フォーン・ブースの作品情報・感想・評価・動画配信

「フォーン・ブース」に投稿された感想・評価

risaI

risaIの感想・評価

3.0
まあまあ☺️20年も前の映画だったから仕方ない!公開されたときは話題性がすごかった
時が経つの早すぎる
Hommy

Hommyの感想・評価

-
なかなかによかった。笑
ワンシチュエーションのサスペンスは大好物であります。
短い尺ってこともあり、いろいろ深掘りせずに淡々とすすんでいくのもいい感じ。
フォレストウィテカーの演技力がなかったら、もっとチープな印象だったかも。
最後も悪夢を終わらせない演出があり、かなり好みな感じでした。
draw

drawの感想・評価

3.7
◆スチュワートはやり手の広告マン。彼が公衆電話を使い終わった直後、その電話が鳴ったので彼は取ってしまった…
【秀逸なシュチュエーションスリラー】
限られた空間って意味で、この映画は結構記憶に残ってる作品。
久々に観てもおもろい😊
たかが電話。それに翻弄されるコリン・ファレルがなんともいい演技。

キーファーの声もはまる。見方を変えればダークヒーロー的な悪者。
細かいところはツッコミ出したらキリがないから、あんま深く考えずに観たらいいやつ。嫁の寛容さがすごい。
ずっと電話BOXでのシーンなのに全然退屈しないし緊張感もずっとある。流石の演技力。
コリン・ファレルといいニコラス・ケイジといい、困り顔がうますぎてほんと好き笑
ジャケのコリン・ファレルがめっちゃツボ。
こんな真っ黒眉毛でかっこいいとかずるい。

このレビューはネタバレを含みます

  電話ブース(フィルム)
ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ
電話ブース
Phone Booth movie.jpg
劇場公開ポスター
監督:監督 ジョエル・シューマッハ
書き込み ラリー・コーエン
プロデュース:プロデュース ギル・ネ
ッター ・デイヴィッド・ザッカー
主演
コリン・ファレル
フォレスト ウィテカー
ケイティ・ホームズ
ラダ・ミッチェル
キーファーサザーランド
撮影 マシュー・リベラティク
編集日時: マーク・スティーブンス
音楽による ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
製作
会社
ザッカー/ネッター・プロダクションズ
配布方法 20世紀フォックス
リリース日
2002年9月11日 (TIFF)
2003年4月4日(米国)
再生時間 81分[1]
国 米国
言語 英語
予算 1,300万ドル[1]
切符売場 9,780万ドル[1]
Phone Boothは、2002年のアメリカのネオノワールスリラー映画で、デビッド・ザッカーとギル・ネッターがプロデュースした、ラリー・コーエンがプロデュースし、コリン・ファレル、フォレスト・ウィテカー、ケイティ・ホームズ、ラダ・ミッチェル、キーファー・サザーランドが主演しました。 映画では、悪意のある隠された狙撃兵が電話ブースを呼び出し、内部の若い広報担当者が電話に出ると、彼はすぐに彼の人生が危険にさらされていることに気付きます。この映画は批評家から一般的に肯定的な評価を受け、1300万ドルの制作予算に対して全世界で9,700万ドルを売り上げ、興行収入を記録しました。

映画は2002年のトロント国際映画祭で初演され、2002年11月に劇場公開される予定だったが、2002年10月のD.Cスナイパー攻撃により20世紀フォックスは映画の公開を遅らせ、2003年4月4日にアメリカで間もなく公開された。


内容
1 陰謀
2 キャスト
3 生産
4 解放
4.1 演劇
4.2 ホームメディア
5 レセプション
5.1 切符売場
5.2 重要な対応
6 「」も参照
7 参照
8 外部リンク
プロット
スチュアート・シェパード(コリン・ファレル)は、妻のケリー(ラダ・ミッチェル)の後ろでパメラ・マクファデン(ケイティ・ホームズ)と浮気をしている若い傲慢なニューヨーク市の広報担当者です。タイムズスクエアにいる間、スチュアートは公衆電話ブースを使ってパムに連絡します。通話中、彼は彼に無料のピザを提供しようとするピザ配達員によって中断されますが、スチュアートは積極的に彼を追い返します。スチュアートが電話を終わるとすぐに電話が鳴ります。スチュアートの答え;彼の名前を知っている反対側の男は、パムについてケリーに話すと脅して、ブースを出ないように彼に警告します。

呼び出し元は、彼が同様の方法で間違った行為を行った2人の以前の個人をテストし、それぞれが彼らが間違った人々に真実を明らかにする機会を与えたが、どちらの場合も拒否し、殺されたことをスチュアートに伝えます。スチュアートは、同じ運命を避けるためにケリーとパムの両方に彼の気持ちを告白する必要があります。脅威を実証するために、発信者は抑圧されたスナイパーライフルをピンポイントの精度で発射します。その後、発信者はPamに連絡し、彼が結婚していることを認めるスチュアートに彼女を接続します。

