暗殺者の作品情報・感想・評価

「暗殺者」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

2.5
うーん、なんとも普通だったな。
スタローンとバンデラスの戦い。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.6
1996年12月27日

制作陣が超豪華!演出はそれなりにスタイリッシュ。
当時はバンデラスが旬だからか、スタローンがどうしても落ち目に見えてしまう。
ジュリアンムーアは相変わらず過剰演技。
スタローン×バンデラスという漢臭さ120%な作品。
けっこう良い雰囲気になりつつあるヒロインと共にホテルの同じ部屋に宿泊したのにも関わらず、全く手を出さず1人床で寝るスタローンに漢気を感じました。

アクションシーンは全体的に地味ですが、その地味なガンアクションが個人的にけっこう良かったです。
暗殺用の銃として他では見かけない様な色々マイナーな拳銃も出てくるし。

スタローン演じる一流の暗殺者に対して、憧れと嫉妬を抱いてて、終始落ち着きの無いバンデラスが何か可愛いかったです。
あと、ヒロインの付けてた香水から発するジャスミンの香りにやたら敏感なのも面白かった。

こうして考えると、エクスペンタブルズ3のガルゴは本作のバンデラスがモデルだったんですかねー
あと、猫可愛い。
シルベスタ・スタローンが暗殺者を演じている映画。共演にはジュリアン・ムーア(←2017年に人肉ハンバーグを作るサイコパス女)。

ジュリアン・ムーアに負けじと敵役の人も頭がおかしいです!

猫なんか放っておいて早く逃げろよ!
やたらゆっくり進むわりに終盤の脚本がほぼコメディかってくらいテンポ早すぎてわろす
話はシンプルだが眼鏡の反射を利用した銃撃とかアクションは派手ではないかっこよさがある
ry0

ry0の感想・評価

1.9
暗殺者同士のかけひきが見せ場なのだが、かなり陳腐な出来で残念なことに笑いもない
アントニオバンデラスが良すぎてスタローンの殺し屋っぷりがクソダサく見える。
序盤の、完全にこいつ銃持っとる感出しまくりのギブスからしてダサい。
なんなら全身赤タイツにしてコブラっぽくなればまだ笑えるのに。

バンデラスの狂気はいいんだか、言動がアホっぽいし、いかんせんスタローンのクソ不細工な顔面でどうも感情移入出来ないまま終盤の殺し屋らしからぬ絡み合いでジ・エンド。
消化不良甚だしい一本。
はむむ

はむむの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アントニオバンデラスの若い暗殺者っぷりがいい。
最後、スタローンが出てくるのをバンデラスが待つシーンが特にお気に入り。
暑い中、いつ出てくるかわからない相手を待つ苛立ち、切迫感が見もの。
v-v.

v-v.の感想・評価

3.0
アントニオバンデラスが誰も居ないホテルの部屋に入ったときアホに見えたwwwってか基本アホだったwww
>|