろ美味。


えっとね。まずハッドがとんでもないクズ野郎だってことね。
元からカメラに興味のある人若しくはカメラマンがこういう状況の時、撮影しなきゃと思うのはわかるが、その日のノリでカメラ撮影してた人が何をここまで必死に撮っているのかわからん、そんな必死になってカメラとるなら好きな子が横にいるんだから守ってやれよと思う。
TVカメラも軍も入ってるんだからもう君の撮影した映像そんな重要じゃないよね?軍の人にも怒られてるし、変な正義感に駆られたうざい一般人よね。

百歩譲ってそこはまだ良いとして、流石に兄貴が死んで悲しんでる弟を撮るなよ。どうゆうテンションでカメラむけとんねん。そんなカメラ取りながら俺あいつ慰めたいねんって言われても。
そんで変な話すんなって怒られてるのに何回も同じ話すんなよ。
化け物が最後ハッドしか襲わなかったのはあいつがウザいというこっちの気持ちを汲んでくれたからだろうね、と言うことは化け物は第四の壁を越えてるね。

ヘリコプターが化け物に対して平行に飛んで逃げるのも謎。普通逆方向に逃げるよね。

それからちょくちょく挟むロブとベスのいちゃいちゃシーン。「あーこの人達も幸せだったのに」ってなんないからね!!
ラストは意味あるけど、ラストはラストで飛来以外は臭くってもう。
ご馳走様でした。
終始緊張感があり楽しめた
終わり方が煮え切らないが資料という設定なのでアリ
謎の怪物に襲われるありがちな展開で、POVで進む映画

意味わからない怪物が出てくるけど安っぽい感じにならないで普通に怖くて面白かった

演出だけでここまで怖くできるのはすごい
面白いんだけど、これはハンディカム映画に対する愚痴と疑問。

ハンディカム映画って飾りっ気のないリアルな画を。みたいやとこあるけど、そもそもあんなカオスに街が破壊される中でパニックの中で、暗視モード切り替えも分からないその日に突然ビデオ触りましたみたいな奴が最後までビデオ離さない。なんとも立派なんだけど。なんで??普通の人間なら記録なんて途中でどうでもよくなってまず必死に逃げそうだけど。
映画を見ながら、こいつのジャーナリズム精神は一体どこからくるのか。。そして、このカメラの充電やべぇもつな!そゆ微妙なとこが終始気になって…こゆ部分のリアリティと説得力がだいたいいつも欠けてハンディカム映画のひとつシラケる部分。あとハンディ感出そうと無駄にブレる揺れる。いいから!
ここら辺を気にしなければまぁ楽しめる。内容は好きです。あの謎の生物は一体どこからやってきたんでしょうね
>|