GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

GODZILLA ゴジラ2014年製作の映画)

Godzilla

上映日:2014年07月25日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.3

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

たまに、日本の設定のわりに、あんまり日本っぽくないところもあったけど、
ムートーのビジュアルが好きなので見てて楽しかった。

怪物vs怪物の構図はよくあるけど、想像よりゴジラのシーンが少なくて人類がやられっぱなしだったのでもっと戦闘シーンが見たかった。

ゴジラのヒーロー的立ち位置がなのが良かった。

核兵器や地震とか割と地球で現実で起こっていることを利用したストーリーだったのでリアリティがあった。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
ゴジラの戦闘スタイルはエヴァ量産型と酷似していると思いました
mayu

mayuの感想・評価

3.3
怪獣vs怪獣という構図にさほど魅力を感じることができませんでした!泣
ずっとあのカマキリのオンステージやん!
作品によってゴジラが生まれた理由や街を破壊する理由が違うから、最後ゴジラがヒーローみたいになってるの違和感あった笑
そしてこのゴジラちょっと肉付き良い笑
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
もっとゴジラプロレスを見たかったのが率直な感想
あとバトルシーンが暗すぎて自分の顔が反射するレベル笑

ゴジラがムートーをゲロ袋にしたのは最高すぎた!
渡辺謙はどんな作品も海外勢に混じっても変な違和感ない!
jankro

jankroの感想・評価

3.6
GODZILLAのクオリティ事態は最高!!
前回のGODZILLAに比べれば全然いい!
しかしゴジラの意思みたいなの描いてるのとか
会話がどうのとかなんだかなーーー。
あまり受け付けない設定だったな。。
公開当時くらいに飛行機の中で見たけど、テレビで改めて鑑賞。

この作品の前にハリウッドで作られたゴジラはゴジラのフォルムと全然違うと言われてたけど、今作は割とゴジラフォルム。

ただ、たしか、本来のゴジラって、「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として作られたものやったはずやけど、この映画では、核実験はゴジラを倒すためだったみたいに描かれてたのかな?

ただの「怪獣が暴れる映画」というのではなく、背景には、核兵器という人間が生み出したものによって現れた怪獣が暴れる…それを人間が葬ろうとする、という、人間の身勝手さとかが描かれている…というようなことを、小さい頃、親に聞いたような。だからゴジラには哀愁もあるというか。
完全ヒーローではないけど、みたいな。

まあでも、今作はそういう日本寄りにはなってる作品かな〜と。
ちゃんと広島原爆投下にも触れてたし。。。
核兵器…。。

渡辺謙も言うてたけど、自然の前では、人間は小さい存在だなぁ〜。

あと、ムートー、気持ち悪いし、あんな卵たくさん産まれたらあかんやん!やっつけて〜!てなるけど、求愛したり、卵産んだり、卵燃やされたら怒ったりって…。彼らも生物なんだなぁみたいな。
彼らも他の生物と同様、ただただ本能に従ってるだけだよな〜…とか思ってしまった。
人間に害があるから排除みたいなのは、地球規模・自然の中においては果たして完全正義なのかは謎だなぁ〜と。
いや、まあ、人間側からしたら害を及ぼすのをやっつけるのは本能としても正しいけれどね。


あと、今見てわかるけど、主人公、アベンジャーズのクイックシルバーことピエトロ役やってたアーロン・テイラー=ジョンソンで、彼の奥さんはスカーレットウィッチのワンダやってたエリザベス・オルセン!夫婦役から双子役に。
エリザベス・オルセンがゴジラ見上げたシーンをみて、ワンダみたいにテレキネシスで飛ばしたりできひんのかなぁて思ってしまった笑。

渡辺謙の助手役は、パディントンのお母さん役のサリー・ホーキンス。雰囲気が違うな〜。


よう考えたらゴジラ出てくるのは全体の半分以下やけど、話としてはまとまってるのかな〜と思いました。
ゴジラがヒーローやった!
それがなんか不思議な感覚にもなる笑。
Hiro

Hiroの感想・評価

2.5
山ほどあるウォッチリストの映画、ドラマを差し置いて、何故かハリウッド版ゴジラを鑑賞。。。
お恥ずかしながら日本のオリジナルは未見(シン・ゴジラは鑑賞済)ですが、本作は「こ、これは一体何じゃ」が率直な感想。
ゴジラはなかなか登場せず、ムートーという巨大カマキリ形の怪獣が存在感を放つばかり。途中まで巨大カマキリをゴジラだと真剣に思ってました( ^_^ ;)

オリジナルも未見のため偉そうな事は言えませんが、ゴジラへの愛が感じられず、恐怖、悲しみ、驚き、興奮、何も感じられず。。。
親子、夫婦の描写もスカスカでボーッと映像を見続けるばかり。良い役者さん達が出てるのに残念。

