続・荒野の用心棒の作品情報・感想・評価

「続・荒野の用心棒」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

4.6


棺桶をひきずって歩く男、ジャンゴの物語
泥、泥、泥、泥・・・・・泥まみれのなかで
選択肢は2つしかない。
勝つか、死ぬか



フランコ・ネロの格好良さに心臓を撃ち抜かれて、今はとにかく、ジャンゴDJANGOという単語しか、口にできない状態です!
(注:ジャンゴを口にする時には、ジャンゴのジャを、なるべくジャラジャラ~と延ばして、小節をきかせるように情感たっぷりに言うことがポイントです。映画の最初と最後に歌い上げられるメロディのように)



*ガンマン大連合のモンゴ将軍がここにも出てた! 
今作ではウーゴ将軍! 
何となく懐かしい人に再会したようで嬉しいw!
自分にとって 初セルジオコルブッチ作品&初フランコネロ主演作品!

タランティーノのジャンゴ繋がれざる者の引用元としても有名!

マカロニウエスタンは邦題よりも原題を頼りに鑑賞した方がいいかも笑 続荒野の用心棒… 主人公が二勢力の間に立つという点では共通してるけどね笑

主人公の設定が 常に棺桶を引きずりながら旅をする さすらいのガンマンっていう時点で既に 死ぬほどカッコイイ 冷静に考えるとすげぇ邪魔そうだけど笑 ドラクエの棺桶かよ笑 その中身はなんと…!?見てのお楽しみ!

マカロニウエスタンは主人公に清潔感がなくて 顔が脂でテカテカしてるあたりがかっこいい…

ラストの対決、両手を潰されたジャンゴは…くぅー! ありえないけどカッコいいよね笑
西部劇…未だにたくさん流れてて、どれがどれだか分からなくなる事もしばしば

但し、この作品のジャンゴを演じるフランコ・ネロの怪演は記憶に残る

フランコ・ネロ=棺桶

知名度は圧倒的に差があるだろうが、イーストウッドの用心棒より、こっちが好きな人も確実に居るだろうと思った
pogo

pogoの感想・評価

5.0
配給会社によって続荒野の用心棒と名付けられたけど、べつに荒野の用心棒とは関係なくて続いてない!

棺桶引きづるところから始まるけどそこから既にカッコよすぎる超名シーン。音楽も良い。
他にもレッドチームの赤い覆面、泥だらけの町、十字架にもたれかかってのラストなど印象に残るカットやシーンがとにかく多い。

そして耳カットや、人質撃ちゲーム、お手手潰しなど残酷シーンも揃えて飽きさせない作り!

棺桶底なし沼に落としちゃうジャンゴさんはドジっ娘過ぎて笑う。


フランコネロのイケメンっぷりに震えろ。
【吹替版(TV④)】
〇'80 9/25 テレ東『木曜洋画劇場』枠にて放送→
〇'07 3/24 DVD「〜スペシャル・エディション」発売→
〇'10 11/26 DVD『「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.1「続・荒野の用心棒」編』に収録→
〇'12 12/5 Blu-ray 「〜HDリマスター スペシャル・エディション」発売→
〇'17 2/24 同上Blu-ray廉価版発売→
〇'16 4/28発売 Magazine+DVD『マカロニ・ウエスタンDVDコレクション』(2)に収録
発売元: IMGICATV
販売元: エスピーオー→
発売元: 是空/TCエンタテインメント
販売元: TCエンタテインメント→
発行元: 朝日新聞社出版


