ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

ゴジラ1954年製作の映画)

GODZILLA:THE KING OF MONSTERS

上映日:1954年11月03日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

イシ

イシの感想・評価

4.5
白黒映画なのに、人々の感情が本当に伝わってきます。
時間が経った時にもう一度見たい。

このレビューはネタバレを含みます

11年前ぐらいに見ました。

キャッチコピーは「ゴジラか科学兵器か驚異と戦慄の一大攻防戦!」「放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全土を恐怖のドン底に叩き込んだ!」

1954年に日本で製作された最初の怪獣映画 "ゴジラ" を見た時、海底の洞窟に潜んでいた侏羅紀(ジュラ紀)の怪獣「ゴジラ」がたび重なる水爆実験で安住の地を追われ、大戸島を襲った後、東京に上陸して電車を噛み付いたり、その他の建物を素手で壊したり、帝都等を "放射能を含んだ熱射線" で破壊の限りを尽くし、ゴジラは「核の落とし子」「人間が生んだ恐怖の象徴」。反戦、核への怒りをテーマにしてこれがゴジラの原点となる映画だと分かりました🌟🌟👍👍✨✨✊✊

テレビ塔に居たリポーター達がゴジラを撮影し、リポートしながらゴジラに襲われて落下したシーンはえげつなかったです😶😶😶

まさに東京大空襲、東京が焼け野原になったようなありさまでした(辛辣と真剣な気持ちで見てた)😳😳😳😐😐😐😶😶😶

芹沢博士が最終手段として水中酸素破壊剤オキシジェン・デストロイヤーをゴジラに使って骨になるように上手く消滅させたのは凄かったです🌟🌟✊✊✨✨👍👍

ラストの山根恭平博士の名セリフ「あのゴジラが最後の一匹だとは思えない。もし水爆実験が続けて行われるとしたら、 あのゴジラの同類が世界のどこかで現われてくるかもしれない」ていうシーンでこれから続編を匂わす感じがありました🌟🌟👍👍✨✨✊✊
DjDagobah

DjDagobahの感想・評価

3.4
ストーリーの大体の流れはなんとなく分かっていたし、今の目でみると、ありがちな物ですらある。
しかしながら、後のゴジラシリーズとは一線を画すホラー演出。
怪獣映画というよりは、むしろ災害や戦争を描いたものに近いと感じた。

また、第二次大戦の9年後とあり、芹沢博士が戦争によって片目を失ったという設定や、「せっかく広島から生き残ったのに」とか「もうすぐお父ちゃんの所に行くんや」という台詞に、当時の日本にまだ残っていた戦争の傷痕が映し出されており、衝撃を受けた。
tych

tychの感想・評価

4.0
1954年 モノクロ 97分。海難事故が続き、それは核実験で目覚めた大怪獣ゴジラの仕業と判る。身長50mのゴジラは東京に上陸、街を火の海に変える、、果たして人類になす術はあるのか!?迫力の特撮 骨太のドラマ、まさにすべての始まりとなった「ゴジラここに登場」といった作品。
7

7の感想・評価

3.5
原点
NOPEはジョーズを目指し、ジョーズはゴジラに影響を受けたということで鑑賞。あからさまなミニチュアや、たまに「??」と思うシーンがあるのもまた良い。約70年前にこれを観てたら凄い衝撃だったのだろうなぁ。病院のシーンで怪我した人や亡くなった人を映すのは驚き。暗くてかなり全体的にシリアス

最初のゴジラは目がクリクリしていて可愛い
ハリウッド版ゴジラ観た後、なぜか初代も見る事に。

結論、予想以上に面白かったし人間ドラマがキチンとあった。そしてゴジラが当初は娯楽映画じゃなくて反戦映画(当時行われてた第五福竜丸の水爆実験に反対して、そういう社会問題も加味していた)だったっていうこと。全く知らんかった。

映画の中にも科学者の苦悩などもきちんと描かれていて、かなり見応えがあった。そうだよな、終戦から10年後とかの映画だから原爆とかにもかなり影響受けてるんだろう。

特撮もすごく頑張ってるのが伝わってきた。「これどうやって撮ったのかなー」とか推察しながら見るのが楽しかった。

ゴジラの初登場シーンはなんだか笑ってしまった。ああいう感じで出てくるんやな。

ハリウッド版はただただ迫力ある映像美と比べて、こっちは1都市づつジワジワ迫り来る恐怖みたいなのがあった。よりリアルというか。

昔の白黒映画おもろいな〜。。もっと観てみたくなった!

そしてなんと言ってもこれでもか!と流れるあのテーマ曲。最初タイトルロールで流れて来た時に秀逸だった。これ作った人天才やな。
spitfire

spitfireの感想・評価

4.2
日本映画専門チャンネルの4Kリマスター→2Kダウンコンバートを録画で鑑賞。
最初のゴジラは終始シリアスで存外に怖かった。明らかに第二次大戦の記憶を呼び起こすような描写が重なり、核や水爆に擬えたような超兵器オキシジェン・デストロイヤーが出てくるのも先の大戦と重なる。創作物は時代を切り出すものではありますが、本作には「その時代だからこそ出来た怖さ」というものがたんまりとあります。モノクロの映像がミニチュアや着ぐるみに風格を与えるのも本作の見所。時代性に加えて、カラーでは出なかったであろう質感も含め、1956年だからこそ成立したユニークな味わいですね。
またファーストゴジラを見るとシン・ゴジラの理解が深まるというのも妙味。色々と初代オマージュだったんだなシンゴジ。
METALOVE

METALOVEの感想・評価

3.7
【昭和ゴジラシリーズ1作目】

ゴジラは、
平成ゴジラを何作か、と
シン・ゴジラ、
モンスターユニバースシリーズしか観た事なかったので最初から全部観てみよう!

ゴジラって海底に住んでたんだけど、水爆実験やり過ぎて住んでる場所を追われて人間の前に姿を現したのか!知らなかった!

モンスターパニック映画というより当時の社会(環境汚染など)を批判したりがメインになってるのは驚いたのと、
白黒映画はあまり観ないので新鮮だったし、
ゴジラが人間の手で明確に倒されるのも新鮮!


そして何度も言いたくなる言葉!
オキシジェンデストロイヤー!
果てしない影響力を持つ伝説映画。
きっと、スピルバーグ作品にも影響を与えている。水爆が生んだ怪物という設定を与えることで現実世界の社会的問題と結びつく。それは原爆や水爆や戦争に限らず、環境汚染においても。 
alazyman

alazymanの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

核実験の恐怖がメインテーマの映画。
決してただの怪獣映画ではない。初代ゴジラがすごいところはそこ。
核のない世界への祈りのようなものを感じることができた。
>|

あなたにおすすめの記事