GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価

GODZILLA ゴジラ2014年製作の映画)

Godzilla

上映日:2014年07月25日

製作国:

上映時間:124分

3.3

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
2014年で1番面白かった映画。話の内容や敵キャラの設定がシンプルなので観やすく、ドキドキや絶望感、ゴジラ登場での安心感など色々詰まってます。ハワイのシーンは大興奮。
爬虫類、昆虫好きは是非。
はけ

はけの感想・評価

3.5
※思い入れが強すぎて変な感想になっています。

とりあえず観た直後の感想ですが、結論から言うと前回のハリウッドゴジラとかわりなくて、「どなたですか?」これでした。
これは日本のゴジラが好きだから辛口に評価したわけでは全然ありません。
映画館を出るとき、すぐ後ろを歩いていたお姉ちゃん達の会話なのですが、真っ先にした話題は、「なんであの曲使わないんだろう?」でした。
「あの曲」聞くとゴジラ観たって感じするのに」版権の問題とかなんとか、彼女達の推理は続きましたが、僕は一言で、「似合わない」からだと思いました。
このゴジラには、「あの曲」が似合わないんです。
だからどうしたとか思わないでください。
例えばアントニオ猪木の入場曲が似合わない猪木を、貴方は猪木と呼べますか?
誰もが知っている何者かのテーマ曲が流れたとき、みんなが期待するもの、というものは必ずあるはずです。ファンならばなおさらです。
このゴジラに「あの曲」が流れると、作品の雰囲気とのミスマッチに誰もが「違う」と気づいてしまう筈です。

とはいえ、前回に比べかなり理解は深まり、見知らぬ怪獣が戦う映画としてはかなり楽しめました。
一つだけすごく評価しているのは、この映画の怪獣が「人間を認識していない」と言うところです。自分に対して非力すぎる存在なため意識すらしないという。
これは今までのゴジラにはなく、しかしゴジラのキャラにとてもマッチしている、新しいゴジラ観だと思い、大変素晴らしかったです。

ていうかこの映画の怪獣は性格かなり平成版ガメラなんですが、監督はガメラはチェックしていなかったんでしょうか。
ゴジラの性格をガメラにしちゃうようでは、とてもじゃありませんがいい評価はできません。
敵怪獣の設定もほとんど、見た目ギャオス、能力レギオンだし。

「あの曲」が一番似合うゴジラは、僕はやっぱりデスゴジだと思います。
16年の歳月は、恐竜を怪獣にするところまで理解を深めましたが、デスゴジに迫る「ゴジラっぽさ」を海外の方が作るのは、やはり今後何年経っても無理なのではないかと思います。

ゴジラだけを見て「怪獣映画とは、ゴジラとはこういうもの」とか思わないで下さい。
そこだけは本当お願いします。
ファイナルウォーズ(笑)で幕を閉じたゴジラの歴史が再び!って感じで当時は期待感があり過ぎて、冷静に観れなかった作品。
2回目視聴。

アメリカ合衆国の色とゴジラ1作目への敬意と潤沢な資金がフュージョンした大傑作。
にはならなかった。
その全てが粗雑に干渉し合った、透かしっ屁作品のように思えました。
どうしても劇中に家族ドラマを入れなきゃスポンサーがうるさいのかな…

ムートー?
なんかフェチズム感じる…誰得なんですか……確かに…アメリカ人が好きそうな生き物っすわ(偏見)
そして結局これ、ムートーがメインの映画じゃねーか!で終わる笑
しかも謎に、ファーストコンタクトが省略。これだけはやってはいけないでしょ!

渡辺謙の芹澤博士はフガフガ意味深に「ゴジラ…」って言ってるだけ。なんだこいつ。続編にも出てくるっぽいけど、出てくる意味はない。

過去あれだけ叩かれた、エメリッヒの”マグロ食ってるヤツ”の方がエンタメ的には全然マシ。

と、面倒くさいこと書いてるけど、怪獣が一切姿を現さない序盤までは本当にワクワクさせるものがあった(ブライアンクランストンやっぱ良いなぁ)。焦らしはうまかった。
あと、放射能光線の演出もベネ。逆輸入すべし。

続編、、もちろん観るつもり。
kuma

kumaの感想・評価

4.0
日本のとは全然違うけど、こちらはこちらで面白かった!アメリカのゴジラ君はガタイが良くてめっちゃ強そう。カッコイイ!
violet

violetの感想・評価

3.5
面白かったよ。大パニック!大パニック!国同士が動いて動いて!と、ずいぶんダイナミックですなぁ〜
ゴジラちゃんいつでるの?感は強かった
たつ

たつの感想・評価

2.0
日本を代表する俳優、渡辺謙のゴジラに対するこだわりに注目。そう、言い方から違うのです。リスペクトが伝わります。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原子力発電所の爆発事故から15年、元職員とその息子が原因を探りに立ち入り禁止区域の事故現場に行ったところ、放射能が0になっていることに気付き何かおかしい?何かいる?という話。
ゴジラが出てくるまで1時間かかるし、ムートーのスタイリッシュなデザインは親しみがわかないし、どうしても日本に関する描写は気になるし(「じゃんじら」って何よ?)、画面暗いし…で、かなりストレス感じたけど、それもこれも放射熱線ビームのための我慢だと思えば!!!ムートーの大口めがけて発砲したってどうにもならないよなあと思ったところにダイレクトビームで追い打ち!これだけで少しは見た価値があった。
夜のシーンが多く、暗すぎて全然分からないww
もう少し明るければ3だったかな


ゴジラはまあゴジラっぽかったかな。
昔のアメリカ版ゴジラに比べたら全然ゴジラ。
kanae

kanaeの感想・評価

-
もう少し怒濤のパニック映画かと思えばそうでなく。ゴジラも中々出てこず。かと言って家族愛の描き方も中途半端、謙さんの立ち位置も中途半端、何もかも中途半端な感じで消化不良な感じでした。
最後のゴジラ帰ってくシーン、ヒーロー感あってかっこいい
ただ、戦いがずっと夜で、よく見えなかったなぁと笑
若きエリザベスオルセン、ええなぁ
>|