機動警察パトレイバー THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「機動警察パトレイバー THE MOVIE」に投稿された感想・評価

KH

KHの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

E.HOBA

言わずと知れた押井守のパトレイバー劇場版1作目。これが1989年の作品何て信じられるかい?

名作すぎて今更語ることがない。
しいて言うならば大人になって少し映画を見てきて今になってこのパトレイバーの影響を受けているんだなという作品がチラホラ頭に思い浮かぶ。

箱舟といい、1999年を舞台にしているからかわからないが終末感といいどことなくリンダキューブもリフレインするが決してただ闘うロボットアニメではなく社会の不条理も描いているため大人になってから見るとまた新たな感想を生むかもしれない何度見てもいいアニメだと再確認しました。

そしていい映画にいい音楽はつきものということでラストの零式との戦闘後のED音楽がとてもいい。
コンピューターが汚染されるシーン超かっこいい(昇天)
みんなこれオススメ(懇願)

自分は原作漫画も聖書も知らぬ人間ですが、ものすごく楽しめました。この監督にしては難解すぎず見やすいと思います。エンタメです。

メカは出てきますが、アクションがそれほど多いわけではありません。それよりも、
・OSに仕込まれたトロイの木馬とその謎を追うストーリー
・高層ビルとボロアパートが隣り合わせの乱雑とした東京の街並み
・海にそびえ立つ巨大海上施設
・後藤さんののらりくらりとした性格
これらが自分的にはとても良かったです。

謎が解決されてない気もするけど、まぁ多少はね?

音楽は安定の川井憲次さん。サントラを集めることを決めました。攻殻機動隊、サイボーグ009、ガンダム00などに続き我がサントラコレクションにようこそ・・。
Twitterから。

・ぼくはパトレイバーシリーズってぜんぜんみたことがなくて、これがはじめてなんですが、この話、プロットじたいはシンプルなんですけど、モチーフがカルト宗教的なはなしに関連してて、でてくる名称もエホバとかバベルとか方舟とか......。

・いろいろ考察の必要がありそうで見直したり批評読んだりしながらじっくり考えたいんですが、とりあえず〈ノア〉が〈エホバ〉のつくった〈方舟〉をぶっこわす、というはなしです。もうちょっと考えます
655321

655321の感想・評価

3.8
初パトレイバーですが…めちゃめちゃ面白い!
本物の名作SFは時代を越えても愛されることが良く分かる傑作。

1989年に制作されたSFだが、化石状態の自分には何をやってるのかイマイチわかっていない笑

それでも、篠原遊馬がパスワードを入力した場面。
プリンターからビッシリと赤文字でBABELと書かれた紙が排出される事から始まり、無数のモニターにも同じような画面が表示される。
その赤い文字が遊馬の顔に反射されているのを魚眼レンズ的な演出で見せる。

冷静に考えると荒唐無稽なのだが、演出が上手いのでアニメだからと観た子供にも、それ以下の私にも「なんかヤベー事になった感」はすんごく伝わる。

小難しい事をやりながらも、子供が観ても分かりやすいというこのバランスが素晴らしい!
Ken

Kenの感想・評価

3.9
絵が綺麗だった。

隊長が話している時に向こうで大きな船が通る。

非常に実写的だと思う。
aw

awの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

アニメ映画って凄い、
と思わせてくれた作品。

1989年の映画ですが、未だにマイベストアニメ映画です。
2位以下を大きくぶっちぎって。

VHS、DVD、Blu-rayなど各種媒体で
何度も何度も見ています。
ホント大好き。

いろいろイイポイントがあるんですが、
何よりも犯人が魅力的である点。
そしてこの犯人、犯罪と警官の構図が面白い。

犯人はコンピュータウィルスにより東京を壊滅させるという大犯罪を仕掛ける。
犯人の動機は古き良き東京を守ること(見せる)
という大犯罪を犯す理由・動機にスジが通っており無理がありません。

そしてこの作品の一番のポイントが
「犯人は冒頭で東京湾に身投げしている」
こと。

この時点で
犯人を捕まえて犯罪を阻止する
という構図は成り立ちません。

犯人が計画した犯罪は既に動き出しているが、
誰もそれに気付いていない。
それに気付いたのは僅かな落ちこぼれ警察官。
その落ちこぼれたちがいかに犯罪を止めるか。
この構図・見せ方が僕には強烈なインパクトがありました。

また、犯人は身投げをしただけで
「死体は上がらなかった」
という点もいいところ。

この点が後半でちゃんと効いてきます。
(IDプレートの情報から方舟最上階にいるかもしれないってやつ。
実際は冒頭のシーンでカラスの脚がキラリと光るので...)

