バッドサンタの作品情報・感想・評価

「バッドサンタ」に投稿された感想・評価

LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.6
前科あり、バツ2、酔っぱらいで盗人で女好きのデパートのサンタさんが主人公。なんともクズな人間なんですが、ある少年との出会いによって意外やとても感動的なドラマに仕上がりました。少年がかわいい。
子供に暴言を吐き、アル中で女にだらし無く、金庫破りまでしているダメサンタが、サンタを信じる太っちょ少年に出会って変わっていくお話。
ありがちだけど最後は少し感動。
クリスマスに観たくなるけど、下品な所も多くて子供には観せられないw
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
面白いとか面白くないとかじゃなく、この映画とジングル・オールザウェイとコープスブライドはニュージーランドではクリスマスの定番のテレビ放送なので、すっかり慣れ親しみました。ビリーボブさんがまともな人の映画とか見たことねえなぁ。
shiori

shioriの感想・評価

2.8
前回あまりにひどすぎて試着室のところで断念したけど、あれがピークだったね。もうちょっと我慢して観ればいいことあるね笑。最後うまくいきすぎてても心があたたまる。また来年のXmasも観よっと。
あちゃ

あちゃの感想・評価

3.7
オーソドックスなアメリカ映画で、結構笑える。確か照明もそれなりに良かった
みつきちゃんが観てて
気になったやつ〜!(笑)

不謹慎サンタのおはなし😂
ジャケの顔はめちゃイケメン。。

とにかく、仕事中に
飲酒、煙草などなど
サンタとして
最低すぎるんだけど、
ある日太った男の子に会って
少しずつ変わっていく(?)(笑)

ラストは頑張って〜!って
応援しちゃう( ; _ ; )

サンドウィッチおばあちゃん
可愛かったなぁ(笑)
羊男

羊男の感想・評価

3.0
#66 タイトル通りの素行不慮のサンタバイトで稼ぐアル中の話。
2003年,アメリカ
監督:テリーツワイゴフ

サーマンマーマン

これがアンジーのダンナだったと考えると腹が立ってくる

が、自分の中で印象に残る終わり方をする映画の一つ

ヴィンセントが教えてくれたことに影響を与えてそうな作品。
この映画、と言うか、こーゆー男好きなんだよな。人生色々うまくいかなくて心身ともに疲れ果て、やさぐれてしまい酒や女に溺れてるが根の奥は腐ってなくて唐突にその良心や気高さを発露してくるやつ。
今作はおれと同じようにそのテのダメ男好きには堪らない仕様になってます。

話はありがち。ひょんなことから不遇な少年に真心を向けられることでダメ男(今作のはアル中で犯罪者で女癖が悪い)が良心に目覚める感じのよくあるやつ。
ありがちじゃないのは、彼の職業。クリスマス・シーズン限定でデパートで開催されるインベントのサンタ兼金庫破り笑
えっ!?何だこの兼業は?て思うけど、そこにうまい必然性が用意してある。
で、いくらダメ男とは言え主人公にこれはどうかと思う設定がある、これは観てのお楽しみ。性的にエグめのやつ笑

かなり好感持つのが難しいと思われるダメ男なんだけど、それがちゃんと物語が進行するにつれ、コイツいいやつなんだな、て思わせる方向に向かわせる演出は見事で後味も良い、とてもゴースト・ワールド撮った監督とは思えないぐらい笑

ただ、主人公の懈怠と諦観と鬱屈がない交ぜになった無闇にビターなセリフ回しなんかにしっかりテリー・ツワイゴフ監督の刻印はあった。

あと、主人公のダメ男演ってるビリー・ボブ・ソートンが素晴らしいんだよ。前にロバート・カーライルが一番のダメ男俳優と言ったけど、アル中系ダメ男ならビリー・ボブの方が上かもと思った。がんばれベアーズ ニュー・シーズンでもアル中のダメ男をうまく演じてるし。今作もアル中演技の冴えは見もの!本当に酔っぱらってんじゃねえかってぐらいのグデングテン具合なんだよ、足下のふらつきとか呂律の回らなさとか笑
そこも是非堪能してほしいっす😀

この映画観るの4回目ぐらいかな?
おれもこの映画のビリ・ボブほどじゃないけど、今や色々現実に打ちのめされてヤサグレ気味のダメ男になってきた、、今回は、「もう自分の芯は溶け落ちて無くなっちまってんじゃねえのかな!?」て強烈だけど漠然とした不安に襲われ、どーしても観たくなり観賞した。
同じ映画でも、観た時の年齢や精神状態、境遇の変化で意味合いや重要度が変わるものもあるだなぁと実感した。
まあ、こーゆー感慨に浸れるのは年食った映画好きの特権すね笑
随分前に観て、“膝の上に抱っこしてもらいたいのにキンタマを潰される心配をするサンタにやめろって言われる”って下りしか思い出せないけど、おもしろかったと思う🎅
>|