荒野の用心棒の作品情報・感想・評価

「荒野の用心棒」に投稿された感想・評価

nao0627

nao0627の感想・評価

4.0
黒澤明の用心棒をベースにしているけど、こっちの方を先に観ていた。
基本的にトレースしてるけど、変えたところとかを比較して考察するのも面白い。
しかし、とにかくかっこいい。
黒澤明の名作「用心棒」を清々しいほどパクって、
結果的に訴えられるハメになってしまったマカロニ版「用心棒」。
おおらかな時代だったというか何というか。

まあ、無断だったのはどうかと思うものの、
「時代劇が西部劇に」という翻訳それそのものは面白い。
刀と銃、それぞれ違う魅力があり、
侍とガンマンにもまた違った味わいがある。
その意味では、両者の雰囲気は全く別物で、
全体において「ワイルド」か「クール」かも違って来る。

クリント・イーストウッドという映画スターは、カッコいい。
カッコいいんだけど、何となくキャラクター性が弱い。
「いつも同じ演技」なのはわかるとしても、
そこにどんな設定やドラマがあるかによって、
「同じ演技」なのにそれぞれのキャラクターに説得力が伴って来るような魅力があると思う。
何故か同じ事をしていても幅がある。
日本だと高倉健もそうだが、何を考えているかわからない寡黙な俳優だからこそ、
何をしても深読みできる変な勢いがある。
ただ、今作に関して言えば、かなりスタンダードで、
極めてわかりやすい物語すぎるせいで余計にキャラクターが弱い。
勿論、味はあるといえばあるんだけど、
比較対象がどうしても三船敏郎になってしまう。

演出はかなりまんまであるものの、
三船敏郎らの荒々しい演技や殺陣、
更には敵味方問わず生き汚い黒澤演出に比べると、
手足の長い外国人のそれはちょっとたどたどしく感じてしまい、
そこでもやっぱり違いや差が出てしまう。
あとは、やはり一番の目玉だと思っていた原典の「刀VS銃」の戦いについては、
普通に「銃VS銃」だったので凄みが弱い。

そういったどうにもできない人種や文化の差での違いで劣る演出があるが、
それ以外の「間」の演出だとか、「カッコよく見える撮り方」だとか、
そういうものは上手く盗んで昇華できており、
結構多くのシーンではうまく息づかせた印象も受ける。
やや物足りない部分も多いが、遊び心みたいなのが足りないせいか。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
んー観てて気持ち悪いくらいに『用心棒』なんだよなぁ笑

マカロニウェスタンの舞台設定とかイーストウッドの早撃ちや馬の迫力は良いけど

キャラ設定は黒澤明の方が好き
加東大介ポジがいなかった

セルジオレオーネ版は違いはあれども、話の流れといい、細かいとこまで同じだったのが意外
マカロニ・ウエスタンの奔りとなったのが本作でハリウッド版の西部劇とは登場人物たちのキャラも作風も違いがあります。
主人公もどちらかというと、正当派のヒロイズムはなく汚い部分も持っているのがマカロニ・ウエスタンの特色とも言えます。敵対する悪党はもっと汚いですが(笑)あと、セットの安っぽさもそれに並ぶ特色ですf(^^;

本作「荒野の用心棒」はセルジオ・レオーネ監督が黒澤明監督の「用心棒」をリメイクした作品であることも知られてます。ホントにストーリーはそのまんまですから!!ただ私の場合は、テレビで本作を先に観たのですが…。それで黒澤明監督の作品を観るきっかけになりました。
まぁ、本作は若き日のイーストウッドのカッコ良さ、モリコーネのメロディーを単純に楽しめば良いと思いますよ。
物理的に絶対不可能な四人を一人で始末した早撃ちや、鉄板を防弾チョッキがわりにした劇中のアイデアはバカバカしさも感じました。気楽に観るのが一番かと…。
クリント・イーストウッド若い!そしてカッコよすぎる!(笑)

子供の頃テレビで見てそのカッコよさに痺れました!(笑)
当時はマカロニ・ウエスタンの意味さえ知らず、これこそが西部劇だと思ってました!(笑)
かれこれ40年ぶりくらいの鑑賞です(笑)

名無しのよそ者が、2人のボスが対立する街に流れ着く話し。
マカロニ…ウエスタンの原点にして頂点!
って、どっかで聞いたような事書いちゃいましたが、まさにそんな作品です!(笑)
内容は黒澤明監督の『用心棒』のパクリ(公式のリメイクではないので)なんですが、だからこそストーリーはしっかりしてるし、イーストウッドはカッコいいし、楽しめました!
もちろん西部劇の世界観なんですが、イタリア人監督がスペインで撮影したと言う非常に胡散臭い作品で、微妙にズレてるところがありますが、そこがマカロニ・ウエスタンの特徴の一つ一つですね(笑)
そしてもう一つの特徴が、後のイタリアンホラーに繋がる残酷描写。
この辺りはイタリア人の国民性なんでしょうか(笑)
僕が生まれるより前の作品なんでエロはないですがヒロインのマリアンネ・コッホ、独特の色気のある女優さんで見惚れちゃいました!(笑)

調子にのって7本も借りたDVD、連日の深夜2本鑑賞でなんとか4本消化したけど…。
残り3本が全部2時間越えの大作!
しかも古い作品なんで吹替なし!
うち1本は約3時間…。
果たして全て見られるんでしょうか!?(笑)
初マカロニウエスタン
テンポが良くて観やすかった。BGMが凄いカッコいい。流れ者っていいよね。
色々な作品でパロディ、オマージュされてる(例えばBTTF3)からここ観たことあるみたいなところが多々あった
mie38

mie38の感想・評価

3.6
イーストウッドの用心棒もいいです。
本日、777Mark!!目指せ1000
hyuGa

hyuGaの感想・評価

4.5
【一つの村を引っ掻き回す、さすらいの早撃ちガンマン】

黒澤明監督の用心棒は未見。
イーストウッド先生の初主演映画、最初の四撃は燃えざるを得ない……
撃ち合いというより頭脳戦が多く、イメージしてた西部劇とは少し違うが、ラストの早込め早撃ち勝負は緊張して鼓動が鳴り響く。
この映画のおかげでマーティは助かったんですね。
単純なストーリーだけど、やっぱり何だかんだで面白いっす。

それにしても、さすがに非公式のパクリっていうのはちょっとねぇ~(苦笑)。
何度も見ているので特に感想はないけど、何度も見ているという事はそういう事。
>|