攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3Dの作品情報・感想・評価

「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」に投稿された感想・評価

mtmt

mtmtの感想・評価

4.0
神山攻殻3作目にあたる作品。期待に違わず素晴らしい。ソリッドステートシステムや貴腐老人などの斬新な発想に驚かされた。しかし何よりこの複雑かつ理解困難なストーリーを魅力的に映像化した監督の手腕に感謝。キャラの魅力はもちろん、アニメーションの美しさ、ストーリー展開、音楽と全て高レベルゆえの完成度だった。
せいき

せいきの感想・評価

4.0
アニメ版攻殻機動隊はハズレが無いと思う。
イノセンスも…好きだ!
DTAK

DTAKの感想・評価

3.3
【良いボーナスステージ】
2Dで鑑賞。
TVシリーズ『Stand Alone Complex』を観終わっても「まだまだ9課の活躍がみたいよ~」という気持ちに応えてくれた。
タチコマ復活についてはちゃんとTVシリーズ上でチラッと残していたし。少佐が復帰してからのワクワク感は「待ってました!」と合いの手を入れたくなる。
手に汗握るサイト―の狙撃戦も素晴らしいし、ラストでの「記憶を見たかどうか」についても濁すあたり大人なエンディング。

ただ、一連の傀儡廻しの自殺誘導(パージ)案件、今回の誘拐事件との関連性が強引過ぎる。映画上時間が足りないので口頭での説明が多すぎる。なぜ海外の悪人がSolid Stateに目をつけたのかが薄い気がする。Solid State側の動機の説明もどうも演説くさいというかサスペンスドラマの最後の崖の上の独白、みたいになっているというか・・・。

何よりも、前TVシリーズ「個別の11人」が国家規模を揺るがす一大事だったのに対し、今回のSolid Stateは「注目されない貴腐老人」とはいえ、スケールダウンの印象は否めない。
momo27

momo27の感想・評価

3.7
政治のことやITのこと、電脳世界の話だけではなく、もしかしたらいつか日本が直面するかもしれない、もしくはしている事柄が出てきて非常にリアリティを感じた。
なんだか切なくなった。
ラストシーンの少佐とバトーがすごく好き
enz

enzの感想・評価

3.8
3Dではないが。

長編だけど狂った改変や過激な銃撃戦、大風呂敷を広げるといった演出はせず、SAC・2ndGIGの雰囲気そのままに進行する。いい意味で地味。渋いぜ。

そしてやはり、イシカワが好きだ。
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

3.6
攻殻ロスから、観たかった攻殻がここにあった。相変わらず難しい内容。頭使うアニメ好き。
サイトウ好きだからスナイパーシーン良かったし、SACのバトーさんと少佐の距離感が好き。
所々難しくてついていけない時もあるけどなんか観たくなるアニメ。
きっと世界観とか9課メンバーが好きなんだろうと思う。
組織が大きくなってるの見ていいなって思ったけど、少佐がいないし、トグサも偉い感じになっててなんか寂しさもあった。
でも少佐とタチコマが途中で戻ってきて
テンション上がった!
アリスってやつを少し見てからこの作品観たけどやっぱり、声も絵も何もかもこっちの方がいいなぁー
netflixで公開されているアニメをオリジナルも含めていくつか観ているけど、攻殻機動隊があまりにも別格過ぎて他のアニメ・シリーズが一山いくらのりんごのように思えてしまいます。私はどうしたらいいでしょうか。
Jun

Junの感想・評価

4.0
3Dではないけど。
短編アニメ全部見終わったのでいよいよ長編鑑賞。

相変わらず政治ワードやITワード飛び交いまくって会話についていけないのだけど、
やっぱこの躍動感やらストーリー性やら、
やみつきにさせられる。
面白い。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.6
何度見てもこのシリーズは発見があり、面白い。最初見たときは、ついてけなくてネットの解説みたりしながら、理解を深めていった。この映画だけでなくアニメシリーズも何回も見てる。
>|