ゴジラの作品情報・感想・評価

ゴジラ1954年製作の映画)

GODZILLA:THE KING OF MONSTERS

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

ymmrmmk

ymmrmmkの感想・評価

3.8
公開当初に生きていたら、恐ろしくて見れないと思う、、

有楽町マルイのゴジラ展で先に見ちゃったオキシジェンデストロイヤーが使われてるのをやっと見れた💡なるほど、最強💡

芹沢博士は、アメリカ映画によく出てくるクレイジー博士感が無くて戦後日本の道徳観みたいなの見えた気がする
正確に言うと
NHKの「プレミアムシネマ」で放送されていた
『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』を観た。
優男

優男の感想・評価

3.8
会社の同僚に借りて初めて最初のゴジラを観ましたが、とても良かったです!!

映像が古いとか爆発がしょぼいとか今観たらそう思うのは当たり前です(笑)
ですが、それを抜きにしても楽しく鑑賞出来ました❗❗

最初のゴジラを観れた事はとても感慨深いものがありました💨
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
いまさらながらの鑑賞。でも押さえておくべき古典。60年も前の作品だから特撮もチープですが、白黒ということもあって、味があってよいですな。

それにしても、水爆実験で生まれた怪獣という設定のリアリティよ。この怪物を生み出したのは人間であり、その悔恨と罪悪感に苦しむ日本人の姿。山根博士も芹澤博士も皆苦悩している。戦争への反省という当時の日本人の心情をここに感じることができます。

アメリカが作るエイリアンムービーだとこうはならない。武器の使用をためらう芹沢博士みたいな人は真っ先に死にますよw 好戦的で権利主張が強いアメリカ人には作れない物語です。
しほ

しほの感想・評価

3.6
印象深いわ〰️。ゴジラ、怖かったけど好きなの。なんか悲しくなるの
【 シネマメモ帖 「ゴジラ」(1954年)】

先日、NASAなどが参加する研究チームが日本を代表する怪獣「ゴジラ」を星座として新たに認定したと発表。
ゴジラの選定理由は、ブラックホールや中性子星の活動でガンマ線が大量に放出される「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が、ゴジラが放つ放射熱線と似ているためという。
さすが、日本が世界に誇るモンスター、ゴジラ。
だけど、そんな人気もののゴジラの第1作は戦後の傷跡がまだ残っている1954年に公開。
アメリカの水爆実験により、日本の漁船第五福竜丸が被爆した事件が本作製作にも影響を与えたこと等を考えると、唯一の被爆国である日本がゴジラを作り出し、世界に問うたことの意味は深い。
「水爆大怪獣」といった呼称が実に重々しい。
私たちが戦争や核兵器の恐ろしさを忘れかけ、平和ボケしているときにゴジラは怒りとともにまた品川から上陸してくるのです!
「シン・ゴジラ」も面白かったけど、やはり「ゴジラ」第1作は王道の傑作。
そして、本多猪四郎も日本が世界に誇る名監督です!
はじめての初代ゴジ。やっっっっと見た。
戦争から10年も経っていない1954年。
戦争で原爆を受けた日本。外国では水爆実験が多発してる世界。
志村喬の重みのある最後のセリフがこの映画全体のメッセージ。←最後七人の侍っぽかった。

ゴジラよくできてんなぁ〜!めっちゃ暴れるじゃん!今見ても十分にリアルで恐ろしい。
当時見た人はマジで東京が火の海になっちゃったってそりゃ信じるわ。すばらしい映像、音楽。
ゴジラ初登場山からひょっこりシーンがすばらしい。どこにいるの?どんな姿なの?って思わせてからのひょっこり。

シンゴジラはよくオマージュできてんなぁと思いつつ、元祖のほうが人が死ぬシーンが多くてゴジラによる悲惨な状況が際立っていた。

見よう見よう、でも結構見てこなかったシリーズ6本目🎬
これは金字塔ですよ...、今はもう才能溢れる人間が居なくなっちゃったね、残念だね。
ka28mar

ka28marの感想・評価

-
流石にこれはロードショーでは無理

殿堂入り

ビキニ環礁の原爆
放射能を浴びると巨大化すると思っていた。

特撮 円谷英二 東宝
[R_SF]
有名だが1954年版を見た人は少ないのではないか
この映画でリアルではいのはゴジラとオキシジェンデストロイヤーだけ
あとは全てリアルだ
スペースオペラとは土俵が違う
>|