【吹替版(TV③)】
〇'76 7/5 TBS『月曜ロードショー』枠にて放送


【吹替版(TV②)】
〇'74 7/8 TBS『月曜ロードショー』枠にて放送


【吹替版(TV①)】
〇'71 7/11 NET(現・テレ朝)『日曜洋画劇場』枠にて放送


【英語版/字幕版】
〇'01 7/25 DVD発売→
〇'07 3/24 DVD「〜スペシャル・エディション」発売→
〇'10 11/26 DVD『「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.1「続・荒野の用心棒」編』に収録→
〇'12 12/5 Blu-ray 「〜HDリマスター スペシャル・エディション」発売→
〇'17 2/24 同上Blu-ray廉価版発売→
〇'16 4/28発売 Magazine+DVD「マカロニ・ウエスタンDVDコレクション」(2)
発売元及び販売元: バンダイビジュアル→
発売元: IMGICATV
販売元: エスピーオー→
発売元: 是空/TCエンタテインメント
販売元: TCエンタテインメント→
発行元: 朝日新聞社出版



【イタリア語版/字幕版】
〇'66 9/23〜公開→
〇'07 3/24 DVD「〜スペシャル・エディション」発売→
〇'10 11/26 DVD『「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.1「続・荒野の用心棒」編』に収録→
〇'12 12/5 Blu-ray 「〜HDリマスター スペシャル・エディション」発売→
〇'17 2/24 同上Blu-ray廉価版発売→
●'16 4/28発売 Magazine+DVD『マカロニ・ウエスタンDVDコレクション』(2)に収録
配給: 東和→
発売元: IMGICATV
販売元: エスピーオー→
発売元: 是空/TCエンタテインメント
販売元: TCエンタテインメント→
発行元: 朝日新聞社出版
ワイド(ヨーロピアンビスタ)
モノラル
1/21 Magazine+DVDを自宅にて観賞
劇場: フィルム上映
棺桶を引きずって歩く男、その名はジャンゴ
オープニングのその姿から強烈なインパクトを与えて映画が始まる
訪れた町は二大勢力が対立しているために荒廃しきっており、泥だらけでぐずぐずの地面がさらに退廃感を加速させる
泥臭いジャンゴが泥だらけの町で戦う文字通りの"泥臭い"映画
演出も最高だしとても殺伐としてるからシリアスな映画が好きな人にはいいかも
ジャンゴ男前すぎるだろ
「男の花道さ」なんて両手潰されて言うセリフか
ラストの墓地での決闘も激アツだ!

荒野の用心棒から何も続いてない続編だけどめちゃくちゃカッコよかった!
フランコ・ネロがイケメン過ぎるので何とかしてください
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.8
セルジオコルブッチ初鑑賞。

荒野の用心棒より好き。ただ、全然続編ではない笑。
『荒野の用心棒』より面白いと思う。
泥と沼の街っていう舞台設定がまず良い。
シズヲ

シズヲの感想・評価

4.3
邦題がこれなのに続編でも何でもないのが笑う。二つの勢力が争うゴーストタウンに凄腕のガンマンが訪れるという構図は実際「荒野の用心棒」に似ている。でも作風はあちらよりも格段に薄汚くて俗物じみてるのが印象的。

オープニングの時点で絵面と雰囲気が秀逸。棺桶を引きずったジャンゴのキャラクター性や泥濘まみれの町並み、過激な暴力描写などによって閉塞的な死臭を帯びている。空気は冷たく湿っぽいんけど、棺桶の謎機関銃とか荒唐無稽な演出が色濃くて娯楽性も高い。所々見受けられる低予算感もアイデアや見せ方で工夫して上手くカバーしているのが面白い。ジャンゴ~♪という特徴的なテーマソングを始めBGMも良質だ。

個人的には終盤のジャンゴの凄みが堪らない。あの泥臭さ、悲哀、そして殺意がもう本当に好き。最後の決闘は一瞬で決着が付いてしまうのに、何というかそこへ至るまでの溜めも含めて余りにもアツい。
とまる

とまるの感想・評価

3.8
主人公が棺桶を引きずりながら荒野を歩き回るオープニングから「???」の連続で、ダークヒーローみたいなものを描こうとしているのに、コミュ力のなさと行動の首尾一貫性のなさのせいで主人公がただの病気にしかみえないなど草のはやしどころが満載である。
だけれどアクションシーンなど決めるところは決まっているしテーマ曲もいいし好きな映画。
>|