ブースは電話の使用を要求する3人の娼婦によって近づきますが、スチュアートは彼のジレンマを明らかにすることなく、去ることを拒否します。レオン(ジョン・エノス3世)は、ヒモがブースのガラス面を壊し、スチュアートをつかみ、娼婦が見ている間に彼を殴る。呼び出し元は「彼を止めさせる」と申し出て、スチュアートの混乱の中で、彼はうっかりこれを求めます。呼び出し元はレオンを射殺する。警察とニュースクルーが場所に収束するので、彼は銃を持っていると非難し、代行者はすぐにスチュアートを非難します。

NYPDキャプテンエド・ラメイ(フォレスト・ウィテカー)は、エリアを封鎖し、スチュアートがブースを離れるように交渉しますが、彼は拒否します。スチュアートは、彼らが彼を犯すことができる方法がないことを発信者に伝えますが、発信者は電話ブースの屋根に植えられた拳銃に彼の注意を引きます。ケリーとパムの両方が現場に到着すると、発信者はスチュアートがケリーに真実を話すように要求します。その後、発信者はスチュアートにケリーとパムのどちらかを選ぶように命じ、彼が選ばない女性は撃たれます。

スチュアートは密かに彼の携帯電話を使用してケリーに電話をかけ、彼女が発信者との会話を聞くことを可能にします。彼女は静かにこのことをラメイに知らせます。一方、スチュアートは、自分が実際よりも良く見えるように、彼の人生全体が嘘であることを皆に告白し続けています。スチュアートの自白は、警察が近くの建物への公衆電話の呼び出しを追跡できるように十分な気晴らしを提供します。スチュアートは、警察が途中であることを発信者に警告し、発信者は、彼が捕まった場合、彼はケリーを殺すだろうと答えます。怒って、スチュアートは拳銃をつかんでブースを出て、代わりに狙撃兵に彼を殺すように頼みます。警察はスチュアートに発砲し、SWATチームは発信者が追跡された部屋に侵入し、ライフルと男の死体を見つけるだけです。

スチュアートは、警察が唯一のゴム弾を発射見つけるために意識を取り戻します, 見事なが、彼に害を与えていない.スチュアートとケリーは幸せに和解する。警察が遺体を降ろすと、スチュアートはそれを以前のピザ配達員と特定します。スチュアートは、地元の救急車で治療を受けます。彼がそうであるように、本当の呼び出し元(キーファー・サザーランド)は通り過ぎ、彼の新しい正直さが続かない場合、彼は戻ってくることをスチュアートに警告します。その後、男は群衆の中に消えます。その後、公衆電話が鳴り、別の男性が答えます。

キャスト
コリン・ファレル:スチュアート"Stu"シェパード、彼を殺すと脅す神秘的な発信者の犠牲者になる利己的で不誠実な広報担当者
発信者としてキーファー・サザーランド、無名、悪意のあるが、ベトナム戦争中に策略キラーと訓練された狙撃兵は、電話ブースでStuを呼び出し、彼の人生を脅かし始める
フォレスト・ウィテカー :キャプテン・エド・ラメイ、呼び出し元に対する彼の紛争でストゥーに援助を与えるが、殺人者として彼を疑う警察のキャプテン
ケイティ・ホームズ:パメラ・マクファデン、ストゥーのガールフレンド
ラダ・ミッチェル:ケリー・シェパード、ストゥーの妻
パウラ・ジャイ・パーカー : フェリシア
アジアとしてのティア・テクサーダ
ジョン・エノス3世: レオン
リチャード・T・ジョーンズ: ジョナ・コール軍曹
キース・ノブス: アダム
マリオとしてのジョシュ・パイス
ベン・フォスター 「ビッグQ」(クレジットなし)
ボビーとしてのジャレッド・レト(削除されたシーンで)
プロダクション
ラリー・コーエンはもともと1960年代にアルフレッド・ヒッチコックに電話ブース内で完全に行われる映画のコンセプトを投げました。ヒッチコックはこのアイデアを気に入ったが、彼とコーエンは映画をブースに閉じ込めておく十分なプロットの理由を見つけることができなかったので、彼らは決してそのアイデアを映画にしなかった。1990年代後半になって初めて、コーエンは再びこの概念を見直し、狙撃兵のアイデアが彼に来た。ヒッチコックはコーエンの手にプロジェクトを残して死んでいた。クリエイティブ・アーティスト・エージェンシーはコーエンと契約を結び、トム・クルーズ、ウィル・スミス、メル・ギブソン、ロビン・ウィリアムズ、アンソニー・ホプキンス、ニコラス・ケージなどのAリスト俳優に訴えました。ジム・キャリーはもともとスチュ・シェパードとしてキャスティングされたが、彼は脱落した。シューマッハは言った:「私たちはその夏にそれを撮影するつもりだったし、彼はスーツのためにフィットしました。しかし、ある夜ジムから電話があり、足が冷たいと言われました。彼は本当にそれに落ち着かなかった。俳優は決して自分の役割をあきらめない。もし俳優が役をやめても、それは彼らにとって正しくない」スティーブン・スピルバーグ監督は、ヒッチコックが生きていたら、映画を監督したいと思っていただろうと述べ、自分で脚本を引き受けないことを後悔した。 [3]

