俺たちダンクシューターの作品情報・感想・評価・動画配信

『俺たちダンクシューター』に投稿された感想・評価

meka

mekaの感想・評価

3.5
ウィルフェレル主演のスポ根コメディ。弱小バスケチームがリーグの上位に上がっていくお話し。難しいことは考えずにアメリカンな笑いを謳歌できる。あり得ない話だけど時折おふざけシーンを真面目に演じているさまが逆に面白い。ジャッキーの歌うラブミーセクシーって曲が耳に残った。
bssymphony

bssymphonyの感想・評価

3.0
(20091015)
 ウィル・フェレル主演のウィル・フェレルありきのコメディ映画2題。こういうおバカな映画をきちんと正攻法で撮れる米国はやはりえらいと言ったところ(原題の内容との落差を見習うべきですね)。フィギュアスケーターのラストシーン、星になった2人はやっぱり本当はフィニッシュ技を失敗して悲劇になった事を暗示しているとか考えちゃいましたが。ダンクシューターのほうは最近ドリフにはまっているうちの6歳児のお気に召した模様。試合前の掛け声を一緒にやれというので困っています。ウィル・フェレルという人物、本国テレビでは渋いレパートリーの物まねでも名前が知られているようです。
masacco

masaccoの感想・評価

-
おちゃけロシアンルーレットとか、吐く吐かないのくだりとか、ギャグの質感が懐かしい!ウィル・フェレルが191cmと意外とデカかった😳
アウトキャストのアンドレ3000が愛嬌があっていい役演じてたなぁ〜
R

Rの感想・評価

3.2
安定にくだらないし、バカ丸出しだけど
これ系の中では下ネタも抑えめ、
割と真面目なスポ根で楽しめる!
所々やっぱりすげえバカだけど
クスッと笑うにはちょうどよくて
良い暇つぶしになったかな笑
尺もちょうど良い。笑

Let’s get tropical!🏀

トロピックスってのからクソだせぇ
影千代

影千代の感想・評価

3.5
22174
予想以上におもしろかった。「オフビートな笑い」っていうんですかね。普通に笑った。ウィルフェレルおもしろい。ジャッキーがあんなひどいキャラクターなのに誰も彼を嫌ってないのがいい。
ストーリーは「がんばれベアーズ」的な?へっぽこチームが徐々にまとまって強くなって、ってよくある展開ではあるが、クライマックスに「何も掛かってない4位を全員で必死に目指す」のが感動的。
イワシ

イワシの感想・評価

4.0
大爆笑。CMの間だけの乱闘とか観客を増やすための熊とのデスマッチとかに笑いっぱなし。一方でバスケそのものも興奮するし、アンドレ・3000との諍いで優勝リングのネックレスを外したウディ・ハレルソンが和解と監督就任の証としてホイッスルを譲られるなど丁寧な演出も良い。
43

43の感想・評価

4.0
スポーツって素晴らしい。
バスケがほんの少し好きになりました。

ジャッキー・ムーンの歌も最高。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

3.3
弱小バスケチーム、存続をかけた成長物語。ウィル・フェレル主演ということでもちろんおふざけコメディ。なぜだが上手くいって強くなっていくんだけど、コメディ的にも振り切ったものがなく、フェレルにしては大人しかったなという印象。

〈感想〉
暇つぶしに観る程度であればおすすめです。
バスケの描写も決して悪くはないですし、ABAというプロバスケチームがあったという歴史的背景も知れるのでそういう意味では観る意義はあります。

原題は“Semi-Pro”で、いわゆる独立リーグ。
1970年代はNBAの人気の陰で、商業的に対抗しようと存在していたのがこのABA。
本作に出てくるフリント・トロピックスは架空のチームですが、ABAという存在があったのは事実です。

もちろんウィル・フェレル主演映画なので、特に冒頭なんかフェレルのヌードで股間をバスケボールで隠すなんておふざけもやっているんですが、思ったより真面目に作ったなという印象でした。
チームメイトと団結していく模様など、まぁいわゆるスポ根映画でもよくある描写。
クライマックスの試合途中でチームを移るメンバーがいるなどのありえない演出もありましたが、まぁそれを差し引いても及第点な作りではあります。

パスされたボールをそのまま空中で受け取ってダンクする“アリウープ”が着目されたり、ABAのスター選手リック・バリーを想起させる下手投げフリースローをフェレルがやったりなど、細かいオマージュが散りばめられていたりという楽しみはバスケ好きとしては満足できた点。

ちなみに、フリースローラインからダンクを決めたジュリアス・アーヴィングというスター選手はもとはABA出身だったんですよね。
フリースローラインからのレーンアップダンクはその後マイケル・ジョーダンの代名詞にもなりましたね。
ほか、NBAでも後に活躍するモーゼス・マローンやジョージ・ガービン、前述したリック・バリーやデビッド・トンプソン、ラリー・ブラウンなどの殿堂入りおよび殿堂入り級のスター選手が所属していたのが実はABAなんですね。

ABAは本作でも描かれる通り解散するわけですが、そこからNBAに加盟したのがインディアナ・ペイサーズ、サンアントニオ・スパーズ、デンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ネッツの4チーム。
スパーズは今やプレイオフ常連の常勝チームということを考えると、ABAの存在は大きいなと。3ポイントシュートが初めて導入されたのも実はABAなんですね。

〈キャスト〉
ジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)
エド・モニックス(ウディ・ハレルソン)
クラレンス・ウィザーズ(アンドレ・3000)
リン(モーラ・ティアニー)
ルー・レッドウッド(ウィル・アーネット)
ABAコミッショナー、アラン(デヴィッド・ケックナー)
ジャッキーの母(パティ・ラベル)
デュークス(ジャッキー・アール・ヘイリー)
ヴァキディス(ピーター・コーネル)
レストランの客(ジョージ・ガービン)

※2022年自宅鑑賞176本目
無

無の感想・評価

4.0
基本バカバカしくて笑えるコメディは大好きなので笑いながら見れた。
ウィル・フェレルやウディ・ハレルソンが出てるコメディはやっぱり良いね〜

バスケルール知っていればもっと楽しめたのかな…?w
チームのメンバー達もキャラ濃いし、おもしろかったです。
いたる

いたるの感想・評価

3.7
優勝チームのメンバーだが、基本ベンチだったので
バカにされるウディ・ハレルソン
>|

あなたにおすすめの記事