機動警察パトレイバー THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「機動警察パトレイバー THE MOVIE」に投稿された感想・評価

最初から最後まで徹頭徹尾しっかりと面白い。サスペンスとしても、後々に「交渉人真下正義」で無節操にパクられる程、完成度が高い。犯人が最初に自殺してしまい、「不在の中心」と化してしまうという展開は、「セブン」で途中で犯人が自首してしまう展開と衝撃度では並んでいると思う。「セブン」と似ている点はまだある。全体に散りばめられた聖書のモチーフだ。そもそも、主人公の名前からして野明"ノア"だし、犯人となる帆場暎一はE HOBA"エホバ" 事件のキーとなる埋立地建設計画はバビロンプロジェクト。見た目は完全に"塔"だし、通称は"方舟" こういう細やかなモチーフ選びのセンスこそが、優れたクリエイターの条件だと思う。また、今回僕はこの劇場版で初めてパトレイバーという作品に触れたが、それでも全く問題なかった。各キャラの性格や立ち位置が何気ない会話から浮かび上がり、その魅力が伝わってくる。特に僕が好きなのは、やはり後藤隊長だ。あの飄々とした立ち振る舞いの先に見える、確固たる信念。この側面は次作 劇場版パトレイバー2 で更に掘り下げられる事となる。そして、その次作では殆ど消え失せてしまうレイバーの大立ち回りも、非常にカッコ良く決めてくれる。やはりクライマックスのイングラムと零式の激闘は男心をくすぐる。特に、零式の"第3の目"の演出には興奮してしまった。総じて、超絶的に面白いアニメ映画である。未見の人は、是非観て欲しい。
鱒男

鱒男の感想・評価

4.5
パトレイバー劇場版1作目。

あぁいい作品だなぁ。すごく綺麗で話に重みがあって、観たなあって達成感ある作品。

しかし色褪せないな、これの公開時、俺1歳て(笑)

だんだん特車二課の存在が薄くなる劇場版で、遊馬や野明が1番頑張ってる作品。
はじめ

はじめの感想・評価

4.0
恥ずかしながらわたくヲタクですがパトレイバーを初めて観たのが1ヶ月前なんですよね…。
ネトフリで初めて観て香貫花クランシーに一目惚れ!
美しい!

劇場版も笑わせる所とシリアスな所でバランスがいい!
レイバーに乗って現場で戦う刑事。
PCを使って未然に犯罪を防ごうとする刑事。
足を使って情報を掴む刑事。
と警察官がみんな頑張ってます!

これが1989年…
作画も内容も凄くいい!
tiger

tigerの感想・評価

4.0
これが初パトレイバー。アニメーションとして凄い。キャラクターの素晴らしさは原作の力かな。

後藤隊長の部下になりたい。
さとこ

さとこの感想・評価

4.3
今こそパトレイバーを見てみようと思い立ち、鑑賞。最高でした。

1989年に公開のはずなのに「OS」とか「コンピュータウイルス」とか「アップデート」とか普通に言ってるので当時見た人たちはほとんどポカーンだったろうな…と。。押井守の良い意味での「置いてけぼり」はやはり、後の時代になって再評価されるもの。

恐らくパトレイバー全くわからなくても全然大丈夫で、それ以上に聖書の知識や都市化する社会についての議論の理解が求められる作品。見るほど深みが増しそうで、鑑賞後もワクワクする。

昨今のファーウェイ問題を指摘していると書いている人もいたけど、確かに画期的な新しいOSに同じウィルスが仕込まれていたら…と考えると恐ろしいものがある。それをたったひとりのプログラマが、まさかの「○○」で起動するバグを仕込んでいたら、という展開。

本作の時代背景は1999年で、当時の人は劇中の事件をこれから起こる問題に思ったかもしれないが、2019年の今は「いつ起こるとも分からない問題」である。

さて、これがパトレイバー2にどう繋がるか…楽しみすぎる。
りょー

りょーの感想・評価

4.0
押井守の世界観が全開な映画。廃れた街並みとビル街の対比だったり、哲学的な話だったり。押井守と千葉繁の相性やっぱいいね。後藤さん超かっけええ。
osushiouji

osushioujiの感想・評価

5.0
小学校6年の時に劇場で見て
それからVHS買って何回見たか
わからない位見てる作品。
とにかく画がカッコいい!
特に川井憲次の独特な音楽をバックに
東京の街を巡っていくシーンの
なんとも言えない感じが大好きです。
あと零式が美しい。
見たタイミングも含めて生涯ベスト級です。
マ

マの感想・評価

3.5
父親の勧めで鑑賞。テンポが早くて私向き!(笑)
パトレイバーに関する知識を何も持たずに見たけど十分楽しめた。ギャグとシリアスの配分が好みじゃなさそうなのでほかのシリーズ見るかは迷い中…
果糖

果糖の感想・評価

5.0
ノスタルジー含有量が異常の映画で素晴らしい。背景それ自体が主役となるアニメーション映画の最高峰。
もへじ

もへじの感想・評価

4.5
初見。30年前にこの発想でお話を作ってるのが本当にすごい。今のHUAWEI問題を既に指摘しているわけで、正に今、我々が社会問題として直面しているわけで。
>|