ゴジラの作品情報・感想・評価

ゴジラ1954年製作の映画)

GODZILLA:THE KING OF MONSTERS

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

Koma

Komaの感想・評価

5.0
音楽が良い!
メインテーマが格好良すぎ!この初代ゴジラでこの曲なんだっ!!!
えっと…だって1954年(戦後9年)だよ?それで、ここまでの作品が作れるって事にも驚いてるけど、こんなにも弦楽器が主線の音楽を作れる(録れる)ことに驚きっ!!!
もう、興奮しすぎて、速攻サントラをレンタルに行きました◎
が、しか〜し。目当てのCDはレンタル中…さすがシン・ゴジラ目前。考えてる事は同じよね〜。でも、どうしても、どうしても今日聞きたいの!(酔ってたしねw)って事で代わりに借りたのは”大怪獣伝説”!!!その後ヘビロテ♡(しかし一緒にヘビロテしてたのがMAD MAXだったから、ちょいちょい騙された(笑))
で、このCDの解説によると、”現在では「ゴジラのテーマ」として知られてる曲だが、元来はゴジラに立ち向かう人間たちを描写する主題”だったらしいよ!ほぇ〜。

白黒作品。モノクロ作品なんて何時ぶりだろう?ってか、何を観たことがあるんだろう?
むしろ、あんまり違和感ないんですけど。若干”どこ?この辺鄙な島?”って思った位で。
ってか、レンタルする時、ジャケットちゃんと見なかったんだけど…このジャケットのゴジラ…ヤバくない?怖い…。目変んな方向、向いてない???(劇中動いてるゴジラでは感じなかった。)
特撮ね。古いし、映像荒いけど、そして肝心などのシーンかは忘れちゃったんだけど…。紛れもなく、日本人の作品(特撮)だなぁ〜とめっちゃ関心したトコがあって(多分、銀座ら辺のビルかな?)、本当に構造がビルなんだよね!!!倒れて中が見えるビルが、ビルなの!!!(いや、特撮だから当たり前なのかもだけどね。それでもちょっと前に観たWS/SMのビルシーンが…ね…。)ビルももちろんだけど、今はあまり見かけない日本家屋がいっぱいある時代。そんな難しそうな日本家屋とかの特撮にもニヤニヤしちゃったよね♡

ビキニ環礁の核実験に着想を得て、さらに終戦後9年という時代だから、核実験や反戦へのメッセージ性が強い作品となってるのね、うん。戦時中の記憶も新しいからかしら、逃げれないと覚悟した親子、最後まで実況を続けるレポーター(逃げてくれっ!)等、リアル。あとは本当、時代よね。公に恋愛感情だけで勝手に付き合えないっぽい感。未知だわぁ〜。
そこからの、芹澤博士。オキシジェン・デストロイヤーを頑なに公表せず、でも、唯一存在を知らせる信じられる人。ここら辺が…いやいや、女って怖いわ。え?そっち行くん?って…。なんならオキシジェン・デストロイヤーより怖いからね?そしてラスト…。芹澤博士〜!!!!!!強いわ。こんな人たちが自分の命を投げ出して戦争してたんだよね。。。ん〜なんとも言えない。

当時のポスターには"水爆大怪獣空想映画"って描かれてるぢゃん!しかもカラー✧

レンタルDVDで鑑賞✧2016年137本目♪
**********2016/07/24**********
yutonishio

yutonishioの感想・評価

3.5
登場と街破壊のシーンは、シン・ゴジラよりファーストゴジラの方が全然絶望感ある。
倒し方が雑で笑った。オキシジェンデストロイヤー。
戦後わずか10年足らずの公開で、世界を驚愕させたMonster・Moviesの“ネ申”として君臨する、日本国屈指の金字塔!
シン・ゴジラまでの29作中、16作目で本作を見ました。
かなり古い作品ですが、公平な目で見て現在の最新作までをあわせても十分楽しめる内容です。
16作中の評価としては上の中といったところ。

古いモノクロームの映画で話も難しいところがあるため、子供向けの内容ではないです。
ゴジラと人間が戦うというより、一方的にゴジラに破壊され、恐怖に怯える話になっています。
水爆実験によって生まれた怪獣ゴジラが、人間の文明を壊し、踏み潰して、そして大勢の人間を殺してまわる。
恐ろしい怪物として誕生したゴジラ、そして人間のエゴのために殺される理不尽が描かれている名作でした。
日本映画史上の名作を初鑑賞しました。唯一の被爆国日本だからこそ撮れた映画ですね。最後のオキシジェンデストロイヤーのところが雑ですが、ストーリーや映像、音楽、未だに色褪せません。
後の作品へあまりにも大きな影響を与えた聖典と言っていような作品。
それ故、純粋にこの作品だけの感想を出すのは非常に困難だと思う。
ただ、何回見ても感じるところがあるし、時代横断的に訴えかけてくるという点で、やはり傑作と呼んでいい作品なんだと思う。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.2
当たり前だけれど脚本がめっちゃよくできてる。
怪獣映画にアルマゲドンか日本沈没かみたいな要素も入ってる。
1954年だからか反核だけでなく、戦争の爪痕も色濃く感じられる。
電車の中で為される「また疎開先見つけないとなぁ〜」という会話。「お父さんのところに行けるよ」と子どもと抱きあう母。

