GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

GODZILLA ゴジラ2014年製作の映画)

Godzilla

上映日:2014年07月25日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.3

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

bags

bagsの感想・評価

3.0
モンスターバースシリーズのゴジラvコングが今年公開されるということで予習

ハリウッド版ゴジラというと90年代後半に見た奴が衝撃的過ぎた
ゴジラじゃなくてT-REXやん…それも一杯いるし…と映画館で覚えた絶望感(笑
うるおぼえですが、当時東宝は今後ゴジラを作らないとかそんな話もあって、もうゴジラを観る事もないのかな、と思ったりした記憶
でも今観たら新鮮な何かがあったりするかもですね


こちらは一転オリジナルゴジラです。ほぼほぼ
ウルトラマンシリーズに出てくるような怪獣というか超獣というか、そんなのが出てきます
そして人間はさておき超獣vゴジラの闘いが始まる

全体的に暗いのとゴジラの出演時間が少なめなのは敢えての一作目だからか
そして今回のゴジラはちょっと人間には太刀打ちできない感じなんですねー
あと、核兵器の使用に躊躇ないのがアメリカ版なんでしょうか?
るぴ

るぴの感想・評価

3.5
GODZILLAが帰っていくところがかっこよかった(ラスト)それ以外は覚えていない。え、
新作公開前の復習。
荒唐無稽なエメリッヒ版と違い原点回帰。
シンプルに進むので真新しさも驚きも極小。
『シェイプ・オブ・ザ・ウォーター』『サブマリン』のサリー・ホーキンスの勿体無い使い方
後半暗いシーンが多くよくわからん
渡辺謙の息子が小栗旬になるのね
なるほど……
茶色

茶色の感想・評価

4.0
ギャレゴジ版ゴジラはヒーローで、且つやり過ぎていないのが良いんだよね。フォルムがデブ猫っぽいのも乙です( *´艸`)
ATJ部隊が赤いスモークを残しながら降下してくるシーンのセンスの良さったら。晴れてる上空から雷雲を抜けた先にゴジラとムートー。私なら気失ってる(笑)
のき

のきの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

生態系の頂点、核の申し子ゴジラさん。

怪獣系、バトル系はストーリー以上に怪獣のビジュアルとバトルシーンがカッコいいのが好きだから、ゴジラがカッコよくて映像のクオリティ高かったから満足。バトルシーン暗くてよく見えなかったのと、ムートーさんがデザイン地味なのが少し残念。

ハリウッド版は日本版ゴジラと違って【地球の頂点だった超古代生物の生き残りを倒すために原水爆を使ってた】設定。
日本版ゴジラは人類の奢り、核社会への警笛として【災害の象徴】として描かれてるけど、今回はムートーだけ倒して海に帰るゴジラさんの行動心理は謎に包まれたままでした。生態系のバランスを維持?核で倒そうとした人間には直接攻撃しない謎。

シリーズ3のキングギドラのビジュアルが鬼かっこいいから期待。
KYD

KYDの感想・評価

3.5
「ゴジラvsコング」公開の前に復習として再鑑賞。なるほどやはり面白くないわけではないのだが、全体的に盛り上がりに欠けるというか、突き抜けて欲しい所で突き抜け切らないという印象が強い。

個人的にゴジラシリーズの最大の見所を“出演者が劇中で如何に最高の顔と言い方で「ゴジラ...」と呟くか”であると認識しているので、そういった意味でこの作品では「一番カッコいいゴジラの言い方選手権」にエントリーできる場面が1~2個と少なかった故に盛り上がりに欠けていたと思う。私もゴジラ映画に出演してめちゃくちゃ渋い顔で「ゴジラ...」と言いたい。

またゴジラとMUTOのプロレスの見せ方も個人的には微妙な印象で、割と色んな人の視点や例えば遮蔽物を使っての見せ方などかなり工夫しているのだが、クローバーフィールドではないのでそこはもうガチンコのプロレスをカッコいいカメラワークやロングショットで見せてくれやの一言であった。

とは言えエリザベス・オルセンの可愛さに関しては5億点といった所で、それだけで基本はオールオーケーになるような感じはある。
規模でかすぎやね〜
怪獣大戦の迫力凄くて2が見たくなったな
特に、至近距離のゴジラのビーム、気持ち良すぎ。あと、水中泳いでるゴジラの背中姿可愛くて好き

(後半暗すぎて何やってるか分かりずらかったの自分だけかな??…)
公開当時劇場で鑑賞。
原作ゴジラの第1作と平成ゴジラひと通りを予習させられてから観に行ったのに、
本作は悪い意味でアメリカナイズされてたというか、家族とかそっちにフォーカスしすぎてて、予習の意味ないやん!てなった
c5

c5の感想・評価

3.5
◯ワンダをクイックシルバーに会わせてあげたくて。

◯暗いのよ、画面が。何してるか分からない。内容的にもあと20分短ければ丁度いいくらいかも。まぁ『KOM』でも暗さは変わらないし、上映時間も延びるんだけどね。
字幕翻訳・吹替翻訳、川又勝利

フジテレビ、土曜プレミアム
翻訳 川又勝利
演出 三好慶一郎
>|