ナチョ・リブレ 覆面の神様の作品情報・感想・評価

「ナチョ・リブレ 覆面の神様」に投稿された感想・評価

zak

zakの感想・評価

1.5
お、おもんない…(ファンの皆様すいません!)

ジャック・ブラック主演ということで観てみましたが、おそらくジャック・ブラック出てなかったら観てない映画ですね…

修道院で育った主人公が覆面レスラーとして活躍する話。(そして弱い)
設定はなんかタイガーマスクを思い出しますね〜。(あんまり詳しくないですけど…)

とりあえずブニョブニョの体は良いとしても、さほど練習もせずトントン拍子に進んでいくストーリーに違和感を感じちゃいましたね…
まあこの映画はストーリー云々よりキャラを楽しむ映画なんでしょう。

しかしコメディ映画としては爆笑できるトコないです…どちらかというと苦笑いの脱力系コメディといった印象。ジャック・ブラック好き意外にはオススメできないですね〜。
メキシコの雰囲気は良かったですけども。
つよ

つよの感想・評価

3.5
修道院で働く男がレスラーになる物語。

ジャック・ブラックは楽しそうで笑える。
ジャケットの顔見てください最高でしょ。

アナ・デ・ラ・レゲラが綺麗。

プロレスは疎いけど、普通に面白い。

ピーター・ストーメアは「プリズン・ブレイク」のアブルッチ。
ホントの話を、コミカルにしてるね。
ジャックブラックは、この手の作品もってこいやね。
早口でペラペラしゃべりますなあ!
昼は教会で孤児の世話をする。夜は覆面プロレスラー、みたいなコメディです。ジャック・ブラックがおもしろいです。顔・声・太ってる体・背が低い・何やっても おもしろい。いるだけで明るい雰囲気になる。
troy

troyの感想・評価

3.5
鑑賞後に筋トレしたくなる。嘘です。そういう作品じゃないんですよ。ご都合主義?コメディーなんだから良いのよそれで!子供達のため、そして愛のため、ナチョは空を舞う!
プロレス好きの友人の大絶賛により鑑賞。
一言で言うと、プロレス版ブルース・ブラザーズ?
だがあちらは最高の音楽があるしスタイリッシュなシーンも多いが、こちらはずっとホームコメディ寄りで笑いもユルイがそもそも全体的な構成がユルユル。子どもと一緒に観ても安心という点では良かったが、特にプロレスファンでもない私にとってはジャック・ブラックの百面相以外に観るべきものがなく、演出やプロットの荒さだけが印象に残った。
ちなみに一緒に観ていた小中学生には、意外にもナチョよりヤセが人気だった。
■2回目(2007/7/11)
いやぁ〜
ほんとジャックブラックの
コメディ面白い。

多分、ルチャリブレ(メキシコの
プロレス)を知らない人でも楽しめる。


■1回目(2007/2/8)
おデブなナチョが地域を救う

期待度★★★★★

修道僧のおっさんがプロレスラーを目指すコメディ映画
軽い内容かと思いきや孤児や食費が少なく満足な食事を作れないなど意外とリアルな場面もある
ジャック・ブラックの作品にしてはあまりはっちゃけてないのは実話だから?前見たときは、もっとう〜んだったけど、この暑さとビールとの相性はいい!ぬるくてほのぼの〜。娘は「パンダの人だよ」と教えたら激しく納得していた。
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

3.0
ああ、何故くだらなくもクスッと笑えるどうでもいいこんな映画を見ようと思ったのか。

そして何故こんな泥試合を見て悪くないと思うのか。

ところでルチャ・リブレは本当にキリスト教で禁じられているのだろうか? それが気になってしょうがないです。
>|