ナチョ・リブレ 覆面の神様の作品情報・感想・評価

「ナチョ・リブレ 覆面の神様」に投稿された感想・評価

修道院で給仕係を勤める修道僧イグナシオが、ひったくり男スティーブンとコンビを組み、覆面レスラー・ナチョとしてリングに上がる…。
アニメみたいで、とても可愛い。そして、とても優しい。
次々出されるサラダが可愛い。
あや子

あや子の感想・評価

5.0
これは!めちゃめちゃ面白かった!
始まって数分で『これは面白そうだぞ』と思ったら最後まであっという間だった!

コミカルな演技に加えて多彩なルチャリブレ!メキシコの雰囲気も味わえて、おまけに途中で入る歌も良い。

ストーリー的にはツッコミ所多数だけど、そんなこと考えずに観るべき!そんなとこも魅力だから!
ジャック・ブラック主演なのでコメディだと思い込んで観たけど、ジャンル分けしようとするとどう分類していいのか迷うホノボノとした映画。リング上でのナチョの動きはおかしくって笑ったw
NK

NKの感想・評価

-
プロレスシーン良し、音楽良し、ストーリー良し、そしてジャックブラック最高!
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
素顔を隠して孤児たちのために戦うレスラーという「タイガーマスク」とそっくりな設定にびっくり(まさか日本のアニメをパクリはしないでしょうが)。

ただそこはジャック・ブラックで、過剰なドラマや説教臭さはもちろん皆無。主人公は別に教会の孤児たちを救いたいわけでもなさそうで、美人のシスター(ペネロペ・クルス似の正統派ラテン美人!)にいいところを見せたいわけでもなさそうで、彼は退屈で冴えない日常から抜け出すためにリングを上がっただけ。でも結果的にシスターの心を射止め、子どもたちは笑顔を取り戻したわけです(めでたしめでたし)。

結構人を喰ったドラマですよね。やはり、ジャック・ブラックがしまりのない裸体をさらしてリングを跳ね回るのを見てげらげら笑う。それが本作の正しい鑑賞法です。
好きなことを一生懸命して人の役に立てる。神に仕える太った男と科学しか信じない痩せ男、見た目も中身もデコボコそんなタッグが徐々に様になりいつのまにかソウルメイトに!そして二人にとってプロレスがお金を稼ぐ手段以上の存在になっていく。そんなプロレスへの愛にも溢れていてさすがジャレッド・ヘス最高!
だってマスクなんて視界は悪くなるし息はしずらいしで、良いことなんてぜんぜんないんですよ(たぶん)。なのにマスクを被ってる、見た目の派手さだけで人気があるわけじゃない。マスクマンには、マスクを被る時もドラマがあってマスクを脱ぐときにはさらなるドラマが用意されていると言っても過言ではない。
そんなマスクマンがリングで戦う姿は、楽しくてカッコよくて胸が熱くなる。わたしも大好き。

ナポレオンは、バスからルチャのおもちゃを投げて引きずってた。タイトルバックもイカすバイクで二人乗りするシーンとかもそうなのだが、ジャレッド・ヘスの映画は全ての作品が世界線を共有していてそのパッと見わけのわからないこだわりが大好き過ぎてわたしはたまらないのだ。なんたって生クリームのかかったとうもろこしを食べてみたいと思うんだから、この世界観に追加で二兆点差し上げたい。
最初から最後まで、すごい面白かった!
ほっこりした気分にさせられるストーリーだった。
珍しくコメディを。
やっぱジャックブラックは
面白い小太りのおじさんキャラ☺️(笑)

安定の、ですね。
trw

trwの感想・評価

3.3
ナチョのぽんぽこバディが愛おしい。
まったりのんびりクスッとできる癒しコメディ…
メグ

メグの感想・評価

3.0
いきなりメタボばりばりですやん、あんた!
っていうおっさんが主人公でどう考えてもこれは
コメディだろうと見当はついたが、ギャグが寒い。

貧しい孤児院を救う為にプロレスラーになってフ
ァイトマネーを稼ぐお話とくればタイガーマスクを
彷彿とさせるのだがそんな悲哀に満ちたシーンもなく(笑)

実話をもとにしているらしい。
プロレス好きには楽しいシーンも多いと思われます。
>|