映画の主な撮影は10日間で完了し、さらに2日間のショット、ピックアップ、再撮影を確立しました。この加速撮影スケジュールは、ランチブレイクのための典型的な1時間の生産シャットダウンをスキップする作業スケジュールであるフランス時間の採用によって助けられました。 [4]

これは、以前に完璧な上で一緒に働いていたジョエル・シューマッハとの衣装デザイナーダニエル・オルランディの第二の機能でした.彼によると、ドルチェ&ガッバーナはコリン・ファレルが着用したスーツとシャツを作りました。ファッションハウスは撮影のために追加のスーツのコピーを作る任務を負っていましたが、残念ながら撮影の最終日まで到着しませんでした。ありがたいことに、映画は時系列で撮影され、衣装は生産を遅くすることなくダメージを受けることができました。オルランディは、彼とファレルが同じサイズだったので、自分のためにスーツのコピーの1つを維持することができました。 [5]

映画はリアルタイムで設定されているので、映画が行われる期間は、キーファー・サザーランドも主演するテレビシリーズ24と同じように、それを見るのにかかる限りです。24と同様に、分割画面も使用します。映画はニューヨーク市を舞台にしていますが、2000年11月にロサンゼルスのダウンタウンにあるCB1ギャラリーの前で撮影されました。これは、定期的に運転するLACMTAバスによって明らかにされます。映画の中の電話ブースの正確な位置は、背景に黒いゲートによって与えられた西5丁目とフランクコートの角です。

映画はサザーランドとフォレストウィテカーの3番目のコラボレーションをマークしました。2人は以前、第99条(1992年)とサザーランドの監督デビュー作『ラスト・ライト』(1993年)でコラボレーションした。

リリース
劇場
映画は2002年9月10日にトロント国際映画祭で初演されました。当初は、その年の11月15日に米国で発売される予定だった。しかし、2002年10月、ワシントンD..C地域でベルトウェイの狙撃攻撃が発生し、20世紀フォックスは2003年4月5日まで映画の公開を遅らせた。 [7]

ホームメディア
2003年7月8日にVHSとDVDでリリースされた。

レセプション
ボックスオフィス
この映画は米国で46,566,212ドル、国際的に51,270,925ドルを売り上げ、総額は97,837,138ドルで、1,300万ドルの制作予算を上回りました。 [1]

クリティカルレスポンス
ロッテントマトでは、映画の支持率は188のレビューに基づいて72%で、平均評価は6.5/10です。ウェブサイトの重要なコンセンサスは、「クイックペーシングとファレルのパフォーマンスは、電話ブースを緊張した爪噛みにするのに役立ちます」と読んでいます。 Metacriticでは、35人の批評家に基づいて100点中56点の加重平均スコアを有し、「混合または平均レビュー」を示す。 CinemaScoreが調査した観客は、映画にA +からFまでのスケールで「C+」の平均グレードを与えました。

シカゴ・サンタイムズのロジャー・エバートは映画に3つ星を与え、サザーランドのパフォーマンスについて「声がうまくいかない場合、どちらも映画を行いません。それはそうです。バラエティ誌のトッド・マッカーシーは、比較的短い長さでも十分な素材を持っていないと批判し、「物事を活発に保つために多くの映画製作のトリックに取り組んで、この激しく行動した小さな運動は、コリン・ファレル率への関心が徐々に高まるという例外を除いて、十分な力を持っていない」と書いた。 [12]

2019年6月7日から22日にかけて、アトランタのパルプ・ブラック・ボックス劇場で舞台化が行われました。 [13]

「も参照
リバティ・スタンド・スティル(2002年の映画)、ウェスリー・スナイプスとリンダ・フィオレンティーノ主演、同様のプロットとテーマを共有
ノックアウト(2010 年の映画)、電話ブースの無許可ボリウッド リメイク
ロック(2013年の映画)

以上Wikipediaから引用
そらじ

そらじの感想・評価

4.0
ほとんどが公衆電話ボックスの中で繰り広げられるが、コリン・ファレルの演技力が凄まじいので見入る。殺人容疑をかけられて警察がどんどん来たり、声の主には色々要求され続けたりとずっとハラハラしていたので、観てて疲れてしまった良い意味で
NR

NRの感想・評価

-
公開当時、話題になったことを思い出した。

新宿にまだ公衆電話が並んであった時、
何故か一台が鳴っていた。
受話器を取ってみたい衝動にかられたが
止めたのを思い出す。
KO

KOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 緊迫感にあふれた映画。画面に複数の人物が映し出されるあたりに24に似たものを感じる。ジャック・バウアーが犯罪者になった24はきっとこんな風なんだろうなあ。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/phone-booth
miyu

miyuの感想・評価

3.0
約80分間、電話ボックスとその周辺で物語が進んでいきます。

見えない電話相手と声だけで演技するコリン・ファレル。さすがです✨
後半はかなりハラハラするし、緊張感があってよかった!

目の前の公衆電話が急に鳴ったら?
わたしなら取りません😂
>|

あなたにおすすめの記事