この犯人、古き良き東京を転々と引越し、
自らの足跡を辿る警察官に見せたかったものを見せていくことまで計算してます。

松井刑事が言う
「見せたかったんじゃないかな」
ってやつ、
私たちはまんまと見させられましたし(笑

犯人はIDプレートを付けたカラスに、
嵐が来たら最上階のサブコントロールに行かせるよう
仕込んでいたに違いなく、
その結果、警官が最上階に来て
方舟を破壊する。
そこまで計算していたに違いないと思ってます。

ということで、結局、
犯人の目的は達成してるのです。
この作品では。

なのに犯罪を阻止した感に包まれるエンディング。
なんなんでしょう。



次は音楽。
川井憲次さんの音楽がイイ。
場面に合った音楽が実にいい。

松井刑事達のシーンで流れる曲は
アニメでこういう音楽使うのかと感心しましたし、
方舟への突入シーンの曲や
方舟内を最上階に向かうアルフォンスのバックで流れる曲(途中の強いぞ零式含む)
も好き。
エンディング曲もこれぞエンディング!って感じで最高です。

登場人物たちも魅力的ですし、
セリフも無駄がなくまとめられます。

映像も綺麗。
特に失われていく東京の絵は眼を見張るものがありました。
他にも魚眼レンズっぽい構図が入ったりして新鮮ですし、
冒頭の樹海での戦闘シーンも
スタッフ紹介とカット割り、そこにあの音楽が重なり非常にカッコいい仕上がりになってます。

うー。

他にも語りたい点はいーっぱいあるんですが、
とりあえずこの辺で。

難点は、現在や初期OVA版を見るなどして
キャラクターをある程度知っておく必要があること。
特にOVA版を見ていないと「香貫花クランシー」が出てきた時に「?」ってなるんじゃないかと。

この点以外は最高点です。
ですが、全くの初見で見ても楽しめる映画なんじゃないかなと思います。

まずは一度見てもらいたい。
そして繰り返し見てもらいたい。

そんな作品です。
土地開発や技術革新の光と陰が背景となっており、同監督の攻殻シリーズと多くの共通点が垣間見えるが、こちらはストーリーがそれほど複雑でなくロボットも登場するので、"観やすい"と感じた。
′89年公開なのでフロッピーやビデオカセットと二足歩行メカなど、現代からすれば過去と未来のテクノロジーが共存しているところに面白みを感じる。
OVAのアーリーデイズは事前鑑賞必須。
og

ogの感想・評価

4.0
ハチャメチャにかっこいい……すべてがかっこいい……色彩もカメラワークも音楽もSEのタイミングさえも完璧すぎる……ポスターも渋すぎ……
伊藤

伊藤の感想・評価

4.0
今でこそありふれた話であるように見えるが、当時は斬新なのだろうなと思った。しかし、その見せ方や緻密に練られた展開は現代にも十分通用するものであった。TVアニメ版のコミカルな雰囲気を排した今作は、終始緊張感があり、事件の真相へと近くに連れ明かされていく全貌に感嘆せざるを得ない。
続編の2よりも、ミステリーテイストが強く娯楽作品としての印象を受けた。非常に観やすい映画なのではないかと感じる。
TVアニメ本編を観ていなくても十分楽しめるので是非。
manami

manamiの感想・評価

-
大林隆介のイケボが後藤さんのキャラと、互いに引き立てあう。
遊馬。あんな頼りがいのある同僚から「君じゃなきゃダメだ」と言われたい、名前を絶叫されたい。
物理もコンピューターも苦手なので、中盤はいったい何が問題で何が解明されたのか、ほぼついていけず。でもパトレイバーらしいかっこよさとリアルさで、最後まで楽しめる。
>|