• Filmarksトップ
  • THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦の感想・評価

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦(2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

上映時間:100分
監督
押井守
脚本
押井守
キャスト
筧利夫
真野恵里菜
福士誠治
太田莉菜
千葉繁
堀本能礼
藤木義勝
森カンナ
吉田鋼太郎
高島礼子
あらすじ
20世紀末、レイバーと呼ばれる人間型ロボットの急速な普及に伴う犯罪に備え、警視庁は、警察用レイバーを擁する特車二課パトレイバー中隊を設立した。そして現在、レイバー衰退と共に解隊に瀕した特車二課の面前に、最新鋭の戦闘ヘリを自衛隊から強奪して、首都1,000万人を人質にしたテロリスト集団が現れる! 機関砲、対地ロケット、ミサイルで完全武装をした上に、最新の熱光学迷彩を身にまとった “見えない戦闘ヘリ”グレイゴーストは、レインボーブリッジへの攻撃を皮切りに、上空500メートルに潜み、首都を蹂躙していく。警察最後の砦となった特車二課は、テロリストの暴挙を止めることができるのか!?そして、テロリストの目的とは?いま、それぞれの守るべきものを賭けて、旧式警察用ロボと最新鋭戦闘ヘリの戦いの火蓋が切って落とされる!

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」に投稿された感想・評価

「ねぇ、柘植の正義って何かしら?」
「思想や政治的信条を根本において支えるもの…モラルだそうです。」
「この国が半世紀以上前に棄てたものね。」

「欺瞞と知的退廃の50年…柘植の正義はそれを許さなかった。」
「だが、敗戦によって失われた正義を、再び戦争によって取り返そうとすることは、一つの歪みに別の歪みを重ねることにしかならない…だからこそ先代の隊長たちは、敢えて不正義の平和を守る為に戦ったんだ。」
劇団員の山口森広が少し参加してます。
アニメを実写化したものの中ではクオリティが高いと思う。
2015年公開。

台詞による情報量が多く、すべてを理解できていないと思うため、再見する予定である。
事件が解決すると、勝ったほうが喜ぶ。
それにパト1を彷彿とさせる。
しかしその後に、”敵”として描かれていたほうが映る。
ボールはなにかを象徴しているのだろうか。
映像は派手ではなく、むしろ地味だが、それゆえに落ち着いて見られるしリアリティを感じられるものだ。
モノローグの際に音質が変わるのが気になった。
音楽の力はかなり大きい。
真野恵里菜さん
可愛かった
押井監督作品の中で最もエンタメしてる1本だと思う。
観る場合はアクションシーンなどが増量されたDC版で!
HE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 2015/05/01 映画館で ★★★ 筧利夫、高島恵里菜礼子が目立ってた、福士誠治、森カンナ、太田莉菜も良かったが、真野恵里菜があまりめだってなかったのが残念。
>|