10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

Nn

Nnの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

まじでオチが思ったのと違うし求めてたのと違う(笑)
あらすじとか予告の雰囲気信じへん方がいい。
日本上映前に見たから英語で見たけど内容は普通にわかるからそんな難しくない。
最初の60分はおじさんお兄さんとの関係とかソワソワしながら見れるし楽しいけど、ラスト外に出てからは何も面白くない。
壮大にグロい宇宙船とか妖怪出てこられてもエッて感じ。

◎人を疑いすぎるのは良くない
みました。
思っていたより、テンポ良く観れました。
希望はあるのか…
Topaaaaz

Topaaaazの感想・評価

3.5
事故から意識が戻った女性
男は 彼女を助けるためにここに運んだらしい
もう1人…先客がもうすでにいて
3人の奇妙な同居生活が始まるんだけど
どんどん男の異常性が増して…

外に出ると死ぬ…という
ほんとなのかどうなのか
男の言動が 何が真実なのか分からなくさせてるところがドキドキ感をあおってる感じです

シェルターを抜け出そうとするところ…
緊迫感があって ハラハラしました。
前作、観たっけ?全然思い出せない。
これ観たら思い出すかと思ったけど。
前半、後半で全然展開が違いますね。どちらもよかったですけど。緊迫感が心地よいです。
結局、前半のおじさまはいい人なのかわるい人なのか、よくわからん。理解力の問題?
AkihiroM

AkihiroMの感想・評価

1.7
なにがいいたいのかわかんない。井の中の蛙は井戸の中のほうが幸せ的な
2018年1本目

前作とは全く別物

部屋の内装よかったね
しー

しーの感想・評価

3.7
クローバーフィールドと関係あるのか、ないのかってのは最後の方で言われた気がする…(かなり投げやりに感じた)

密室のサイコパスものまではおもしろかった、突然B級臭くなるとこからは続編の有無で評価が変わってくると思う

主人公が着たParis je t'aimeという文字とエッフェル塔が描かれたダサいTシャツに目が行った
bopapa

bopapaの感想・評価

3.3
2018年 8本目

あのクローバーフィールドの続編なの?全然話関係無いじゃん、エンドロール見たら脚本にデミアン・チャゼルいるし、主人公の彼氏役でブラッドリー・クーパーってクレジットされてるし(声だけの出演で20秒くらい、贅沢な使い方やな!)と色々語る事が出来る作品。

何より、前作と同じタイトルがついてるけどミザリーとかソウとかドントブリーズとか、そっち系のワンシチュエーション物のサスペンスとして観た方が面白い。というかこの登場人物の少なさの中で展開が左右に揺れまくるのは目が離せませんでした。

前作との関連性という訳では無いですが後半に一気に作品の色が変わるような怒涛の急変があるのですが、それ含めてのあの密室の理由なので、この辺は個人的には楽しめました。

主人公の女の子が、試練を乗り越えるたびにどんどん力強い眼になり魅力的になっていくので、毎回思うのですが女優さんってホントに凄いなぁ〜と感心しきりでした。
キャベ

キャベの感想・評価

3.1
個人的に「この後の展開が気になる」話が好きなので、なかなか良かったです。

ただ、クローバーフィールドとは完全に別物のお話ですよね、これ。
ミシェルを監禁しているハワードが良い人なのか悪い人なのかなかなかわからないのが肝なんですが、ああ、やっぱりそっち、みたいな。

昨日観たゾンビランドが、一緒の時間を過ごすうちに信頼が芽生えていく展開だったのに対して、10クローバーフィールドレーンは全然仲良くならないのは真反対過ぎますよね。

ヒロインのメアリー・ウィンステッドは、あまり良い性格に描かれていませんが、可愛いかったです。そしてジョン・グッドマンの演技も怖かった。

「続編」だと思わなければ、まあまあ楽しかったです。
やりました。2018年一発目の地雷...(笑)
まさかの火炎瓶最強説です。
序盤で何回もタイトルを見直しました。
でも、クローバーフィールドでした。(笑)
>|