セルラーの作品情報・感想・評価・動画配信

「セルラー」に投稿された感想・評価

kumausi

kumausiの感想・評価

3.8
タイトルの通り、電話で始まり電話で終わるお見事な脚本。
悪スティサム怖いね。
すいか

すいかの感想・評価

3.2
観了。
「デッドコースター」の監督が撮った作品との事でリストに入れていた作品(恐らく)。

間違い電話かと思ったらホントに事件に巻き込まれた家族を勇敢に助ける青年のお話。原案が「フォーン・ブース」と知りなるほど。
古臭さは感じながらも楽しめました。

若き日のジェイソン・ステイサムが悪役で、「インシディアス 」リン・シェイもちょい役で出ていて胸熱。
エンドロールも良かった。
vocca

voccaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

相手が悪かったな。
彼女は生物の先生だ。

タイトルに恥じない携帯電話映画。

道中の破壊っぷりが気持ち良いが、
多分彼はこの後捕まる。
モリヤ

モリヤの感想・評価

3.4
ジェイソン・ステイサムが元気に悪役を演じている。ガラケー全盛期の頃の話なので今となっては時代錯誤だけど、スリルは味わえる。
SS

SSの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな怖そうなジャケットしといてかなりコメディよりのサスペンス映画

汚職警官の証拠を握って監禁された女性の電話にたまたま出たキャプテンアメリカになる前の若いクリスエバスンスが頑張って助けに行く話

結構展開に趣向を凝らしてて面白かった
しげこ

しげこの感想・評価

4.2
ジャケットがサスペンス寄りだけど、思いのほかアクション!説明描写がないので、何も知らずに巻き込まれたクリエヴァと同じ目線で思考を巡らせ、最後まで気になって目が離せない!
なんといってもクリエヴァvsステイサムが熱い~🔥このステイサム様は少し脇が甘め。
知らない誰かのためにここまでできちゃうまっすぐな男が、クリエヴァは似合いますね本当に。
シンプルで面白い。けど、iPhoneの時代に見てしまうと、かなり臨場感を欠いてしまう。
ガラケー時代に見るべき。
ハラハラドキドキ面白い!
ラストやっと会えた時の一言が最高!
定期的に観ます!
SNL

SNLの感想・評価

4.0
2009年に書いたブログのコピーです。

セルラー 面白い!!


古い映画(2004)だけど、セルラー、やっと見た。

キャストが豪華
ファンタスティックフォーのクリスエバンスが主役のライアン。
ちょい役の彼女にジェシカ・ビール(ついおとといNEXTで見たばかり。5年前のジェシカ若くて可愛い!!)
もう一人の主役のジェシカ役にキム・ベイシンガー
警官がウィリアムHメイシー
誘拐人にジェイソン・ステイサム

94分という短い時間で、楽しいこと、ハラハラすること、スキっとすること、なるほど!って感心すること盛りだくさん

でも、物語は破綻せず、すべてが納得いく。

セルラー セルラー
(2009/01/28)
キム・ベイシンガークリス・エバンス

商品詳細を見る


監督はスタントマン出身の
David R. Ellis
ファイナルディスティネーション2,3の監督。
その他、「スネーク・フライト」だって。この映画、SNLのスケッチかなにかでパロディされてるの見たことあるんだ。
コメディなのかしら?
いや、IMDBによるとアクションスリラーだって。
これは見てみなければ。ERのハサウェイも出てる。
この監督、なかなかやり手みたいだもの。

陳腐な映画は、盛り上がるために、やけにFBI捜査官が間抜けだったり(モーガンフリーマン演じるコレクターのFBI、そして、おとといのNEXTのジュリアンムーアも超おばか。テロリストもお馬鹿だったし)どうしてそんなことする!ってつっこみどころ満載になってしまって、もう笑うしかないって状況になるんだけども

これは、なぜ主人公が一人奮闘状態になったのか、納得がいく貴重な映画だ。

唯一、ジェイソンステイサムが、クリスエバンスに力の闘いを挑むところが
「そんなことやってないで、さっさと撃てばよかったのに!」って思うけども、
それはお約束。007の悪役が主人公をさっさと殺さないように。

そして、キムベイシンガーのキャラクターが最高!
頭のいい女っていいよね。
冒険野郎マクガイバー、あるいは、代打屋トーゴーのごとく、頭脳で問題解決。

そういえば、ジョディフォスターが出たパニックルーム(2002)も主人公が電話を作ったような。
パニックルームより面白かった!!

パニックルームとか、コール(原題はTrapped(2002)だった。探すの苦労しちゃった)とか、
誘拐されて電話でどうのこうのっての結構あるけども、
必ず子供が糖尿病だったり、ピーナッツアレルギーだったり、何か治療しなくちゃいけなかったりで、
そんなところでハラハラさせようなんて、姑息~って思って食傷気味だった。

このセルラーは、そんなの使いません!子供は出てくるけどね!

36インチテレビ ステレオにて、娘と二人で観賞。

このレビューはネタバレを含みます

オープニングで、いきなり女性が3人の男に連れて行かれて
監禁されてしまう。
そして、監禁されている電話器を壊されたその女性は、
電話器を通電させて見知らぬ青年に助けを求める。
その後、女性を助けるために青年は警察署へ行くのだが、
そこがもぬけの殻になっていて、青年は女性とをつなぐ
携帯電話(ガラケー)を取り合ってもらえず、他の方法を
考える。
その間、今度はガラケーのバッテリーが少なくなってきて
この青年は、とある方法を取り、物語はいろいろと展開するのだが
あとは見てのお楽しみ。
この映画の脚本も演出もしっかりしていて、犯人の姿もわかってくる
のだが、今までにない壮大なサスペンスアクション映画です。
見て損のない、サプライズが多い映画です。
☆4つの立派な映画でした!!
>|