そして他のレビュアーさんも仰っていますが、肝心のゴジラのシーンがとにかく映像が暗くて何が起きてるのかよー分からないままでした。

オリジナルの第1作目の鑑賞と石原さとみがツボだったシン・ゴジラを再鑑賞してみたいと思います。
Nomu

Nomuの感想・評価

-
モンスターズユニバース作品は、一応3部作構成だからとりあえず1作目はひたすらGODZILLA強いぜ。を出せてればいいんだと思った。

3部作目がメカギドラかデストロイア辺りだと思うんだけどメカギドラはきついなあ
カズキ

カズキの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1999年、フィリピンでの炭鉱崩落事故を調査中の芹沢猪四郎博士らは、炭鉱の深部で巨大な恐竜のような生物の化石を発見する。化石には別種の生物の繭が寄生しており、付近には巨大な何かがはい出たような痕跡が残っている。一方、日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務する核物理学者のジョー・ブロディは、原子炉直下で発生する不可解な地震について調査を要請する。ジョーの妻で技師のサンドラが原子炉の安全確認に向かうが、突如起こった巨大な揺れによって原子炉が暴走し、原発は倒壊した。
15年後、ブロディ夫妻の息子でアメリカ海軍爆弾処理班のフォード大尉は、父のジョーが日本で警察に逮捕されたという知らせを受ける。ジョーは妻の命を奪った原発事故の真相を探るべく、立入禁止区域となった原発跡地に侵入し逮捕されていた。原発跡で15年前と同じ事態が起きつつある兆候を察知したジョーは、フォードと共に禁止区域へ再侵入し当時の居宅に残されたデータを回収するも、付近をパトロールしていた武装集団に捕まり、原発跡地内の研究施設へ連行される。
施設内にはかつての地震の原因となった巨大な繭があり、「モナーク」と称する秘密機関が調査を行っていたが、すでに繭は羽化を開始していた。羽化を遂げた生物は研究施設を破壊して東へ飛び去り、施設の倒壊に巻き込まれたジョーは命を落とす。芹沢らはジョーの遺した情報を持つフォードとともに原子力空母「サラトガ」にて「ムートー」と名付けられた巨大生物を追う。モナークの目的は、ペルム紀末の大量絶滅を生き延びた太古の巨大生物「ゴジラ」を研究し、その存在を社会から隠蔽することだった。芹沢はムートー排除のためゴジラも再び現れると推測する。
ムートーは洋上でロシア海軍アクラ型原子力潜水艦を襲い、その核燃料を捕食するためオアフ島に上陸する。怪獣はさらにホノルル市街に侵攻し米軍と交戦するが、間もなくしてそこにムートーを追って来たゴジラが60年ぶりに地上に姿を現す。両者は空港で対峙するがムートーは飛行して逃亡、それを追うゴジラも海へ消えた。
一方、アメリカのユッカマウンテン放射性廃棄物処分場に保管されていたフィリピンの繭から新たなムートーが羽化し、ラスベガスを破壊しさらに西へと進行する。ジョーの遺したデータを分析した芹沢は、日本に現れたムートーが雄、ユッカマウンテンから現れた個体が雌であり、2体のムートーは繁殖のために同じ場所を目指していると断定する。
サンフランシスコ湾で3体の怪獣が衝突すると推測する軍指揮官のステンツ提督は、芹沢の反対を押し切って戦略核兵器の使用許可を得る。弾頭には電磁パルスの影響を受けないアナログ式の時限装置を使用し、3匹の怪獣を太平洋上へ誘引し、殲滅する作戦が実行されることになった。米軍は2基の核弾頭を列車でサンフランシスコへ輸送しようと試みるが、雌のムートーの襲撃を受けて弾頭1基を飲み込まれてしまう。もう1基の弾頭はサンフランシスコ湾内への輸送には成功するものの、海上で雄のムートーに奪われ、雌がサンフランシスコ市街地に築いた巣へ運ばれる。弾頭の起爆装置は既にカウントダウンを開始しており、数時間後には逃げ遅れた市民が核爆発に巻き込まれてしまう。フォードは弾頭起爆阻止を目的とした軍の部隊に参加し、HALO降下によってサンフランシスコ市内へ突入する。
湾内に浮上したゴジラは軍の攻撃をものともせずにゴールデンゲートブリッジを破壊しつつ市街地へ侵攻。ゴジラはフォードの妻のエルが勤める病院の近くで2体のムートーと交戦する。その傍らにあるムートーの巣でフォードたちは弾頭を発見するが、その破損状態は思ったよりも激しく時限装置を停止させることが出来ない。部隊は船で弾頭を洋上へと持ち去り、少しでも市街地から引き離す作戦に移行する。一方フォードはムートーが既に巣に無数の卵を産み付けていることに気付き、瓦礫の中で横転しているタンクローリーのガソリンを利用し受精卵もろとも巣全体を爆破する。
ゴジラは二体のムートーの連携攻撃に苦戦を強いられていたが、巣が爆破されたことに気を取られた雌のムートーが戦闘を中断したことで形勢が逆転、熱線を放ち雌のムートーを一時的に戦闘不能にし、さらに襲ってきた雄のムートーを強烈な尻尾の一撃で倒す。一方で核弾頭を奪われたことに気付いた雌のムートーが復活し部隊を壊滅させ、更にフォードに迫るが、追って来たゴジラに直接放射熱線を口内に放たれ絶命する。だが、エネルギーを消耗したゴジラもその場に崩れ落ちた。核弾頭はフォードによって小型船で洋上へ運ばれ、彼が救助された後で遥か遠くの沖合いで大爆発した。
翌朝、フォードは避難所のオー・ドットコー・コロシアムに訪れ、そこでエルら家族との再会を果たす。一方で、瓦礫の中で倒れ死んだと思われていたゴジラが覚醒し、海へ戻り始めた。その姿を捉えたテレビ映像には「怪獣王は救世主か?」というテロップが躍っている。万感の思いで見つめる芹沢らを背に、ゴジラは人間には目もくれず、咆哮を上げながら海中へと姿を消していったのであった。
MMママ

MMママの感想・評価

3.1
こちらとシンゴジラを同日に観ました。描き方が全然違ったので良かったです。でもやっぱりゴジラの良さが分かりませんでした。
>|