ゴジラの作品情報・感想・評価

ゴジラ1954年製作の映画)

GODZILLA:THE KING OF MONSTERS

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

mayu

mayuの感想・評価

4.0
戦争から9年でこの作品作れるがすごい、、
オープニングの音楽と文字たちが並んでる感じもドキドキワクワクして、音楽と文字だけで人を感動させることができるのは圧巻でした。

物語的にもどんどん展開されていって観やすいし、芹沢博士の苦悩が優しくて強くて、悲しかった、、

こんなに深い意味がある作品とは知らず今まで観なかったことが悔やまれる、、シリーズ制覇したい!
戦後9年でこの高クオリティ。

ちゃんと怖いゴジラ。
容赦のないゴジラ。

エキストラがめちゃくちゃ多い。
さまざまな車両も登場。
大規模なジオラマも大炎上。
スケールが大きくて驚く。

今見ても楽しめる初代ゴジラは凄い。
屑落ちる燃え上がる炎
炎の中、流れ出る激流
時々、映し出されるゴジラの瞳が愛くるしく
人間ドラマも素晴らしかった。
8月になると戦争映画やドラマが放送される機会が増えるけど
このゴジラも、それに匹敵する作品だと思う。
こういう作品をぜひTVでも公開してほしい。
昔見たときは途中からでわからないシーンが多かったけど、映画が作られた時期の情勢などを聞いて最初から見たらおもしろかった。
シン・ゴジラで聞いたような音楽や、見たようなシーンがたくさんあった。
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
怪獣映画…だけれど…「戦争映画」だな…と私は感じた…

エンタメ感は、ない…
緊張感で一杯…

出演者…戦争を経験している方が殆ど…
終戦から9年目の製作…

「反核」「平和」…メッセージ性を強く感じた…

ラスト…切ない…(涙)

…「ゴジラ」の「原点」…ここにあり…
見応えある、凄い作品だった…
昔の作品だが現代でも楽しめる!面白い!
しっかり映画が作られてるなと感動

水爆を反対するメッセージ性が強く
あの時代だからこそでき、あの時代だからこそ良かった内容でした
山根博士の最後の言葉、芹沢博士の心情、など様々なところかれ水爆への反対イメージがあり伝わってきました

平和になった東京の街を再び炎の渦に巻き込むゴジラは圧巻でした

さすが日本映画史に残る名作です
Yasu

Yasuの感想・評価

4.8
面白すぎてビックリした。
白黒っていうところがかなり時代を感じるけど。
第五福竜丸とか水爆のこととか時代背景になってるってストーリーが本当にすごい深い…。また疎開は嫌よ、とか、すごい生々しい時代感…ゴジラ観るとか歴史の授業に取り上げられても良いのではと思うくらい…!!
良く練られていて今観てても全然色褪せない。
友達と3人くらいで観たけど、今となってはツッコミどころ満載のゴジラとジオラマのサイズ感とか、水から上がってくる様子とか、水遊びしてる感じで可愛かったし、ホッコリした。でも本当に凄い!!!観てて本気度が伝わってきたし、単純に面白かった!!
一緒に見た子たちも面白くてビックリしてた!笑
ゴジラの音楽もものすごく良かったし、オープニングから時代を感じられて楽しかった。
傑作であることに異論はないが、東宝は俳優がおとなしすぎる。
2年後デビューする高倉健はじめ、東映の悪い役者でこれが作られてたら、その後の世界の映画地図は変わっていたと思う。
ハテナ

ハテナの感想・評価

4.7
HDリマスターでめっちょきれいになったのでみるといいです。(2014/07/08)
Monet

Monetの感想・評価

3.8
『シン・ゴジラ』と比較してみると、時代によってゴジラの持つ意味が変容していくとともに、ゴジラを通して伝えたいものの根幹は変わらずに受け継がれているように感じた。ゴジラが時代を象徴していることが分かる。
>|