攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3Dの作品情報・感想・評価

「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」に投稿された感想・評価

和登

和登の感想・評価

3.5
記録。
トグサさんどーしたの
素子のけつとおっぱいがもっとほしかった

つねにおっぱいがほしい
やすだ

やすだの感想・評価

4.0
面白かった!
3Dでは観ていないけれど。
攻殻のこと全く知らないときから、攻殻機動隊は笑い男を追う話だと思っていた。ナチュラルにSAC世代。一番しっくりくる。
シバキ

シバキの感想・評価

4.0
テレビ版の続編
タチコマが愛おしい
劇場公開された攻殻機動隊の中で最もエンタメに富み、まず最初に純粋に面白かった!と言える作品。


SACシリーズから引き継いだ世界観でありながら、少佐が9課から離れて行方をくらましてから2年後というちょっと異色の物語。

傀儡廻と呼ばれる電脳ハッカーを数の力で追う9課と、個人的推論に則った独自の行動で傀儡廻を追う少佐。
傀儡廻とは何なのか?何者なのか?その目的とは?

ネタバレになるので詳しくは書けないが、この作品もまた近い将来起こる(もう既に起き始めている?)社会問題を扱っているので、比較的エンタメに寄っても決してリアリティは欠かしていない。
それでいて話の展開がテンポ良く快適で中弛みしないし、キャラがまた魅力的に描かれていて本当に良く出来ていると思う。


そしてなにより傀儡廻の正体を含んだラストがとてもツボ。

個人的には攻殻機動隊の中で一番好きな作品かもしれない。
>|