ゴジラの作品情報・感想・評価

ゴジラ1954年製作の映画)

GODZILLA:THE KING OF MONSTERS

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.2
初代の作品を見て改めて感じたのは、
やはりこのゴジラの正統なる後継者は「シン・ゴジラ」なのだなと言うこと。
ネット

ネットの感想・評価

3.3
ゴジラの大破壊よりも、「もうすぐお父さんのところへ行くんだよ…」とか、亡くなった母親が運ばれるのを見て大泣きする小さい娘とかの方が記憶に残っている。あの泣き声はマジでヤバかった。
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
何作かある娯楽的なゴジラ映画も大好きです。
以前に『シン・ゴジラ』を観る前に第1作目を観たいなと思いスイッチ・オンしたわけで😊

今回はいま旬のデル・トロ監督が怪獣好きからの再鑑賞

ゴジラは第1作目は社会派な映画になっています。なかなかのメッセージを投げてきます。
特撮映画もなかなかのクオリティ。
モノクロ映画だからドキュメンタリーのような怖さが伝わってきます。
大人な映画になってます。

水爆実験で日本人が犠牲になった歴史があります。
会話の中に長崎原爆の話もあった。

そんな背景で現れたゴジラ
大きな姿は恐怖の投影!
ゴジラもまた被害者なんです。

芹沢博士もまた戦争被害者。
研究者はまさか戦争に利用されるものを作ったわけではないのに使われてしまった過去がある。
オキシジェン・デストロイヤーを作り出した芹沢博士は悪用を心配し自らの命を…。
悲しいストーリーなんです。


今思えば『シン・ゴジラ』も良い映画だったかな。


1953年 アメリカ映画
『原子怪獣現わる』の影響を受けていると初めて知った
観てみたいな~。

映画の中の台詞で、あの時代から"UMAの研究"があったのは面白い、だってまだ解明されてないし😁

今でもゴジラの声、曲、防衛庁の曲が使われてる事が"もうそれしかない"と思う音の偉大さを感じる。

志村喬
若い❗️博士が似合う
同年『七人の侍』出演。


予告🙋
次は300本目レビュー🐾
am

amの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

OPがかっこいい。音割れしてるけど迫力ある。ゴジラいい声。

ゴジラが本格的に暴れるのが後半以降。
シン・ゴジラは反撃するまで可愛く歩いてるだけだったけどこのゴジラは明確に攻撃する意志があって街の破壊を頑張ってる。攻撃されたら反撃しないで海の中に逃げた。ゴジラには個性がある。
音楽がかっこいい。
予想と違って人間の方を描いてた。
日本人なら1度は見た方がいい。
CGもない頃、白黒だからこそ未知の生物の怖さが引き立っている。
tkhrhs29

tkhrhs29の感想・評価

4.5
『ゴジラ』は第5福竜丸が水爆実験で被害を受けたことをモチーフにしている…ということくらいの状態で鑑賞。

ストーリーの中に出てくる様々な人、生物学者や島民、国会議員などそれぞれの立場から捉えるゴジラの姿が異なるのが面白い。ゴジラを研究として、あるいは伝説上の生き物として、はたまた国家を脅かす凶悪な存在として、ゴジラは見られている。

ゴジラはゴジラの意志でその姿になったわけではない。けれどもゴジラは目の前の災害をもたらすものとして対策を講じなければならない存在である。葛藤した上で選択があることを『ゴジラ』は教えてくれる。

ゴジラは海中の酸素をなくし、その中にいた生物を液体化する「オクシジェンデストロイヤー」で倒されるが、生物学者はゴジラが最後の一匹であったかを疑う。水爆実験が終わらない限り新たなゴジラ、あるいは類似種が生まれることを示唆している。
串田串

串田串の感想・評価

4.7
傑作‼︎
オープニングの重厚なBGMから超自然的現象を予期させ、それに重なるように怪獣の鳴き声が入る。我々はゴジラがどんな怪獣で何をするか知っている上で1954年版を見るからこれはゴジラの声だと認識するが、当時の人は未知なる怪物の鳴き声に期待を寄せたのだろう。この期待のハードルをゴジラが登場する前に徐々に上げていっているのがこの映画の優れているところだ。海上で船舶炎上事故が起こりなんらかの超常現象が起きているということが会議や口伝え、現象によって伝えられる。まだこの段階では人々は海底火山の事故かなにかかと思っているが次に村人によってゴジラというワードが出る。そして生き物だということ、恐ろしい怪物だということ、村人はそれを恐れていたことが伝えられる。観客はゴジラというものをおぼろげに想像するだろう。そしてその夜期待のハードルは一気に上がる。家が倒壊し嵐が吹き荒びとうとう人が死ぬ。ゴジラを登場させずとも圧倒的な力を見せつける。その後も足跡や放射線などゴジラの情報が足されていってとうとうグロテスクな怪物が山からカオを現す。そのものが出る前に予兆を丁寧に描くことはエンド・オブ・デイズ等映画や漫画によく使われる手だがゴジラの存在で映画を作る為とても丁寧に作られている。これによってゴジラという着ぐるみに生物性を与え本当にこの怪物が存在しているかのようなリアルさを付加させている。ただ、個人的にお昼にゴジラが出るのは間抜けに見えてしまうのだが。
個人的に感動したのは芹沢博士の存在。この映画は人類対怪獣ではなく、一人の男対怪獣だと思っていて唯一対抗しうる武器を持つ芹沢博士が単身で巨大怪獣に立ち向かう姿を見て僕は泣いた。そして芹沢博士の勇姿を見るよう友達へ口々に伝えた。スクリーンでこのゴジラを観れる貴重な機会があったが技術云々以上の迫力に圧倒された。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

3.4
特撮技術、思想の先見性、戦後10年の日本人と水爆、とにかく見所が多い。邦画史においての価値ももちろんだが、何よりこの映画の背景そのものにも強く興味をもった。どのように生まれどのように世界へ影響を与え続けたか、そういうことまで知りたくなる映画は自分にとってはとても珍しい。
きなこ

きなこの感想・評価

3.8
シンゴジラから一気に遡って初代ゴジラ!
オリジナルゴジラ。
シンゴジラにオマージュされているらしい、と聞いて。
これが面白いからこそ、後々につながるシリーズになったのかな、と思うと感慨深いかも。

意外にシリアス。戦後の空気感。
作り物だって分かっているのに、本当にいたら怖い…と思わせるのがすごいと思う。

緊急放送の人たちが、自分たちが襲われる直前まで中継しているシーンが心理的にやたら怖かった…。

あとは、とりあえず志村喬!!
立派な大人向け映画でした。ゴジラの存在の裏付けに、必死さすら感じた。おかげでストーリーはかなりしっかりしていた。何より芹沢の科学者としてのプライドが凄まじい。そしてわざとかと思うほど、登場する女性の行動に知性が感じられない。(あえて俗っぽく説明すると、女がアホっぽい!)
特撮は各シーン感心しながら見ていた。(なんだかゴジラ柔らかいなぁー、と思うところもあったけどね!) 97分の作品だが思いのほかしっかりとロマンス要素があり、もっと長く感じられた。
個人的にと当時のポスターデザインが新鮮に感じられて面白かった。(ウィキペディアに画像が掲載されている。)
>|