イントゥ・ザ・ストームの作品情報・感想・評価

イントゥ・ザ・ストーム2014年製作の映画)

Into the Storm

上映日:2014年08月22日

製作国:

上映時間:89分

3.4

あらすじ

知っているか。この夏、スクリーンを襲来する地球史上最大の怪物の正体を――!!それは直径3200メートル、秒速135メートルという、人類未体験レベルの超・巨大竜巻。 ジャンボジェット機を軽々と吹き飛ばし、時には炎を飲みこんで猛烈な火柱となる。 しかも複数の竜巻が次々と合体してさらに巨大化など、想像を超えたサプライズの連発!そんな荒れ狂うネイチャー・モンスターのど真ん中=「目」に向けて、観客を案内す…

知っているか。この夏、スクリーンを襲来する地球史上最大の怪物の正体を――!!それは直径3200メートル、秒速135メートルという、人類未体験レベルの超・巨大竜巻。 ジャンボジェット機を軽々と吹き飛ばし、時には炎を飲みこんで猛烈な火柱となる。 しかも複数の竜巻が次々と合体してさらに巨大化など、想像を超えたサプライズの連発!そんな荒れ狂うネイチャー・モンスターのど真ん中=「目」に向けて、観客を案内する。 ハンディカメラやケータイ動画でとらえたPOV(主観)映像による、本当に実況中継しているようなトリハダものの臨場感とともに、まさに天まで届く究極のライド・アトラクションを体験せよ!

「イントゥ・ザ・ストーム」に投稿された感想・評価

見たことあるのにまた借りてきちゃった。最初見た時は面白かったけど、2回はくどいな
よくあるディザスタームービー、ではあるけど
最近のPOV要素も含めたり
SNS的な要素もあったり、と現代的な要素多くあるところに特徴を感じる

まぁ最終的にディザスタームービーなわけだけども
災害が本格化するにつれ適度にハラハラするし
最後の車の活躍など各シーンは少し燃えるものがあった
記録
リチャードアーミティッジがホビットに出ていた時と見た目が違いすぎて(当たり前ですが笑)驚いた。
なべ

なべの感想・評価

3.7
POV撮影でリアルを追求したディザスタームービー。CGにしても中々迫力があり巨大竜巻の猛威を際限無く感じました。特に終盤、激化する台風の猛威の中で見た“光景”は必見。変に高層ビル群が聳え立つ都会を舞台にして「何でもかんでも派手にぶっ壊して視聴者の目を引く主義」を採用するのではなく、田舎だからこそ登場人物のキャラが立ってたし最近では世界中で異常気象が頻発しているので、そうゆう意味では被害にしてもそうですが、人々がいかにして竜巻の猛威から逃げるのかなど現実味を感じられて良かったです。

🏃 🏃‍♀️ 🏃=3 🌪🌪🌪🌪

この映画に込めたメッセージを分かりやすく最後に盛り込むあたり、普通なら視聴者が汲み取るのが普通ですが、この映画の場合は実際に現実に起こり得る話でもあるので有りかも…。
とっぽ

とっぽの感想・評価

3.7
いいですねぇ、ザ・B級映画!って感じで笑
昔と違って今は映像技術が素晴らしいせいで、B級でもそれなりに迫力があってかっこいいですね。90分とあっさりしてるのも無駄にしつこくなくていい。B級作品は何も考えず見られるので好きです。これも普通に面白かった!
Kai

Kaiの感想・評価

3.2
ただのパニック映画ではなく、親子愛もありなかなか感動した。正直竜巻より親子愛に全て持ってかれた。
Takakore

Takakoreの感想・評価

3.1
4DXで観て面白かった記憶あり!ほんとうに中に入ったらあんな感じかなって臨場感あった
ヒューマンドラマ部分が尺稼ぎとしか思えない出来。
肝心の竜巻による破壊も物足りない。
火を巻き込んだり、合体させて巨大化、といった風に竜巻を変化させたのならば、場所もまた変えるべきだろう。
どれだけ竜巻が凄くなろうが、終始田舎町で暴れるだけではディザスタームービーとしてのスケール感に欠ける。
高層ビルが建ち並ぶ大都会で、エメリッヒばりの大崩壊が観たくなる。
パニックムービー。超巨大竜巻の目からの映像は美しかった。本当にああ見えるのかな。
撮影隊の女性はゾンビのTVシリーズにもいたはず。パニック続きで大変ね…。絶対最初に被害に巻き込まれそうなユーチューバーたちが、最後まで生き残っていたのにウケた。
タビ

タビの感想・評価

3.1
観てないと思って観たら、多分観てた。
それなりに面白いんだけどね😅
>|