逮捕しちゃうぞ the MOVIEの作品情報・感想・評価・動画配信

逮捕しちゃうぞ the MOVIE1999年製作の映画)

YOU'RE UNDER ARREST THE MOVIE

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」に投稿された感想・評価

ハッチ

ハッチの感想・評価

4.0
逮捕しちゃうぞ in パトレイバー fact 踊る大捜査線 the ムービー!!
女性が輝くドラマが最近多い印象なので、これこリメイクしたらいいんではないでしょうか!!再放送がベストですが!!w
面白い、超好き。

脅される東京、試される日本警察。
交通機能の麻痺により混乱する大都市東京を舞台に繰り広げられるパワフル婦警のバディ物。好きじゃないわけがない。
原作未読かつTVシリーズ未視聴でこの面白さは恐ろしい。

内容的には噂通り短縮版劇パト2だったけど劇パト2より圧倒的に観やすい。
TVシリーズ観てなくてもある程度関係図を把握できるように作ってくれてたのはありがたいし序盤、船に上がる夏実さんの眼で興奮。
何回見ても面白い。本シリーズのエッセンスが詰まっているぞ。
東京に暮らしてから見るとまた違うし色褪せねぇな
wakana

wakanaの感想・評価

3.4


アニメにしてはかなりシリアスなというか割とリアリティのある設定。

墨東署交通課の婦人警官がテロ事件に立ち向かいます。

ヴィデオやTVで人気アニメの初映画化作品。

(TBS「ダイヤモンドシアター」)
あこ

あこの感想・評価

4.0
DVD,Blu-ray購入。

DVDのdtsEditionを持っていたが、
冒頭頼子と葵さんが放置車両のトランクの中から
何を見つけたのかが映像では判らなかった。
そういう演出で話の流れから銃火器が出てきたのだと・・・
Blu-rayに買い替えてみたら、はっきりトランクの中が(笑)

勝鬨橋が上がるシーンが最高!
豆

豆の感想・評価

4.1
令和3年度No.47
人気シリーズ待望の映画化

いやー良いっすね。
こうTV版とうって変わってシリアスになったり、雰囲気が変わるの好きなんだよなぁ。パトレイバーとかサクラ大戦とかみたいに。
非常におもしろかった。
牧

牧の感想・評価

3.7
原作未読。アニメは子供の頃、テレビで流れていたのをなんとなく観た記憶がある程度だが楽しめた。
特に知識が無くても主人公と各キャラクターの立ち位置は何となく分かるように出来てる。

主題歌も絵も懐かしの90年代感満載。

内容はパトレイバー2を小規模にした感じ。

邦画実写ではギリギリ出来なさそうなリアルな東京の街を舞台にしたアクションと、アニメならではの細かなディティールが良い。

本当に可能かどうかは映画ならではのハッタリも混じっているから別として、桜橋爆破を発端に東京を麻痺させていく蜂1号計画の描写はワクワクさせる。
これ以上やり過ぎるとアニメシリーズものから逸脱してダイハードになってしまう所をギリギリの塩梅でバランスを取っている感じ。

二階堂頼子巡査が可愛かった。声がまさかミルモとは…。
パト2と類似性を感じるのは主に川井憲次の音楽のせいであり、内容は当時流行のバディもの!

アニメの劇場版にふさわしい盛り上がりと王道感!!
dアニメで期間限定でアニメ版が配信されていて、全部見た流れでAmazonプライムにて。

実際にはありえない設定だったりするのかもしれないけど、実在する街で繰り広げられてるから、本当にドラマを見ている気分になれる!

アニメではギャグ、コメディな部分が多かったけれど、こちらは割と真剣な感じ。

でも墨東署が狙われた時に使った武器は、美幸の更衣室にあったモデルガンだし、警視正が怒るかと思ったら、照準が上にズレてるとか言うし…

東海林巡査長と警視正がチャリの2人乗りとかするし…

逮捕しちゃうぞらしいツッコミどころが散りばめられてる感じ。

怖そうに見える上司の人たちも、信用して美幸や夏美に任せるのが良いところだよなと思う。



この映画は踊る大捜査線と同じ時期か後だったと思うけど、アニメ自体は踊るより前の作品。踊るは、逮捕しちゃうぞの影響を受けてる、というのは見たことがあるので、あ〜なるほどね〜となることも多い。

余談ではあるが、レインボーブリッジの封鎖しようとしたのは、アニメ版の逮捕しちゃうぞの方が早かったみたい。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

大都市・東京にふりかかったテロによる危機を、墨東署に勤務する交通課のお騒がせ婦人警官コンビが解決するアクションとコメディ満載のポリス・アニメーション作品ということで。

話としてはややありがちなものではあるが、単純なだけあって物語は分かりやすいですし、気軽に観る分には十分に楽しめる作品ではないでしょうか。99年の作品でありながら若干の古さは感じるものの、個性的なキャラクターは魅力的ですし、アニメならではの迫力のあるアクションも見応えがある。勝鬨橋が開くシーンは印象的でしたね。ただ、残念な事が…。前文で書いた通りアクションは迫力があるのだが、盛り上がりに欠けるのは否めないかと。というのも、本作は全体を通して一定の盛り上がりを見せると静止画になってしまうので臨場感が全くなく、いわば、自ら評価を下げている。これには本当に残念としか言いようがないですね。
>|

あなたにおすすめの記事