夕陽のガンマンの作品情報・感想・評価

「夕陽のガンマン」に投稿された感想・評価

殆ど夕陽のシーンがない、夕陽のガンマン!!!!


荒野のガンマン、夕陽のガンマン、荒野の用心棒、夕陽の用心棒…たぶん、全部TSUTAYAにあった気がする。
どれかしらがどれかしらのインスパイアなのだろう。
いや、分かんねぇよ。。。

野郎ラーメンが二郎ラーメンのインスパイアなのと同じ感じだと思う。


まず本作を観て常に思うのは、

「カッコいい」

という一点。
とにかく最初から最後まで、カッコいい。


スーツのおっさんもポンチョ野郎も、そしてトラウマ懐中時計をヘビーローテしまくるガチ大悪党ヒゲ将軍も、みな滅茶苦茶にカッコいい。

酸いも甘いも経験してきたであろう、しかしそれを多くは語らないオトナの男の、クールな立ち居振る舞いの全てが詰まっている。
彼らの一挙手一投足には味があるが、その実体までは殆ど語られない。シブい。

是非こんな感じの男を目指したいし、明日はポンチョを買いに行きたいし、彼女も居ないが子どもが産まれたらコレばっかり観せたい(虐待)


ぶっちゃけ西部劇っつーのは、技術的に上な今作った方が遥かに良い出来になるもんだろうと思っていたが、今回その考えは覆された。
全盛期にしか作れない空気感。
全盛期でしか表現できない面白さ。
それが技術的に劣ろうとも、このヒリヒリするような面白さカッコよさは少しも色褪せないし、届かない。と思った。


スーツのおっさんも最高だったけど、いややっぱり何よりイーストウッド先生!!
俺は、朝から晩まで名作映画撮りまくっては洗いたてのグラン・トリノを眺めるのが趣味のボクシングトレーナーおじいちゃんっていう印象しかなかったので、普通に他人の監督する映画に俳優として出てたという事実そのものが逆に新鮮に感じた。

てか、カッコ良すぎない?
顔の造形が神がかってない?
DNA側が甘やかし過ぎてない??
何でこんなカッコ良いのに歳取っちゃったの?(錯乱)


イーストウッド全盛期がありえんほどカッコ良かった、というのが何より印象に残ったし、それを生かしつつ、それに周りが殺されない演出の妙が見事。
終盤手前がビミョーに退屈な印象を受けなくもなかったが、全編に渡って主役二人と悪役1万ドル相当が引くくらいカッコいいのである。

ポンチョ野郎はいきなりポーカー始めちゃったりただのヤバい人だけど基本歩いてるだけでカッコいい。
スーツのおっさんは迫力だけで汽車止めるわ銀行員ビビらせるわ割とヤりたい放題なのがカッコいい。
大悪党ヒゲ将軍は根城にしてる協会の説教台?で作戦を話す所とか最高にカッコいい。というかエロい。
この、カッコいい演出アイデアの数々が、後のどれだけの作品に影響を与えたのだろう。


そんな感じでキザまっしぐらな本作だが、その一方で、
超キモい距離感のまま首でタバコ着火とか、
足ふみふみからの帽子撃ち遊びとか、
保健所が見たら発狂しそうな線路沿い事故物件住みのうるせえジジイとか、
みんなのパクった金庫撃ち大会とか、
あといちいち敵に銃渡しちゃうセキュリティ意識の甘さとかも、
時折チャーミング要素が何の前触れもなく踏み込んでくるのも微笑ましくて良い!
待って、どこまでがギャグなんこれ??



……なんか、全体的にバカっぽい感想になってしまったのだが、細かい知識とかを殆ど必要としない、映画という、観るだけで楽しませる力を持った娯楽として、本作は非常にシンプルに完成されている。

これぞ語り継がれるべき名作。
納得だ。


ところで、何で西部劇って酒場だと必ず管理職ぐらいの年齢のおっさんがピアノでゴキゲンなBGMを弾いてるんすかね?
史実でもそうなんですか?
鳥貴族でもやって欲しいんですけど??

このレビューはネタバレを含みます

若かりしクリント・イーストウッドが、格好良かった。

西部劇としては、可もなく不可もなしといったところ。

このジャンルは、特に昔の作品で特別面白いと思えるものがなかなかない。
かっちょいい西部劇。
「クリント・イーストウッド」
かっこよすぎる(^-^)/
タバコを吸う仕草もいちいちカッコいい。
敵と対面したら先ず一服、この余裕とタメの
カッコよさ。渋すぎるイーストウッド🌟

なんだろうね、深く言えないんだけど
かっこよかった。
もうそれだけでいいような気がします💫

全ては金のために賞金首を狙う。
正義だのそんなものは関係ねぇ‼︎〜
…という精神が潔くカッコいい💥

『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』で、
クリント・イーストウッドのネタがあったが
納得です❗️どうも途中で《デロリアン》が
出てくるような気がして…😅

それにしてもあの口笛から始まる…
テーマ曲は名曲ですね。
西部劇の面白さは音楽が重要🎶
テーマ曲聴いただけで鳥肌たちます✨

あのメロディを口笛で吹こうとしたら、
鳴らない。えぇ~っ💦 考えてみれば、
口笛なんて何年も吹いていなかった。

口の形が変わったのか、口笛の型を忘れたか
原因は解らないけど口笛が吹けなくなってる
自分にショックを受けてます(≧∇≦)
現在、口笛特訓中😢

イーストウッド35歳の時の映画です。
遅咲きの渋いアクション俳優だった 💯
namuge

namugeの感想・評価

-
イーストウッド派?リーヴァンクリーフ派?私はもちろん!リーヴァンクリーフ!
渋カッコいい男たちに甘くて物悲しいオルゴールの音色が良く似合う!

命が価値をもたず死が金になるところ
賞金稼ぎが現れる

渋いっすね。
ポチャ

ポチャの感想・評価

5.0
続よりコッチ派。大大大大好き!
格好いい。
俳優イーストウッドが格好いい

随所での裏を書き合いがジェネレーションギャップからか、どこか可愛らしい、愛らしく感じてしまった


この電車は寺田町には止まりません。
いいや、止まるさ。俺が止まれと言えば。
 賞金稼ぎが賞金首を倒す話。渋い。だけどもあんまりハマれなかった。西部劇が苦手というのもあるだろうがセルジオ・レオーネ監督のテンポがどうも合わない。クラウス・キンスキー良いなあ。
時代を感じた
今の時代のド派手アクションを観てしまうと若干物足りなく感じる
こへい

こへいの感想・評価

4.8
西部劇用ノートにメモ
>|