GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0の作品情報・感想・評価

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」に投稿された感想・評価

何度観てもあのゴミ収集のおっちゃんが不憫過ぎて…(´;ω;`)

ネットは広大だわの台詞は今聞くと空しいな…
JJ

JJの感想・評価

3.7
一部CGを変更したりとか色々してるバージョン。原作版好きな人にはガッカリする事もあるみたい。原作とこのリメイク、どっちかしか見ないつもりなら原作をおすすめします。
2501

2501の感想・評価

5.0
ネットは広大だわ

大好き
榊原さんの人形使いが素敵。
素子と人形使いの関係が1.0と違って見えるのも魅力的。それに伴ってバトーさんの置いてけぼり感が強くなったのが可愛らしい(笑。
よかったのは銃声とか効果音の質があがってることぐらい。
話は変わってないのでもちろんおもしろい。
オリジナルにまるで届かないっていう実によくあるリミックス。なんとも無粋なCGだこと。デジタル表現だけアップデートしてくれればそれでよかったのに。人形使いが男声じゃなくなってるのもいまいち。女の器に男の声ってシンプルに不気味だし、バトーの蚊帳の外感が好きなので。
syuhei

syuheiの感想・評価

3.5
CGが作り直され一部のセリフが撮り直されている。パトレイバー映画版とおなじくオリジナルを何十回も観ているのでセリフのイントネーションやタイミングが記憶に染み込んでいてどうしても不自然に思えてしまう。
攻殻機動隊GHOST IN THE SHELLの上位互換という感じだろうか?

続編のイノセンスの世界観に近づけた感じだろうか?

イノセンスほどクオリティは高くないが、3Dカットが入っているので、世界観がさらに明確になっている。
中西

中西の感想・評価

3.8
人間を人間たらしめるのは思考なのか?ならば思考する機械は人間なのか?
どこからどこまでが人間なのか?

素子の選択は果たして…
原作のライトな感じも、神山版の詩的な感じも好きだけど、1番ハマるのは押井版かなぁ。何回も観ている映画。
サイバーパンクムービーとして完成してしまっている。

田中敦子さん×榊原良子さんの絡みが、バトーさんの入り込む余地がないくらいセクシーで好きなので、リメイク版の方が個人的に評価高め。
Ryu

Ryuの感想・評価

4.0
やっぱり攻殻機動隊は押井守の劇場版が一番かな。1995年の作品だけど(2.0でも基本は変わっていない)、今見ても、何度見ても、新鮮さあるし、飽きずに観れる。そして、観るたびに発見がある。
高校生の時に最初観た時は、主題歌が受け付けられなかったが、30代になって今観るとあの主題歌が病みつきになって、何度も聴いてしまう。
高校生の時は、あの間というか、静かな展開がもどかしかったが、今はちょうど良い感じでしっくりくる。
観る歳によって見方や感じ方が変わるのも良い作品の証拠。
>|