ゴジラの作品情報・感想・評価

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

白黒でよりゴジラの怖さが引き立ってた
エンタメ色を極力排除してるのが印象的

#芹沢さぁぁん!!
tomoha

tomohaの感想・評価

4.3
見てよかった。

水爆はもちろんだけど日々生活している中で海や山や空も生きている。これを忘れてはいけない、それらを殺したら死ぬのは我々だ。マスコミの報道のシーンもここ最近の報道のあり方とつながる部分があってとても考えさせられた一昨。
orz

orzの感想・評価

3.0
1954年の初代。新作アニメも公開されたので1作目から試聴開始。当時の社会問題、水爆実験をモチーフにして生まれた作品ということは知っていたが、しっかりと観るのは初めて。話はまあまあ。
白黒映像で当時の昭和の様子が見られるのは個人的にテンション上がる。
水爆実験への警鐘が、原発の危機を連想させられる。シン・ゴジラ同様の災害映画。
Hulu
かとう

かとうの感想・評価

4.4
なんやこれ、
ストーリーの進み具合が神憑りやんけ、、

特撮凄すぎ、、
特撮がショボいけど、マスコミのテレビリポーターがテレビ塔の上で視聴者に別れを告げるシーンが力強い。
cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

4.2
言わずと知れた第1作

溶けていく橋を表現するために飴を使ったり試行錯誤が垣間見える作品です。

シリーズの中で最も巨大生物の恐ろしさが伝わる作品であり、シン・ゴジラ同様モンスタームービーではなく、パニック映画として確立されたと言えるのでは…
やまお

やまおの感想・評価

3.8
小学生時代ぶりに観賞。
モノクロだからこその恐怖感があっていい。
CGなどない当時の、意匠を凝らした撮影技術に感嘆。
ゴジラと巡る東京ツアー!
燃える美しい夜景をきっと心を奪われるはず!
ここから全ては始まった

日本の特撮の歴史において、避けては通ることの出来ない作品こそ、この初代『ゴジラ』です。



まだ自分が古い映画に色眼鏡を持っていた頃、初めて鑑賞し度肝を抜かれたのを覚えています。
元よりゴジラもウルトラマンも好きでしたが、まさか初代ゴジラがこれほどの完成度を誇っているとは思っていませんでした。

何よりもこの時代にこのレベルの特撮技術が確立しているというのは驚嘆に値します。
ゴジラという、言ってしまえばただの着ぐるみでしかない存在を、怪獣として映像の中に確立させ、見る人を恐怖させるんです。特撮の奥深さを感じざるを得ないですよ……。
増して、同時にゴジラに内包された核へのメッセージも発信していますからね。ここからゴジラを初めとする怪獣は様々なテーマ、メッセージに身体を持たせた存在になっていくんですねぇ。
昔でいう妖怪みたなものですかね。

内包したテーマが子どもウケしないようなものでありながら、ゴジラという怪獣王を通すことで単純かつ解りやすくなっているのも、シンプルながら凄いと思います。
怪獣の妙ですね。

モノクロ作品というのも、ある種迫力を増す一助になっているかと。
カラーにすれば雑になるかもしれない細かなディティールが白黒に塗り潰されることで、一転してリアルになる。
現代だからこそ言えますが、時代と上手くマッチしています。

怪獣王と呼ばれるゴジラですが、この作品も、原点にして頂点、怪獣映画の王と呼ぶに相応しい作品ですね。
>|