国会の片方の党は党首が女性で、隠蔽しようとする方の党は男ばっかりしかいないのは意図してたのか。

全然関係ないけど、幼稚園の時テーマソングに「ゴジラゴジラ、ゴジラだ、マジゴジラ」って歌詞つけて歌ってたのを思い出した。
レンタルして鑑賞

大袈裟かもしれませんが、日本の誇りだと思いました。

色褪せない傑作です。
👑キング・オブ・モンスター

🎬”1000本目”は小さい頃から、ずーっと大好きな"ゴジラ"!
🎬怪獣映画の原点であり頂点である。

人生で初めて、映画館で観た実写映画は「ゴジラVSモスラ」である。
なので、ゴジラと一緒に育ってきた。
誰もが名前は知ってるけど、初代ゴジラを観たことがある人は、どれくらいいるのだろうか。

昔の映画だし、白黒なので少し抵抗があると思う。
自分も最初はそうだった。
初めて観たのは小学生の頃だけど、最後まで観ることができなかった。
それから、少し成長して再鑑賞することによりこの映画の魅力がわかるようになってきた。
今では、全ての怪獣映画で一番好きな作品である。

初代ゴジラは、戦争映画に近い怪獣映画。
水爆実験により、自分の生活環境を破壊され地上に現れたゴジラ。
ゴジラは、人間の被害者。
海底で静かに暮らしていたのに、人間の身勝手な実験により、住む場所を壊されてしまったのだ。
核兵器という人間の生み出した最大の過ちにより現れたゴジラ。
なのに、そんなゴジラを殺そうとする人間の身勝手さ、愚かさ、悲しさを描いた作品。

次々と町を破壊するゴジラ。
白黒の映像もあってか、その姿は恐怖そのもの。
ズンズン、ゆっくりと破壊しながら歩き、放射熱戦で町を焼き尽くす。
これ以降のシリーズにも、町を破壊するシーンが出てくるが初代ゴジラの恐怖は別格。
ゴジラの怒り、悲しみ、心の叫びが静かに伝わってくる。

この映画では、二人の博士がカギとなってくる。
ゴジラの生態系を研究すべきだと訴える山根博士。
なので、ゴジラを殺す事に反対する。
しかし、人間はゴジラを抹殺するようように動き出す。
そんな、人間の姿に落胆していく。
人間は、なんて身勝手な生き物なんだろうか?

そして、自らの手で怪物を生み出してしまう芹沢博士。
戦争により、酷い傷を追った博士は、世間と距離を置くようになる。
やがて、とんでもない怪物を生み出し苦悩していく。
人類最大の過ち、水爆、原爆。
それと同等なものを作ったことで、新たな核戦争が始まるのではないのかと危惧するようになる。
人間は同じことを繰り返す悲しき生き物。
必ず、この兵器が悪用されてしまう。
人間はなんて、醜い生き物なんだろうか?

ゴジラによって破壊され焼け野原になった町。
戦争、核兵器により焼け野原になった町。
この二つは、何が違うのだろうか?

大きな傷を負い横たわる被害者たち。
テレビの前で祈りをささげる人々。
祈りの歌を合唱し、平和を願う人々。
そんな、悲惨な光景に心が苦しくなる。
この映画では、ゴジラによってそうなっているが、現実の世界ではもっと酷い事を人間は行っている。

最後に、山根博士が語るあるセリフ。
なのに、人類は、未だに戦争を繰り返している。

しかし、この平和な国、日本だけは違う!

そんな、平和な国だからこそ生まれた怪獣ゴジラ。
世界中で今も愛され、これからも愛され続けるゴジラ。
世界で一番有名な日本人、ゴジラ。

そんな、ゴジラがずーっと、ずっと好きなのだ!
M太郎

M太郎の感想・評価

4.0
戦争映画といっても差し支えないほどテーマの落とし込みが完璧で驚きました。何がゴジラを生み出し、どうやってそれを滅ぼすのか。真摯に科学の二面性に向き合った終盤の葛藤が見事。
鳴り響く警報とゴジラの足音に、当時の人は何を思ったのかなぁ。


テーマの表現もさる事ながらエンタメ度も大変高くこれぞ怪獣映画。中盤の東京炎上などは破壊の快楽に溢れています。燃え上がる東京に浮かび上がるゴジラのシルエット、の画が最高!
あと所謂ゴジラのテーマ。どちらかと言えば人間サイドを讃えるように使われて少し驚きました。

怪獣映画では怪獣の瞳の表現をいつも気に欠けているのですが、本作はやはりと言うべきか、あまり目、ひいては顔面が映り込まず脅威としての意味合いが強いと感じました。やはり『シン・ゴジラ』に近い印象。当たり前ですが、本作のゴジラは話の通じない怖い怪獣なんですよね。

あとゴジラ対策が「災害対策本部」で行われているのも特筆すべき点では。安易にフィクションに頼らず、リアリティを重視して作られているのが分かります。
あと政治家達の論争シーン。伊藤和典に強い影響を与えているんでは。パトレイバーで何回も聞いたぞあの言い回し。
>|